ハロウィンやクリスマスなど、イベントや街で見るイルミネーションは

雰囲気を盛り上げてくれてくれますよね。

 

そして、できることなら、イルミネーションを自宅のベランダなどで、

やってみたいと思っている人が増えているようです。

 

イルミネーションの種類もたくさんあり、インターネットなどで

手軽に購入できるのも、自宅イルミネーションの人気の理由ですね。

 

とはいえ、はじめての方は、電源をどうしたらいいのかなど

わからないことも多いと思います。

 

そこで今回は自宅でのイルミネーションの電源やソーラー電池などに

ついてお話ししたいと思います。

スポンサードリンク

イルミネーション 自宅でするなら電源はどうしたら?

 

自宅でイルミネーションをしようと思った場合、まず考えなくては

いけないのは電源をどうしようかということですね。

 

電源の種類には、太陽光で発電できるソーラータイプと、コンセントから

電気を引っ張ってくる電源タイプがあります。

 

ソーラータイプは電気代がかからないのですが、手放しでは喜べない事情もあります。

詳しくは3章でお話ししますが、なにしろ、雨の日は発電、

充電できないのです。

お天気の悪い日が続くと、光ってくれないのが寂しいですね。

 

そしてもともとが電源タイプの光の方が安定していて、光が鮮やかな

傾向があります。

 

また、イルミネーションの電球の種類は、LEDタイプと

電球タイプがあります。

 

LEDタイプは電球タイプの4分の1程度の電気代で済みますし、

二酸化炭素を排出しないので地球にも優しいということは

もう、知らない人はいないと思います。

 

ただ、やはりその分、LEDタイプの方がお値段は高くなりまね。

初期投資をがんばって、月々お得にする気持ちがあるなら

LEDタイプですね。

電球の持ちもLEDのほうが、電球よりだんぜんいいです。

 

自宅イルミネーションはソーラーにするか、電源にするか、

そして、LEDにするか電球にするかの2点を考えなくてはいけませんよ。

 

スポンサードリンク

イルミネーションをベランダでするなら電源は?

 

そして次に、イルミネーションを自宅でする場合は、どこから電源を

引くかを考えなくてはいけませんね。

 

室内のイルミネーションであれば、漏電の危険性を考えて

タコ足配線はしないようにして、部屋のコンセントの適当な

ところを使用すれば問題ないですね。

 

ところが、自宅のベランダなどで行う場合は、ベランダに電源があるか

どうかを確認してください。

 

ベランダに電源があったとしても雨対策を考えなければいけません。

コンセントは防水タイプのものを購入してくださいね。

屋外用のものなら、防水対策がなされているはずです。

 

防水対策がなされていないものは、雨に濡れると壊れてしまうだけでなく、

漏電の危険があるので、ベランダでは使用できませんよ。

ぜひ気をつけてください。

 

もし屋外用のコンセントを使用しない場合は、延長コードなどを使って、

屋内の電源を使用するのですが、その際はいささか問題があります。

 

窓やドアを少し開けて、コードを通すことになるのですが、

イルミネーションを飾る時期は秋から冬にかけてですよね。

ということは、隙間風が入ってきます。

 

それだけでなく、虫や砂埃も入ってきやすくなりますし、防犯上も

よくありませんね。

 

その悩みを解消するためには、エアコンのダクトの隙間を利用する

というのがおすすめですが、コードを通す時には、壁などを破損させないように

注意がひつようです。

 

スポンサードリンク

イルミネーション 自宅用はソーラー電池はある?

 

自宅用のイルミネーションでもソーラー電池でできますよ。

ただし、1章でもお話ししたように、お天気次第で光が左右されるので

不安定です。

 

それでなくても、秋から冬は日照時間も短いので、イルミネーションが

1時間から3時間で消えてしまうこともあります。

 

自宅イルミネーションは、ご近所の方や、帰宅途中の道行く人の

心と目を癒してくれるのですが、それでも夜遅くまでチカチカ

させるのはマナー違反です。

 

10時くらいには消灯させたいものですね。

となると5時半から点灯させたとしたら8時半くらいまでは

持つということですね。

もちろんお天気がとてもよければもう少し持ちますが。

 

そこでおすすめなのは、ソーラー電池と電源の併用です。

メインに魅せたい場所、ぜったい消えて欲しくない電球は

電源にしておいて、その周辺はソーラー電池にするのです。

 

そうすると、電気代も節約しながら、電球の不安定さへの心配も

少なくなりますよ。

 

まとめ

ハロウィンやクリスマスの雰囲気を自宅でも存分に味わうことができて

見る人の心も和ませてくれるイルミネーションを楽しんでみませんか?

防水対策と電源をどこから引くかということをまず決めて、

あとはソーラーにするか電源にするか、そしてLEDにするか

電球にするかの選択をしましょう。

 

 

スポンサードリンク