be1a05e775d5d673a657be7de39a7cf8_s

大学生になって初めて一人暮らしをすることになった!

自由にできることは増えたけれど、気になるのはお金のこと。

食費ってどれくらいかかる?節約できる?などなど、

食事についてアドバイスを交えて紹介していきます!

 

スポンサードリンク

男の一人暮らし 食費はどれくらい?

結論から先に行ってしまいましょう。平均すると、月に大体23,000円ほどです。

ということは、単純に30で割ってしまうと、一日当たり大体760円くらいになります。

 

因みにこの平均は、飲み代などを除いた額なので、飲み会によく行く人であればもっとお金がかかっていることは言うまでもありません。

 

しかしながら、一日760円は外食をしてしまえば一食で吹っ飛ぶ額です。

なので、自炊をしているからこそ月23,000円に抑えられるという考えは間違っていないでしょう。

 

食費を削るためには自炊、自炊をすれば食費を削ることが出来るという自炊と食費には

切っても切り離せない関係があることをお分かりいただけたでしょうか。

 

もちろん、ただやみくもに食費を削るのは危険です。

何が危険かというと、食事の量を減らしてしまいがちだからです。

 

一旦減らしてしまうと段々と食べる量が減っていき、体力が落ちて病気になりやすくなります。

せっかく食費は抑えられても、体調を崩して病院に行ってお金が飛んでいってしまっては元も子もないですよね。

なので、食事の量は変えずに食にかけるお金と時間を節約できる技を紹介していきます!

 

スポンサードリンク

男の一人暮らしで食費を節約するには?

まず、やってはいけないのは安物買いの銭失いです。

私自身も、安さにひかれてまとめて買ったはいいものの、食べきれずに腐らせてしまったことがあり、

勿体ないことをしてしまったと反省して以降は、安いからといって調子に乗って買いすぎないことを心がけています。

 

そこで活躍するのが作り置きというテクニックです。

身につけるとお金の節約はもちろん、時短にもなりますよ。

一回まとめて作っておけば冷蔵庫で4~5日、冷凍保存であればもっと長い期間保存が効くものもできます。

 

これは、主婦もよくやっていることで、作り置きレシピの書籍はもちろんのこと、

PCやスマホで調べればたくさんレシピが出てくるのでぜひ探してみてください!

 

最近は野菜の値段が高騰しているとニュースにもなっていて敬遠する気持ちなることもありますが、

安い!と思った時に買っておいてからまとめて作って保存して何日かに分けて食べていけばお得ですよね。

 

どうしても、今月ピンチ!というときなら、モヤシでかさ増しするという手がオススメです。

モヤシって安いしお腹を膨らますくらいにしか役立たないのではと思っている人もいるかもしれませんね。

たかがモヤシと決して侮ってはいけません。

モヤシにはビタミンCや食物繊維などの栄養素がしっかり含まれています。

 

因みにキノコ類にもビタミン類や食物繊維は含まれていてなおかつ安く手に入るものが多いのでオススメです。

豆腐や納豆も良質なたんぱく質が含まれているのに、かなり安いです。

ハンバーグを作るときに豆腐も入れるとかさ増しが出来ます。

 

スポンサードリンク

まとめ

初めての一人暮らしだからこそ、自由にいろんなことをやってみたい!

でも、そのためにはお金を使うことが多いのではないでしょうか。

そんなときに食費の節約は必須ポイントとなってきます。

 

元気に楽しみながら、自分に合った食費の節約法を見つけられるといいですね。

スポンサードリンク