0cd1093a851c8180ddf642c04fc7b2c5_s

母の日にカーネーションをプレゼントしたいなと思っている方へ。

花束にしようか、鉢植えにしようか、そしてお母さんと離れて住んでいる方なら

宅配で送らないといけないかしら、などいろいろ考えてしまいますね。

 

スポンサードリンク

母の日 花束か鉢植えかどっちが喜ばれる?

花束と鉢植えどちらが喜ばれるかは、お母さんのお好み、性格で違ってきます。

花束のメリットとしては色とりどりの花を美しくゴージャスにアレンジしてもらえるということと、贈られたお母さんが、活けている間のお手入れも比較的簡単で楽だということ、そして一番は、花が枯れてしまったあとは花を育てなくてすむ、捨ててしまえるということです。

 

裏を返せばそれがデメリットともなります。活ける花瓶が必要で花のモチが悪く、枯れてしまうと捨てなければいけません。花のモチも鉢植えよりずっと悪いです。

 

鉢植えの場合は花束のように色々な花をアレンジすることはできませんが、モチが良く長く楽しめます。

でも、ガーデニングやお花に対してさほど興味がないお母さんだと鉢植えをお手入れして育てていかなくてはいけないという思いが生まれ、負担を感じるかもしれません。

めんどくさがり、ガーデニングに興味なしのお母さんであれば花束のほうが喜ばれるかもしれません。

 

あるお母さんはガーデニングにとても興味があるのだけれど、毎年もらう鉢植えで鉢ばかりがたまってしまうといっていました。

今年初めて花を贈る場合や、毎年鉢植えをプレゼントしているわけではないのであれば、ガーデニング好きのお母さんなら鉢植えは喜ばれると思います。

 

事前にお母さんに聞いてみてもいいかもしれませんが、ただそれだとサプライズプレゼントにはなりませんね。

 

第3のアイデアとしてフラワーアレンジメントというものもあります。これだと花瓶の心配がなく、水やりだけで花の水を取り換えるという手間がなくなります。

スポンサードリンク

母の日の花束や鉢植えを宅配でも大丈夫?

お母さんと離れて住んでいる方が母の日に花束や鉢植えを贈る場合、宅配でも大丈夫なのか、枯れずに届けられるのか、また本当にこちらが指定した花を届けてもらえるのかなど心配になりますね。

 

もちろん近くの花屋さんへ行って注文をし、宅配でお届けしてもらうこともできますが、お勧めは花キューピットです。

 

花キュピットとは、たとえば東京のAさんが、福岡の博多に住むお母さんへ花を贈りたい場合、自分が住んでいる東京の最寄りの花キューピット加盟店のマークのある花屋さんへ行き花キューピットで花を注文、お支払いします。

 

すると、お届け先である博多の最寄りの花屋さんへ連絡が行き、そこで花束を作りお母さんのところへお届けしてくれるというシステムです。30文字程度までならメッセージカードも付けてくれます。

 

なぜ花キューピットをお勧めするかというと、母の日前になると花の宅配がとても多くなります。運送会社さんは通常花を配送することがあまり多くなく花の扱いに不慣れの可能性があります。

花は、最低でも1日、母の日前であれば数日が配送中になってしまいます。花キューピットであればお届け先の最寄りの花屋さんでのアレンジになるので、配送時のトラブルや、花へのダメージが回避できます。ただし、手数料が540円かかります。花キューピットのサイトからインターネット注文もできますからとても便利です。

 

用途別にさまざまなお花をチョイスできる花キューピットですが、選ぶ花の種類やアレンジをどうしても自分の好みどおりにしたいのであれば、花屋さんでの注文になります。その場合は、花を購入して自分で梱包して、宅配業者を使って送るようなことはせず、宅配業者との業務提携している花屋さんかどうか確認したうえで購入し、花屋さんから送ってもらいましょう。

 

花屋さんと提携している宅配業者であれば集配者も何かと慣れていることが考えられます。ただ、花束、鉢植え、どちらにしても、母の日前には花の贈りものがとても多くなります。少しでも状態の良いきれいな花を贈りたい場合は、信頼のおける花屋さんで早めの予約が肝心です。

 

2週間くらいまえ、せめて1週間前の予約がよいです。先に予約をしている人から状態のよい花を届けてもらえる可能性が高くなります。

 

インターネット上ではいろいろな花屋さんのサイトがオープンしています。感じのよいお店を探してみるのもいいかもしれませんね。ただ、指定した日に届かないなどのクレームも多数あるようですので、評判をよく調べてから購入したほうがよいようです。

 

スポンサードリンク

まとめ

お母さんの笑顔を想像しながら、心をこめて選んだ花をきっとお母さんもよろこんでくれることでしょう。

スポンサードリンク