毎年10月になると街中がハロウィンの雰囲気に包まれます。昔はそれほど盛んではなかったハロウィンですが、ディズニーランドなどのイベントを中心に世間に広まってきました。

 

近年では仮装パレードを行ったり、渋谷に仮装をした若者がたくさん集まったりと最早国民的イベントになりました。

 

統計によると経済効果はバレンタインをも追い抜いてしまったそうです。

 

そんなハロウィンですが、実際何をしたら良いのかわからないという方もいるのではないでしょうか?

 

バレンタインはチョコをプレゼントするというはっきりとした目的がありますが、ハロウィンって何をするの?と聞かれても思い浮かぶのは仮装くらいですよね。

 

なので、ハロウィンといえば何?というあなたの疑問にお答えすべく、いろいろ調べてみました。

スポンサードリンク

ハロウィンといえば何が定番?

ハロウィンとは本来なんなのかというお話ですが、ざっくり説明するとヨーロッパ(アイルランド)の古代ケルト民族が行っていた収穫祭が起源となります。収穫を祝うだけでなく魔除けの意味もありました。

 

10月31日は当時のケルト民族にとっては大晦日で1年の締めくくりでした。

その日は日本のお盆のように死者が帰ってくる日でもありました。そして死者とともに悪霊も現れて子供たちを連れて行ってしまうと考えられていました。

 

なので自分たちが人間だと魔物に気づかれないようにお化けの仮装をしていたのです。

 

このようにしてハロウィンでは仮装をして収穫を祝うお祭りが行われていましたが、それが世界中に広まり世界各地でイベントとなっていきました。

 

海外では何をするかと言うと子供たちが仮装をして『トリック・オア・トリート』と言いながら家を周りお菓子をもらうのです。

 

日本ではそのような習慣ではなく完全にイベント化しました(笑)。完全にイベント化です。

 

ハロウィンに近所の子供がトリック・オア・トリートと言って回ってきますでしょうか?しませんよね!

 

何せ、海外のお盆ですから、日本のお盆とは全く時期も考え方も違いますので、日本人にはハロウィンはお盆ではなく、お祭りとして定着したんですね。

 

各地でパレードが行われたりテーマパークでイベントが開催されたりします。

 

町中ではハロウィングッズがたくさん販売されますし、レストランではハロウィンメニューが登場したりします。

 

なので日本では様々な楽しみ方ができます。その中でも定番はディズニーやUSJ、長島スパーワールドなどのテーマパークですね。

 

ディズニーでは通常禁止されている仮装での入場が解禁されます。ハロウィン限定のパレードやアトラクションも楽しめます。

 

それ以外の定番では家族や友だち、恋人同士で仮装をしながらパーティーを楽しむという人もたくさんいるようです。

 

町中でのパレードの参加をしたり夜景を見ながらハロウィンディナーを楽しんだりしてもいいでしょう。

スポンサードリンク

ハロウィンの食べ物といえば何が定番?

ハロウィンの定番料理というのはなんでしょうか?発祥の地であるアイルランドではジャック・オ・ランタンを作る際にくり抜いたかぼちゃを使ってかぼちゃのスープを作ります。

 

そしてもう一つの定番メニューはコルカノンという料理です。

出典:https://oceans-nadia.com/user/26/recipe/132805

これはマッシュポテトにケールまたはキャベツ、牛乳やクリームを加えて煮込んでバターと塩・コショウで味つけした料理です。

 

クックパッドに詳しい作り方が出ているので試しに作ってみてはいかがですか?

スポンサードリンク

ハロウィンのお菓子といえば何が定番?

本場のアイルランドではバームブラックという焼き菓子が作られます。

出典:farm6.static.flickr.com

 

これは簡単に言うとフルーツケーキです。ブラックとはアイルランド語で斑点があるという意味です。

ドライフルーツが斑点に見えるんですね。

 

このパームブラックはただ焼くだけではありません。焼く時にケーキの中に指輪やコインを入れて焼くのです。

ケーキを切り分けた時に指輪やコインが入っていたらラッキーです。

 

指輪は結婚が出来ることを意味し、コインはお金持ちになれるという意味を持ちます。

ちょっとした占いですね。

 

アメリカではりんご飴に似たキャンディーアップルというお菓子と、とうもろこしの形をしたキャンディーコーンというお菓子が定番です。

 

そして日本では…残念ながら定番と呼べるものはありません。歴史が浅いですから仕方ないですね。

でも最近ではクッキーやチョコレートやアメを配るのが定番になりつつあります。

 

やはり簡単に準備できるからでしょうね。

 

まとめ

ハロウィンの日はアイルランドの定番料理を作ってみてはいかがですか?

今までと一味違ったハロウィンを楽しむことができるかもしれません。

 

お子様がいる方は近所の家を『トリック・オア・トリート』と言いながら訪問させるのも面白いかもしれませんね。

スポンサードリンク