お花見に行こうと彼から誘われたとき、どんな服装をしていったらいいのか

迷いますよね。

お花見の時期は、暖かい日もありますが、震えあがるほど寒い日も

多いものです。

お昼間は暖かくても、夜になると急に冷え込むことも考えられます。

 

そこで今回は、お花見デートをするときの女性の服装について

お話しします。

 

 

スポンサードリンク

お花見での服装 デートで女性におすすめは?

 

お花見デートのときの女性の服装は、

昼間なのか、夜桜見物なのかでも変わってきます。

 

また、歩きながらお花見をして、食事はお店で摂るのか

お弁当を持って行き、お花見をしながら食べるのかでも

変わってきます。

 

どちらにしても、桜を見たり、場所を探したりなど、

しばらく歩くことが多いので、とにかく歩きやすい靴に

しましょう。

 

お花見できる場所は、足元が土や砂の場合が多いので

ヒールのある靴や、歩きにくい靴はNGですよ。

 

そして、風が強かったり、寒い日も多いものです。

 

日中、歩きまわるときは、うっすら汗ばむ陽気でも

夕方近くになると、急に冷え込むことも考えられるので

脱いだり着たりできる服装がいいですね。

また、スカーフやストールなども重宝しますよ。

 

まず、機能面では、上記のことをクリアできるような

服装をおすすめします。

 

 

スポンサードリンク

お花見の服装で可愛いのは?

 

でも、女性にとってはデートの日は

機能面だけを考えた服装だけでなく、

彼に、「可愛い」と思ってもらいたいですよね。

季節も、ようやく寒い冬を抜け出し華やぎの春、

せっかくのお花見デートなのですから!

 

そこで、機能面をクリアしつつ、春のお花見にふさわしい

服装をするには「色」を味方につけましょう!

 

春の空と桜の季節には、明るい色がマッチしますよ。

全身でなくても、どこかに明るい色を使った服装にすると

いいですね。

明るい色のスカーフやショールが役立ちます。

 

トップスでもボトムでもいいので、どこかに明るい色を

持ってくるようにするのです。

 

そして、寒い日でも、冬に着ていた厚手のコートにするより、

軽やかさを感じさせる薄手のものを重ね着するほうが、

明るく見えます。

 

スプリングコートではまだ寒い、という日でも下に明るい色の

セーターとブラウスなどの重ね着をするほうが、可愛く見えます。

 

また、気持ちも視線もお花に向きますから、バッグは

ポシェットタイプが安全ですよ。

 

お弁当を広げるときにも、貴重品だけはポシェットの中に

入れておけますから安心です。

 

スポンサードリンク

お花見の服装でスカートはあり?

 

女性らしく、可愛い服装をしたいけれど、

スカートってどうなんだろう?

と悩む場合もあると思います。

 

デートで、レジャーシートなどを敷いて

お弁当を食ベる予定なのであれば、スカートはおすすめしません。

 

特に、短いスカートはNGですね。

シートを敷いたり、お弁当を広げたり、という動作のときに

お尻や足が気になってしまいます。

 

まだ、お付き合いしたての場合は、

お花見でレジャーシートを敷いてお弁当を食べよう

と言っているのに、ミニスカートやタイトスカート

を履いていくと、彼に「場をわきまえない女の子だな」

なんて思われてしまうかもしれませんよ。

 

パンツスタイルに自信がなければ、スカートに見えるガウチョタイプや

キュロットスカートにしましょう。

 

ただし、歩きながら、桜を見るお花見デートの場合は

スカートもOKです。

 

とはいえ、やはりタイトスカートはお花見の雰囲気に合いません。

ボリュームがタップリし過ぎない、膝が隠れる長さの

フレアースカートやギャザースカートなどはいいですね。

 

そして、お花見の季節は、まだまだ肌寒い日も多いので、

スカートのときは、カラータイツなどを履くといいですよ。

 

まとめ

オフィシャルな場ならいざ知らず、おしゃれには

決まり切ったルールなどはありません。

でも、考えなくてはいけないことがあるとすれば

暑さ寒さなど、身を守ることと、自分も周囲の人も心地悪く

ならないということです。

心地悪くならないだけでなく、おしゃれで自分も周りの人も

ハッピーな気分になれば、もっといいですね。

お花見デートは、一年のうちでも限られた時期だけのものです。

せっかくのチャンスです。

暖かくて、歩きやすく身のこなしがスムーズな服装をして

楽しんできてくださいね。

 

スポンサードリンク