夏の楽しみの1つに花火観賞がありますね。

花火大会行って上手に思い出の花火の写真を撮りたいものです。

でも人ごみの中、いざというときスマホを取り出して撮影しようとしても、

あわてていたり小さなお子さんが気になったりと、

あれよあれよという間にベストショットを撮り逃すということにもなりかねません。

 

きれいな花火の写真を撮るために必要なこと、

あらかじめやっておきたいことなどをまとめてみました。

 

スポンサードリンク

花火の写真をスマホで撮影する上手なコツ!

 

花火を上手くとるために撮影場所をチェックしましょう。

観賞場所の確保が必要です。写真を撮る腕前がどんなに良くても、

障害物や建物があってはきれいに撮れません。

 

また小さなお子さん連れの場合、人ゴミでモミクチャになると心配ですよね。

ある程度のスペースを確保できる場所を見つけましょう。

 

始めて行くところなら、花火大会場所の情報を事前にネットで調べたり、

これまで行ったことのある人から情報を入手しておくといいですね。

 

場所の確保ができたら、スマホを固定しましょう。

スマホ用の3脚を使うと手ブレを防ぐことができます。

3脚がない場合は、できれば座った状態、いわゆる体育座りで

ヒザの上でスマホを抱えるように持つといいです。

 

このとき脇を締めるようにして両腕が動かないようにするとブレにくいですよ。

 

スポンサードリンク

花火の写真を上手にと撮影するスマホの設定は?

 

花火の写真を上手に撮るためには、花火が始まったら

何発かはその花火の撮影でピントを合わせましょう。

それによって固定する場所を決めます。

 

また、フラッシュとHDR機能はオフにします。

花火は遠いところにあるのでフラッシュは意味がありません。

HDRというのは複数枚の写真を1枚に重ねるというものですが、

動いている花火だとブレてしまいます。

 

この2つの機能をオンのままにしていると

容量を消費するので忘れずオフにしましょう。

 

iPhone の設定方法

花火の写真を撮るためにはあらかじめスマホの設定を確認しておく必要があります。

決まったら固定したい場所を長押し、

画面上部分に AE/AFという表示が出れば完了です。

 

明るさの設定は、画面に出ている□マークの右横に出ている

太陽模様を指先で上下にスライドさせて明るさの調節ができます。

 

Androidoカメラの設定方法

まずカメラアプリを起動します。

機種によってはシャッターボタンの長押しをすればいいものもあるようです。

 

設定画面の人差し指マークの「タッチ撮影」を選択、設定をONにします。

シャッターボタンは固いので押すときに手ブレをおこしやすいです。

タッチ撮影機能は画面をタップするだけで撮影できるので便利です。

下向き矢印マークからフラッシュ機能はオフにできます。

 

スポンサードリンク

花火の写真を撮るのに適したスマホアプリは?

 

花火をきれいにとるためのiPhonにもAndroidoにも対応している

スマホアプリをご紹介します。

 

夜撮カメラ

おすすめなポイントはノイズの軽減や手ブレ補修機能が搭載されているので

3脚がなくてもきれいに撮れるということです。

セルフタイマー、シャッター音調節、フォーカス機能もついているのも嬉しいです。

CameraAwesome

こちらも手ブレ防止機能が搭載されていてきれいな写真が撮れます。

その他のおすすめなポイントは写真家ケビン・クボタ氏の提供素材が

収録されていたりと撮った写真の加工をハイグレードにできる機能付きというところです。

 

またSNS連携もワンタップで簡単にできるので感覚的操作ができて女性に人気です。

 

まとめ

スマホの機能が驚異的にUPしています。優秀なアプリを選んで思い出に残る1枚を撮影してみましょう。

 

スポンサードリンク