待ちに待った夏、まだ真夏ではないので大丈夫と安心していても紫外線は強くなっています。

紫外線はⅠ年中地球に降り注いでいます。春や秋も油断していると夏のように日焼けすることがあります。また最近では上空のオゾン層が傷つき有害な紫外線もよりたくさん地球に届いています。

 

ついうっかり日焼け防止対策を忘れていて焼きすぎたとき,ヒリヒリして痛くなります。

日焼けをして痛いときはどのような対処をしたらよいでしょうか。

スポンサードリンク

海で日焼けをして痛いのはなぜ?

過度の日焼けはやけどと同じです。紫外線はより皮膚の深い部分まで届くのでもっと深刻です。

紫外線には波長の違いからUVAというものとUVBというものがあります。

 

UVAは波長が長く地表に降り注ぐ9割を占めています。肌はゆっくり黒くなり、シミやたるみを引き起こします。

UVBは波長が短いため真皮には届きませんが表皮に様々なダメージを起こさせます。痛みを伴って赤くなるサンバーンやメラニン色素が沈着して肌が黒くなるサンタン、シミ、そばかすの原因にもなります。

 

UVBを浴びすぎて肌が真っ赤になったときはやけどのⅠ度と同程度の肌状態です。肌は水分が奪われて乾燥して炎症を起こして痛くなりのです。

 

もっとひどく紫外線を浴びたときには水ぶくれができるときもあります。この症状はやけどのⅡ度と同じ状態になっています。水ぶくれは日焼け後12時間から24時間ほどでできることが多いため朝になってできていることもあります。

 

太陽から直接降り注いでいる紫外線ですが、海では砂浜の照り返しも多いため、また塩分が肌にダメージを与えやすいためプールや屋外よりも焼けやすいといわれます。

 

スポンサードリンク

日焼けが痛いのを早く治す方法は?

日焼けは肌から急激に水分を奪われて起こります。またやけどと同じなので、まずしっかり冷やすことが大事です。

 

まず冷やして炎症を抑えることが大事です。水を使って冷やすのがいいですが、強めのシャワーなどは刺激が大きいので濡れタオルを患部に当てるなどがよいでしょう。保冷剤を使うときもタオルに包むなどなるべく肌にストレスにならないよう気をつけましょう。

 

しっかり冷えたら保湿や水分補給をします。使う化粧水は低刺激なものがよいです。たっぷり使いましょう。その後はワセリンで保湿するのがよいです。ワセリンは皮膚からの水分蒸発を防ぐ効果があります。但し純度の高いものを使ってください。

 

美白化粧水はいろいろな成分が入っているため痛みがおさまってから使うのがおすすめです。

水ぶくれができてしまったら決してつぶさないようにしましょう。ひどい日焼けの場合は皮膚科を受診することをおすすめします。

スポンサードリンク

日焼けが痛いのは何日くらい続く?

 

日焼けの痛みのピークは6時間から24時間です。間違った対処法を行わず自然に痛みが治まるまでは早い人で2,3日程度、症状がひどい人で1週間程度です。

 

赤みが引いてヒリヒリが治まっても肌は弱っているためしっかりと保護してください。

しっかり冷やすことと保湿を十分にすることです。

若いからすぐ元に戻ると思っていても、最近は有害な紫外線も多く届いているため、シミやしわだけではなく皮膚がんも心配です。

 

日焼けの症状が治まらないうちに新たに日焼けすることも避けたいです。治るのが長引きます。

かゆみがあっても決して掻かず水ぶくれもつぶさないで自然にひいていくのを待ってください。皮も剥けてきますが、無理に剥くと直りも遅くなりますし、後に残っては大変です。

 

痛みが治まったら美白化粧水などを使いしっかり肌をいたわってください。

まとめ

楽しい夏のレジャーを楽しんだ後に日焼けで痛いのは残念です。まずは日焼けしないようにいろいろな対策をしてください。

日焼け止めは2,3時間おきに塗りなおさないと効果はなくなります。海やプールなどにはウォータープルーフのものを使うといいです。

 

最近は飲む日焼け止めも出ています。上手に使いたいですね。

また日焼けをしてしまった場合は、まずしっかり冷やして肌の熱をとる、冷えたら水分補給と保湿をすることが大事です。

日焼けして慌てるより、日焼け予防をしっかりすることをおすすめします。もし日焼けして痛い場合は早く適切な処置をしましょう。

スポンサードリンク