風邪は寒いときに引くものというイメージがありますが、夏風邪を引いて

しまってなかなか回復しないという人も多いようです。

夏風邪はあなどっていると怖いですよ。そもそも夏風邪とはどういったものなのか、

原因や症状、夏風邪が長引く原因などから、早く治す方法を調べてみました。

スポンサードリンク

夏風邪を早く治す方法をご紹介!

夏風邪をできるだけ早く治すためには、まず夏風邪の特徴や原因を解明する必要がありますね。

 

夏風邪もウイルス感染によって引き起こされます。

夏風邪のウイルスはなんと200種類以上もあるといわれているんですよ。

流行る時期は5月から8月で、湿気と暑さが好きで夏に活発に活動する

ウイルス感染によって夏風邪になります。

 

夏風邪の原因はウイルスですが、冬にひく風邪と同じでこのウイルスが

体内に入っても発症する人としない人がいるということは夏風邪にも

他に原因があるということがわかりますよね。

 

その他の原因といえば寝不足や栄養不足、疲れなどで抵抗力が落ちている

ということが一番に考えられますが、もうひとつが体の冷えです。

 

夏なのに冷え!?と思われるかもしれませんが、夏の冷えはけっこうあるんですよ。

夏は汗をかきますよね。

汗をかいた状態で急に体を冷やすと下痢や神経痛の症状が出ることもあるので

気をつけなければいけないです。

 

汗をかいたままの状態でクーラーで冷え過ぎた部屋にいたり、暑いからといって

クーラーを効かせすぎて寝てしまうことはないでしょうか?

また、クーラーでなくても扇風機の風を直接体に当たった状態で寝てしまうと

思いのほか体は冷えた状態になってしまいます。

 

直接体に風が当たり続けないような工夫やクーラーの設定温度を下げ過ぎない

など工夫をしましょう。

 

こうして、ウイルス感染プラス、体が疲れていたり、冷えてしまうことで

夏風邪をひいてしまうことになります。

 

なってしまった夏風邪は、できるだけ早く退散していただきましょう。

早めにお医者さんに行くといいですが、実は風を治す薬はなく症状を緩和

させるだけなので、あとは自己回復力をどれだけUPさせるかです!

 

夏風邪治すために必要なことは、睡眠、栄養、水分補給です。

睡眠不足は健康の大敵です。それでなくても日中の暑さで体は参っています。

睡眠と栄養補給が欠かせません。

 

ビタミンCを多く含む食べ物、そして体力を維持させるためにも良質の

たんぱく質を鶏肉などから摂りましょう。

 

夏場はそれでなくても汗で水分が体の外へ出て行ってしまいます。

夏風邪のときには特に体力が落ちているので隠れ脱水症状になりやすく

なります。水分補給に気をつけましょうね。

 

水だけだと塩分やミネラルが補給できないので、スポーツドリンクを少し薄めて

飲むといいですよ。

スポンサードリンク

夏風邪の症状は他と違う?

 

夏風邪とほかの季節にひく風邪とは症状に違が異なるのかという疑問がわきますよね。

 

夏風邪と冬風邪の症状の違いには異なる点があります。

夏風邪は下痢や嘔吐などお腹をこわすという症状が出やすく、口の中や手足に

水泡ができる症状のもの、結膜炎など目に異常が出るものがあるのが特徴です。

 

また、夏のうだるような暑さ、クーラーの効いた室内との外の温度差によって

自律神経に変調をきたし微熱が続く場合もあります。

次に主な夏風邪の種類と症状をご紹介します。

 

プール熱はアデノウイルスが原因で起こります。

プールでうつってくることが多かったのでプール熱と名付けられたそうです。

 

またアデノというのは喉を意味しています。

発熱と結膜炎、そして喉の発赤の3つが必ず症状としてあり、高熱は3日~4日続きます。

 

コクサッキーウイルスやエコーウイルスによるヘルパンギーナという夏風邪があります。

これは発熱と喉に水泡ができ発赤するのが特徴です。

3日から4日で治ることが多いのですが痙攣を起こすこともあるので注意が必要です。

 

よく聞く手足口病というのは、コクサッキーウイルスやエンテロウイルスに感染する

ことによって起こる夏風邪です。熱が出ても高熱にならないことが多いようです。

そして大きな特徴は文字通り手や足の裏、そして口の中に水泡ができるということ

で、わりとすぐに判別しやすい夏風邪です。

 

水泡が治ったとしても一ヶ月くらいは便からウイルスが出続けるので、周囲の人は

手洗いの徹底、トイレ掃除を入念に行うなどの注意が必要です。

 

スポンサードリンク

夏風邪は長引くって本当?

夏風邪は長引くという話をよく聞きますよね?

それって迷信でしょうか?それとも本当なのでしょうか?

 

夏風邪が長引くといわれているのは夏風邪の初期症状を夏バテだと思い対処が遅れ、

気がついたときには悪化してしまうということが理由に上げられます。

 

ですから、夏風邪の症状自体が長引くというわけではないので迷信です。

でも結果として治るまで長引かせてしまうことが多くなるのも事実なのです。

 

たとえ風邪だとわかってお医者さんへ行き薬を処方してもらっても

暑さで体力の回復がなかなかできず、食欲もわかないということで

ぐずぐずと長く不調が続くことが考えられます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?夏風邪って思いもよらずけっこう厄介なものだと

思われたのではないでしょうか?

 

近年の夏の暑さはちょっと異常ともいえるほどですよね。

暑さで食欲も体力も落ちてしまい免疫力も低下しやすくなっていることで感染してしまいます。

夏風邪を早く治す方法は日頃からの健康管理から始まっているといえますね。

 

スポンサードリンク