0d1b2d90d815434d2db2298b37c552c5_s

 

冬場は湿度が低く、肌が乾燥しやすい時期ですよね。

あかぎれや唇が切れてしまったことがある方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな唇が乾燥してしまった時の対処法をご紹介していきます!

 

スポンサードリンク

唇の乾燥の治し方はどうしたら?

唇が乾燥すると、皮が少しめくれてきて、無理にとったりすると血が出てしまうこともありますよね。

そのあとかさぶたのようなものが出来て、きれいな唇が茶色っぽいまだらになってしまうことも。

 

そんなときはリップクリームに頼る方は多いのではないでしょうか。

もちろんリップクリームも活躍しますが、はちみつも唇の乾燥を治すのに大きな効果をもたらしてくれます。

 

ハチミツとワセリンを1:1の割合で混ぜたものをリップクリーム代わりに使うことが出来ます。

そこで出てくるキーアイテムはサランラップです。ラップを使って、唇をパックしちゃいましょう。

 

鼻の穴をふさがないように気をつけて、口のあたりに切り込みを入れておけば、息苦しくなることもありません。

 

スポンサードリンク

唇の乾燥している時になめるのはあり?

なめると一時的には改善したように感じますが、実は逆効果で、かえって唇の乾燥を悪化させてしまいます。

唇の乾燥を防ぐためには、唇に元々ある油分が大活躍してくれます。

 

要するに、油分が足りなくなったときに唇が乾燥してしまうということです。

唇をなめてしまうと、元々少なくなった唇の油分をさらに奪ってしまうことになります。

 

なので、唇が乾燥したなと感じたら、唇をなめてしまう前にリップクリームを利用できるといいですね。

唇をなめてしまう癖がついてしまっている人は、よく使う上着のポケットに常備するなど、

すぐにリップクリームが使えるような状況にしておけば、癖を治しやすいと思います。

 

スポンサードリンク

唇の乾燥にリップは効く?

乾燥しやすい季節にはリップクリームが必須アイテムだと思っている方は多いと思います。

実は、すでに唇が乾燥していてカサカサになっている状態だと、

化粧品として用いられるリップクリームでは治すことが出来ません。

 

表示を確認して医薬品となっているリップクリームを利用するといいです。

また、日中は紫外線への対策も必要です。UVカットが出来るリップクリームを選んで使いましょう。

オススメは、お風呂に入る前にリップを塗っておくことです。

 

お風呂の湿気のおかげでさらに唇の乾燥が改善されやすくなります。

唇は縦にしわが入っているので、ぬるときは縦方向に塗っていくことが重要なポイントです。

リップクリームは温めておくと、柔らかくなってぬりやすくなりますよ。ぜひお試しください!

 

まとめ

お肌が乾燥する季節には、唇ももちろん乾燥してしまうものです。

お肌の手入れをするのと同じように唇へのケアを欠かさないことで唇の乾燥は防ぐことが出来ます。

 

唇の場合はクリームを塗っても飲み物を飲んだり食べ物を食べたりするうちにすぐにクリームが取れてしまいます。

なので、ぬらなきゃ、ぬったほうが良いかな、と思った時にすぐに取り出して使えるところに常備しておきましょう。

 

唇をなめてしまうくせも乾燥して唇がカサカサになることがなければ自然に治っていくはずです。

お肌と同様に、つやつやの唇で乾燥した空気に負けずに過ごせるといいですね!

スポンサードリンク