0cd1093a851c8180ddf642c04fc7b2c5_s

 

母の日にプレゼントをあげたいけれど、何だと喜んでくれるの?

花束?それとも何か手作りのもの?などなど、オススメを紹介していきます!

 

母の日のプレゼント 中学生が贈るなら何?

母の日のプレゼントを贈りたいけれど、自分のお小遣いで買えるものって何があるんだろう?そんなふうに考えている人は多いと思います。

母の日といえば赤のカーネーションを思い浮かべるのではないでしょうか。

一本だけでもお店できれいに可愛くラッピングしてくれますよ。

 

プレゼントの予算によりますが、小さなブーケなら500円ほどのものもあります。

1000円になると、プリザードフラワー(枯れないように手を加えた花)を箱やコップなどの容器に敷き詰めたものも選択肢に入れることが出来ます。

 

花束以外にも、お母さんの好みに合わせてプレゼントを選ぶのもオススメです!

例えばスイーツ好きならスイーツをプレゼントにするといいですね。

母の日が近づいてくると、近くのスーパーにも母の日のプレゼント用のスイーツが展示されるようになるので、特別感のあるスイーツも手軽に手に入れることができますよ。

 

スイーツにカーネーション1本添えると、さらに母の日のプレゼントって感じが出ていいかもしれませんね。

さらに手紙を添えるのもオススメです。

日ごろの感謝を口に出して言うのは難しいかもしれませんが、手紙なら伝えやすくなると思います。

 

母の日のプレゼント 中学生が手作りするなら?

市販のものを買ってもいいけど、手作りで特別感を出してみたい!と思う人もいると思います。

わたし自身も昔は母の日に料理を作ったり、ビーズのストラップを作ったりしてプレゼントしたことがありました。

 

過去に手作りのものをプレゼントしたことがあると今回も手作りにしようと考えやすいですが、

初めての手作りとなると、失敗したらどうしよう、どんなものなら手作りしやすいのかな。など、悩むことが多いと思います。

 

料理を作ってみたい!という場合には、カレーやシチューをオススメします。

カレーやシチューのルーを買うと、その箱に作り方が書いてあるので、よく見て落ち着いて作っていけば、失敗も少ないです。

 

ビーズのストラップだと材料は100均で用意できるし、小さいものなら簡単に作ることが出来ます。

お小遣いが足りない!なんて時には、お父さんに相談してみるといいかもしれませんね。

「○○を作りたいけど、お小遣いが足りないから……」と、目的がはっきりしていれば臨時のお小遣いがもらえるかもしれません。

 

兄弟、姉妹がいる場合には、協力するのも一つの手です。

一人で考えているより色々なアイデアが出るので、より良いプレゼントを思いつけるかもしれません。

また、料理は慣れていないと一人では難しいこともあるので、兄弟やお父さんの協力が得られると作りやすくなりますよ。

 

まとめ

母の日のプレゼントは毎年のことながら、毎年悩んでしまうもの。

去年と同じじゃ面白みがないし、ありきたりのものだとつまらなそう……と思う人も多いかもしれませんね。

大事なのはプレゼント=気持ちだということです。

 

特に、母の日はお母さんに日ごろの感謝を伝えるためのプレゼントになります。

普段は照れくさくて言えないけれど、プレゼントにのせてなら、「ありがとう」と言いやすいのではないでしょうか。

もしわたしが子どもからプレゼントをもらったとしたら、何でも嬉しいです。

少しぐらい失敗しても大丈夫です!感謝の気持ちが込められていれば、きっと素敵な母の日になりますよ。

スポンサードリンク