3b69326854599a2cd487a9c643debd13_s

 

風邪でも食欲はある、食欲はないけれど好きなものは食べられそう。ということはありませんか?

食欲があるとはいえ普通に食べるのはどうかと悩むこともあると思います。

 

何が食べて良くて、何が食べてはいけないのだろうという悩みにお答えすべく、

今回は特に肉や魚、揚げ物について取り上げて紹介していきます!

スポンサードリンク

風邪の時の食事でお肉は大丈夫?

風邪のときにお肉って食べてもいいのと不安になるけど食べたい!

と思ったことはあるのではないでしょうか。

 

脂身が多いものは体を疲れさせてしまう原因にもなるのでおすすめできませんが、

実は、お肉には栄養がしっかり詰まっているので、

元々脂身の少ない部位を選んだり、茹でたりすれば食べて問題ありません。

 

お肉にはアミノ酸やビタミン、鉄分などが含まれていて、身体の調子を整えるにはもってこいの食材です。

特に豚肉に多く含まれるビタミンB1には疲労回復の効果があります。

 

豚汁にして食べると身体も温まるし、一緒に野菜も摂れて一石二鳥です。

茹でて、温野菜サラダにするのもオススメです。そのときのドレッシングはノンオイルのものにしましょう。

 

スポンサードリンク

風邪の時の食事で揚げ物はOK?

風邪のときに脂っこいものは避けたほうが良いと聞いたことがある方もいらっしゃると思います。

 

実際に油ものは胃に負担をかけてしまうので、胃腸風邪の場合やすでに体力がかなり消耗しているときにはお勧めできません。

どうしても食べたい場合は、揚げない唐揚げなど、揚げてないけれど、揚げ物に似ている料理を作るといいかもしれません。

 

天ぷらやコロッケだけでなく、ドーナツをはじめとしたお菓子類にも揚げ物が思いの外あるので注意しておきましょう。

しかし、食欲もあっておなかの調子もよく、ちょっと風邪ひいちゃったかな?くらいなら、食べて問題ないようです。

 

好きなものを食べると元気にこともあるのでいいと思いますが、食べすぎには注意しましょう。

 

スポンサードリンク

風邪の時の食事で魚は大丈夫?

脂身なんてほとんどないものが多いし、魚なら食べてもいい?

でも、刺身は生ものだからどうなんだろう?とお悩みの方もきっといらっしゃいますよね。

 

実は刺身は栄養もあり、消化もいい食材です。

しかし、風邪の時には注意も必要です。

こちらの記事で紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

風邪での刺身やお寿司は実はいい?消化への影響や治りかけに大丈夫?

 

肉と比較するとカレイやヒラメなどの白身魚は特に脂身が少なく、ほとんど胃に負担がかかりません。

また、カレイにはタンパク質、ヒラメにはミネラルやビタミンが含まれているので、疲れた体を癒してくれます。

 

もちろん、刺身に限らず煮魚などは、生姜と煮れば身体をあっためることが出来る優れものですし、魚が好きならなおさらオススメです。

まとめ

肉や魚、油ものは普段から好んで食べている人だと、風邪のときもふと食べたくなってしまうものですよね。

私自身も鶏肉と刺身は好きで、日ごろよく食べていますが、風邪のときは食べていいのか分からず避けていたこともありました。

 

なので、思っていたことと違っていた!という方もいらっしゃるかもしれませんね。

もちろん、どの食材、料理も食べすぎは禁物ですが、

肉や魚には栄養がそれぞれにたっぷり詰まっているので、ほどほどに食べるならむしろオススメな食材です。

 

身体が弱っているときこそ、食べることは大切になってきます。

自分の体調を考えつつ、好きなものをほどよく食事に取り入れて早く元気になりましょう!

スポンサードリンク