愛知県の春日井市民納涼まつりの開催場所は春日井市東野町の落合公園です。

 

例年18時から20時30分の日程で行われます。

小雨の場合は雨天決行、荒天の場合は翌日に順延になります。

 

そんな春日井市民納涼まつりのクライマックスはなんといってもフィナーレを飾る花火大会です。

毎年18万人前後に人が3500発もの花火に酔いしれますよ。

人気なのは、打ち上げ場所から近いために臨場感や迫力を感じるスターマインという花火ですね。

 

花火だけでなく納涼まつりというだけあって、氷の彫刻や風鈴コーナーなど涼やかな催しと、盆踊りや夜店など昔ながらのおまつりらしいおまつりですよ。

 

今回は春日井市民納涼まつりの花火大会に行きたいと考えているかたのために、駐車場やシャトルバス、そして交通規制の情報をまとめてみました。

スポンサードリンク

春日井市民納涼まつりの花火大会で駐車場はどこ?

 

春日井市民納涼まつりの花火大会を車で見に行こうと考えた場合、駐車場がきになるところですが、駐車場はないと思ってもらっていいですね。近くの駐車場は閉鎖になってしまいます。

 

何しろ、交通規制が敷かれるので例年、たいへん混雑します。

できるかぎり公共交通機関で行くことを強くおすすめします。

 

ただ、どうしても車で行きたいという人は、すぐ近くの駐車場というわけにはいきませんが、少し離れた駐車場を利用することです。

 

白川運動広場(100台)、東部市民センター(250台)、春日井市民病院(265台)という駐車場を利用するという手があります。

これらの駐車場近くには無料シャトルバス乗り場があるので、乗り換えて会場まで行けます。

 

この中で有料なのは春日井市民病院駐車場で、1時間までは無料ですが、それを越すと6時間まで100円、6時間を超えて24時間までは500円となります。

有料といってもかなり良心的ですね。

そしてこの春日井市民病院駐車場から会場までは歩いて20分の距離にあるので、荷物が少なくて歩くのが好きという人にはおすすめです。

スポンサードリンク

春日井市民納涼まつりの花火大会でシャトルバスは出ている?

1章で駐車場情報をお話ししましたが、実はこれらの駐車場は春日井市民納涼まつりが開催される落合公園へ行くための無料シャトルバス乗り場の近くにある駐車場なのです。

 

うれしいことに無料シャトルバスは、15分間隔で運行してくれています。

行きの始発は16時から最終18時30分、帰りは始発20時~最終21時15分の間で、運行時間はどの路線でも同じです。

 

1章でご紹介した3つの駐車場は、無料シャトルバス乗り場に近い場所にあるのです。

つまり、車で無料シャトルバス乗り場近くまで行き、駐車場に車を停めて無料シャトルバスに乗り換えて会場まで行くようにするのです。

 

近くに無料駐車場がないシャトルバス停は5箇所あります。

JR勝川駅北口臨時バス停、名鉄味美駅かすがいシティバス「味美駅前」バス停、JR高蔵寺駅北口臨時バス停、南部ふれあいセンターバス停、JR春日井駅北口バス停です。

 

計8箇所、無料シャトルバスに乗れるバス停があるということです。

 

注意したいのは、帰りのシャトル乗り場が来るときに降りた場所とは違うということです。

帰りは公園内西側に乗り場があるのです。

 

ただ、詳細は事前に変更になる場合があるので、春日井市市民生活部 市民活動推進課へ確認しておきましょう。

TEL:0569-85-6622

スポンサードリンク

春日井市民納涼まつりの花火大会で交通規制の情報は?

春日井市民納涼まつりの花火大会当日は、例年17時30分から21時30分は周辺に交通規制がかかります。

車両は通行止めになるのです。

 

一番混雑するのは、おまつり開始の前頃と花火大会終了後ですが、場所取りに14時頃から人出が増え始めます。

 

帰りも、花火大会が終了すると、どっと人が無料シャトルバス乗り場へ押し寄せ、外へ出ても人でいっぱいになりますので覚悟しておきましょうね。

 

グレーの範囲は17時30分~21:30分車両通行止めになる予定地域のところで、オレンジ色は20時~21:30分が車両通行止めになる予定地域です。

 

スポンサードリンク