大学生の一人暮らしをしている人は親からの仕送りや奨学金、アルバイトが収入源かと思います。

本業の勉強に支障がないように上手に節約をしたいものですね。

一番努力が形になるのが食費の節約術です。外食やコンビニのお弁当が多く

月に3万円から4万円も食費に使うという学生さんもいます。

今回は一人暮らしの学生さんの食費が1万円くらいにまで抑える方法をご紹介しましょう。

 

食費を節約をするためには自炊することが近道です。

でも数日だけ自炊してみたところで、食材を余らせたり、献立づくりにチグハグになるだけで上手く節約できないものです。

これまで外食やコンビニ弁当生活を続けてきたのでしたら、

食生活のベースを自炊へと切り替える軌道修正をしっかりして、

それをベースに上手く外食やコンビニ食などを組み合わせていくことが節約につながります

スポンサードリンク

一人暮らしで食費を1ヶ月1万円以下に抑えるには?

一人暮らしの人の食費は外食も含めると4万円弱くらいになるそうです。多いですね。

そこから外食費を差し引いたとしたら、実質3万円くらいではないでしょうか?

 

それを1万円以下に抑えられるとしたら2万円も浮くことになります。

何かと物入りな一人暮らしですから、貯蓄に回せます。

勉強に必要な費用やデート代にも余裕が出るかもしれません。

食費を1万円までに抑えるため自炊する際にすることはいくつかあります。

 

安いお店で買う

業務スーパーというのをご存知ですか?

神戸物産が経営しているスーパーですが業務用と称して多めにお安く販売しているものがたくさんあります。

もちろん一般の人でも入れるスーパーですので利用しない手はありません。

 

ほかにもスーパーの特売日を把握しておいてまとめ買いしておくと買いものの時間の節約にもなりますね。

ただし注意点があります。安いからといってなんでもかんでも買っていたのでは、

食べきれず捨ててしまわなければいけないといったことにもなりかねません。

 

1週間分のおおよそのメニューを考えてから買い物をしましょう。

そして買い物へ行くのは空腹のときを避けるというのは節約のための鉄則です。

お腹がすいているときには見るものがすべて美味しそうに見えて、ついつい余分なものまで買いすぎてしまいますから。

 

安い食材を活用する

安い食材は卵と鶏肉ですね。特に胸肉は安くて滋養強壮にもよい食材です。

特売日に多めに買っておいて冷凍しておきましょう。

 

ただし鶏肉は日持ちが良くないので早めに食べきれる量だけ買うようにします。

安いからといって多く買い、余らせて捨てるというのではなにをしているのかわかりませんから、

気をつけましょうね。

 

他にはツナ缶も安くて便利です。

キッチンペーパーで油をよく切ってお弁当にそのまま入れても、おにぎりの具材としても使えます。

缶を開けないでいれば賞味期限も長いのでまとめて買っておくとよいですね。

また、パスタはコスパのいい食材です。玉ねぎ、ピーマン、ハムがあれば

トマトケチャップで炒めてイタリアンスパゲティの出来上がりです。

 

野菜ではキャベツが万能ですね。

毎食インスタントラーメンというのは決しておすすめしませんが、

切ったキャベツとニンジンやもやしを入れてラーメンをつくれば

野菜の旨みが出ることで美味しく出来上がりますよ。そこに卵をいれれば栄養価もUPします。

 

バナナやリンゴなど比較的安い果物もしっかりとってビタミン補給をしましょう。

 

食べものを余らせない

ごはんがあまったら雑炊にして食べるなど、食べ物を余らないようにしましょう。

余ったらアレンジして別の献立に変身させましょう。それだけでうんと節約できます。

 

ジュースや菓子パンは買わない

菓子パンは1つ100円~200円くらいします。

食パンなら6枚切りで高いものでも300円くらいまで買えます。

味は保証しませんがスーパーの特売で100円くらいでも売っているときがあります。

ジュースや菓子パンは節約の大敵と心得ましょう。

 

スポンサードリンク

大学生の一人暮らしで食費を節約するコツ!

 

お昼ごはんは外食せずお弁当をつくるとグンと食費を減らせます。

工夫すれば1日100円前後でお弁当メニューが出来上がりますよ。

お弁当で節約する方法はこちら↓

一人暮らしは弁当で節約を!1食100円に抑える1週間の献立、レシピ!

 

自炊の夕食の残り物を詰めたり、おにぎりを持って行くこともできます。

おにぎりなら中に入れる具材を工夫してみておかずが少なくても済みます。

 

また、学食があるなら利用しましょう。毎日お弁当を作れるならそれにこしたことはありませんが、

前日遊びすぎて朝ギリギリになってしまうということもあるでしょう。そんなときは学食で食べられればいいですね。

 

アルバイトをするなら賄い付きの飲食店が一人暮らしには強い味方になります。

探してみましょう。女子はパン屋さんなど1日の余ったパンをもらえることが多いです。

わが家の向かいに住んでいる方の娘さんが以前パン屋さんでアルバイトをしていました。

 

毎日のようにたくさんパンをもらって帰ってくるのでわが家もそのおこぼれを頂戴できていました。

ありがたかったです。そして実家に帰った時は、食材をすこしいただいて帰りましょう。

節約のために自炊をがんばっているといえばお母さんもかわいいわが子のために協力してくれることでしょう。

 

スポンサードリンク

食費を一万円以下に抑えるときの飽きない献立!

 

節約するということを念頭に置いて献立作りをするときどうしても同じようなものになってしまう可能性があります。

そうすると飽きてしまいますよね。

いくら節約のためとはいえ、生きて行く上で「食」というのは命を育む大切なもので、

楽しみであるべきだと思います。

 

そこで飽きないための献立づくりをしたいものです。

作り置きは節約するためには有効ですが、あまりこだわり過ぎず、

作り置きをしたものを副菜として利用するという気持ちのほうがいいですね。

 

作り置きをするとどうしても食べきるまでに数回同じものを食べるということになってしまいます。

一人暮らしですから余らせて捨てることになる可能性もあります。

私は学生の時、1週間に2度ほどはどんぶりものを作っていました。

ご飯の上にかけるだけで見た目もガッツリ美味しそうで気にいっていました。

 

ときには丼物にしたり、パスタにしたり、作り置きしているものを組み合わせたりなど

食べたいと思えるものを食べるということを基本に、

作り置きのものを活用して月1万円くらいに食費を抑えることができていました。

 

わが家の近くの市場にはお惣菜屋さんがたくさんあります。

リーズナブルでグラム計り売りしてくれるところもあり重宝しています。近くにそういったお店があると便利ですね。

 

節約にはコンビニを利用しないほうがいいとはいうものの、

今は1人ご飯用の食材も置いているコンビニがありますよね!?

 

もちろんスーパーにもありますね。ひじきやカボチャの煮物など、

1品加えることで栄養的にもバランスを取ることができます。

 

その日の気分でいろいろ組み合わせてみると飽きない献立作りができます。

1週間に2回コンビニやスーパーのお惣菜を200円で買うとしたら月に1600円ほどで済みます。

 

食費の節約のため大好きな甘いものを我慢するのは辛いものですね。

ホットケーキミックスで薄めのホットケーキを焼いて、

ヨーグルトとアイスクリームとバナナを添えてデザートを作ってみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

1万円と聞くとどんなに貧しい食生活かと思うかもしれませんが

、工夫しだいでけっこう楽しい食生活を楽しめるものです。がんばってみましょう。

スポンサードリンク