夏のデートといえば花火大会ですよね。

花火大会は一年のうち、そう何回も行くものではないので、何を持って行っていいのかよくわからないのではないでしょうか?

 

ワクワクドキドキするだけで準備もせず、せっかくのデートが気まずいものになっては大変です。

そこで今回は花火大会のデートに必要な持ち物、持って行くと便利なものをご紹介します。

スポンサードリンク

花火大会のデートで必要な持ち物リスト!

タオルハンカチ

花火を鑑賞する場合、どこかに腰をかけるときタオルハンカチを敷くことができます。

女性だと屋台で何かを買って食べようということになった場合、ひざの上に広げることもできます。

 

もちろん手や汗をふくときにも使いますので、2枚以上は持って行きましょう。

もちろんそんな下心など関係なくタオルハンカチは持っていて便利なアイテムです。

 

うちわ・扇子

花火大会時期は夜でも暑いものです。

人ごみに押されて汗をかいてしまうことも多いと思いますので、うちわか扇子は持って行きましょう。

 

特に扇子はコンパクトに持って行けるので便利ですね。うちわや扇子は浴衣を着ていなくても夏の夜の風情が出ます。

絆創膏

バンドエイドなどの絆創膏は絶対持って行きましょう。

実はこれは花火大会だけでなく女性の持ち物として必ず、財布や化粧ポーチに数枚はしのばせておいて損はないものです。

 

花火大会で浴衣を着る場合は絶対に忘れてはいけないものです。

履きなれない下駄の鼻緒で足指の間の皮がめくれるということがとても多いのです。

 

いったん皮がめくれてしまうと絆創膏なしでは痛くて歩けないということになります。

たとえ浴衣を着なくても、靴ずれやちょっとした切り傷のときに役にたちますよ。

 

虫よけスプレー

虫よけ用のスプレーもぜひ持って行きましょう。

花火を鑑賞する場所にもよりますが、夏の夜はどこへ行っても必ず蚊などの虫がいるものです。

虫を気にして楽しいはずの花火大会デートを台無しにしないためにも必需品です。

 

ウエットティッシュー

何か食べたとき、食べる前、手や口元を拭くときに便利です。屋台の食べ物はべたべたするものが多いですよね。

実際にハンカチだけですとベタベタってなかなか取れませんので、あると便利ですよ。

 

洋服のシミとリシート

屋台めぐりのとき、持参した食べ物を花火を見ながら食べるときなど、思わず洋服を汚してしまいがちです。

家に帰ってからとろうと思っても染み付いて取れないことがあるので洋服のシミ取りシートは重宝しますよ。

 

スポンサードリンク

花火大会のデートでレジャーシートは持っていく?

1章でご紹介したものが必ずもっていったほうがよいというものですが、レジャーシートはどうでしょうか?

 

わざわざ家から持って行かなくてもと思うかもしれませんが、これも持って行くと便利なアイテムです。

むしろ、必須といっても良いかもしれません!

 

花火大会当日が雨の場合は中止になるでしょうが、前日が雨の場合、地面や腰をかけたいと思う場所が湿っていることがあります。

 

それに、下が汚れていると、せっかく浴衣を着て行ったのに浴衣に草の汁がついて色がついてしまったりすると、台無しですよね。寝っころがったり座るにしろ、草の上にそのまま座ったり寝転がるとチクチクして痛かったりするので気が散ります(笑)

 

なので、レジャーシートは持って行きましょう!

 

開催場所の付近で売っているかもと思っても、いざとなるとどこに売っているのかわからなかったり、コンビニで売り切れだったり、思いのほか高かったりするものです。

 

デートくらいのサイズですと、1.5メートル四方くらいあれば十分だと思います。

ただでさえ人が多いので、2人だけでレジャーシートを広々とってると周りから白い目で見られてしまうかもしれないので、二人で座ってくつろげるちょうど良いくらいのサイズにすることをお勧めしますよ!

 

スポンサードリンク

花火大会のデートでタオルはカッコ悪い?

タオルハンカチではなくタオルを持って行きたいのだけれど、ちょっと恥ずかしいかも?と思われるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

浴衣を着ている場合、着慣れないということと、長く歩いたり、立ったり座ったりという動作のため浴衣が着崩れてくる場合があります。

 

そんなときにタオルを帯の中にグッと入れて着崩れを直すことができます。

浴衣に似合うお洒落な手ぬぐいなどでもいいですね。

浴衣を着ていなくても夏の夜の暑さで汗をかいてしまうこともあるのでタオルがあると便利です。

 

ただ、景品でもらった、どこかの会社のロゴが入ったようなものはかっこ悪いのでやめておきましょうね。

 

浴衣の着崩れを直すだけでなく、駅から花火大会の会場まで歩くケースが多いと思いますので、汗をかいたのをぬぐうのにもタオルは有れば役に立ちますよ。

 

ハンカチだけでは心もとないかもしれませんので、ぜひともお持ちください。

 

まとめ

花火大会に持って行くべき持ち物をご紹介しました。

すべて持って行ってもたいした荷物になるものでもないので、

ぜひ準備して安心して楽しいデートを楽しんでくださいね。

スポンサードリンク