あのバレンタインデーを超えたともいわれるハロウィンイベントです。

今年はどこでどんなイベントに参加しようかと、ワクワクしている方へ、

今回は北海道でのハロウィンイベントの数々をご紹介します。

 

ハロウィンのモチーフであるかぼちゃの産地とあって

北海道は街あげてのイベントがいろいろ開催されています。

 

でも今回はかぼちゃ以上の特産物であるじゃがいもをモチーフにした

初のハロウィンイベントやニセコハロウィンの情報、仮装できるスポットなど

家族と、友達と、そして恋人同士で旅とハロウィンのコラボなど

北海道での楽しいハロウィンイベントに参加してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

北海道のハロウィンイベント これがおすすめ!

まずは2017年初のハロウィンイベントをご紹介します。

北海道の代表的な特産物である「じゃがいも」をテーマとしたハロウィンイベントが

10月1日から31日までの1ヶ月間 「星野リゾート トマム」で初開催です!

宿泊者も日帰りでも楽しめます。

 

日高山脈を越えて流れて来る壮大な雲海を堪能できる雲海テラスがハロウィン

期間中も10月1日から15日まで設置されますよ!

ハロウィンも雲海も、贅沢に楽しめる絶好の期間です。

 

じゃがいもはかぼちゃ以上の北海道の顔といえますね。

お祭り本来のじゃがいもの収穫を祝うという意味が込められたイベントになります。

 

「じゃがいも・ハロウィン・フェスト」「じゃがいもハロウィンルーム」「じゃがいも収穫体験ツアー」の3つのハロウィンイベントが開催されます。

 

じゃがいも・ハロウィン・フェスト

断面がきれいな紫色をしたトマムオリジナルポテトチップス「トマ・ポテ」食べ放題、

ジャック・オ・ランタンという焼印が押された「じゃがバター・ジャック・オ・ランタン」

の販売などじゃがいもの収穫祭となります。

 

芝生の上に、直径3メートルもの巨大なじゃがいもを設置したフォトスポットで

想い出の写真を撮りましょう!

 

ハロウィン時期にはもう寒くなっている北海道ならでは、じゃがいもを食べながら

焚き火を囲んでアコーディオンの生演奏が楽しめますよ。

 

じゃがいもを収穫するイメージとしては「オーバーオールを着て広大な畑で作業」

という光景が思い浮かびますよね。

 

そこでじゃがいも・ハロウィン・フェストではこのオーバーオールの無料貸出サービス

を行います。

五感のすべてを使って、じゃがいもずくしのハロウィンイベントを楽しめますよ。

 

15時~19時、生演奏は18時30分~19時

参加費は無料。ただしじゃがバター・ジャック・オ・ランタンのみ税込で500円。

 

じゃがいもハロウィンルーム

宿泊するならじゃがいもハロウィンルームが楽しいですよ。

クッションも壁のステッカーもじゃがいも、天井から吊るされている装飾も

じゃがいものレプリカという、じゃがいもオンリーの客室は、子どもも大人も

ハロウィン気分を盛り上げてくれます。

 

じゃがいも収穫体験ツアー

帯広の周辺農場でじゃがいも掘りを体験できます。もちろん収穫したじゃがいもは

揚げて、その場で食べることができますよ。

サポーターがちゃんとリードしてくれるので畑など行ったことがない、料理なんてしたことがないという人も心配ご無用です!

 

10時~11時30分と14時~15時30分。

参加費は1人税込2,500円。

最少催行人数は1人からOK、8人までのツアーになります。

宿泊者も日帰り利用者も参加できます。

9月1日からHPで予約開始になりますので早めに申し込みましょう。

 

〒079-2204 北海道有払群占冠村字中トマム

客室数はザ・タワーが535室、リゾナーレトマムが200室ありますが、

6月25日から予約が始まっています。ぜひ早めにゲットしましょう。

http://www.snowtomamu.jp/summer/

 

スポンサードリンク

北海道で仮装ができるハロウィンイベント!

アリオ札幌

ハロウィンといえば仮装ですよね。

いつもの自分の殻を脱ぎ捨てて非日常を楽しめるチャンスです。

 

北海道の中心地札幌のアリオ札幌では2016年10月30日16時から

1階ハーベストコートで仮装パレード「ハッピーハロウィンパレード」が

開催されました。

 

子ども服やベビーグッズが充実した施設のアリオ札幌ならでは、

たくさんの仮装した子どもたちがパレードに参加していましたね。

http://www.ario-sapporo.jp/web/

白い恋人パーク

北海道のお土産といえば「白い恋人」ですよね!

ハロウィン期間中なんと、仮装して入館すると工場見学が無料になるんですよ。

2016年度10月中の土日を主にして5日が仮装来場者無料日に設定されて

いました。2017年度の予定もぜひ早めにゲットしましょう。

 

また、2016年10月23日(日)には小中学生対象の事前予約制の仮装コンテストが

開催されました。

入賞者にはプレゼント贈呈がありますので奮って参加してみましょう。

http://www.shiroikoibitopark.jp/

 

トリックオアトリートパレード

用意されているいコスチュームに着替えてストーリー仕立てのパレードに参加

することができます。もちろん持参のコスチュームを着ての参加もOKです。

隠れキャラクターの登場など子どもだけでなく大人も楽しめると評判ですよ。

 

ノース&サウスウイングホテルの館内で開催されます。

2015年度の参加費は大人1名2200円でした。

1日30名限定なので早めにルスツリゾートまで問い合わせしてくださいね。

http://rusutsu.co.jp/

 

スポンサードリンク

ニセコハロウィンはおすすめ?

北海道といえば「食」です。グルメに嬉しい北海道ニセコのローカルフードカーニバルや

コスチュームコンテストなど子どもも大人も楽しめるイベント満載のニセコハロウィンは

参加費も安くしかも豪華賞品が当たる抽選もあるということで

気軽に参加できてワクワク度も高いイベントと人気があります。

 

トリックオアトリートやフェイスペインティングも楽しみの1つです。

コスチュームコンテストとトリックオアトリート両方の参加費は

先着300名で1人500円になっていて当日受付です。

http://www.niseko-f.com/halloween

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

さすが北海道、ハロウィンも旅、自然、食などをベースとした癒し系イベント

が目白押しです。旅とハロウィンと同時に楽しむというのはいかがでしょうか?

 

スポンサードリンク