岡崎公園でお花見をする時に、

どうせなら食べ物を屋台で買ったものにすると

雰囲気も出てお花見をしているいい感じになりますよね。

 

でも行くまでにどんな屋台があって

夜桜を見るときなんて屋台はやっているの?

と不安になりますよね。

 

なので、岡崎公園でお花見の季節にやっている屋台について、

まとめてみました。

 

スポンサードリンク

岡崎公園のお花見で屋台の場所や種類は?

 

岡崎公園で花見をする時に、

屋台で食べ物を買おうとお考えの方も多いと思います。

 

実際に岡崎公園にお花見をしに行きましたので

どんな屋台があったかをお伝えしたいと思います。

 

種類

種類は定番のものからたくさんありました。

 

・からあげ

・たこ焼き

・りんごあめ

・焼きそば

・焼き鳥

・串焼き

・飲み物(アルコールも売ってありました。)

・チョコバナナ

 

などなど、定番なお店が所せましと並んでおり、

人もとても多かったです。

料金も300円~600円代の物が多く、

ごく普通のお祭りの時の屋台と変わりない料金設定でした。

 

アルコールは酎ハイが400円ほどするので、

個人的には買ってクーラーボックスで持ってくる方がいいかなと思いました。

 

中でもおいしかったのが「3色団子」です。

屋台でも買えますし、茶屋でも販売されているので、

岡崎公園でお花見をされるのでしたら是非とも食べてみられるのがいいと思います。

 

場所

場所ですが、下記の赤で囲んだところに多くありました。

 

その中でも屋台が多いのが「乙川沿い」です。

 

ここにとっても多く屋台が並んでいました。

 

もちろん、ここに人が集中するので人ごみもすごいです。

慣れている方でしたら問題ないと思いますが

人ごみになかなかなれない方は覚悟をして行かれる方がいいと思いますよ。

スポンサードリンク

岡崎公園の屋台はいつから開く?

 

桜を見に早い時間帯から場所取りをされる方も

いらっしゃるかとおもいます。

 

午前中の屋台ですが、開いているところはあまり多くはなさそうです。

しかしお昼時になってくると食事をする人が多いので

ほぼすべて開いていましたよ!

 

もし早朝から場所取りをされる方ですと、

屋台は朝から開いていない場合もあるので、

小腹を満たすためのおつまみを持って行かれてもいいですね。

 

スポンサードリンク

岡崎公園の夜桜の時の屋台はいつまでやっている?

 

夜桜を見るために岡崎公園まで来られる方もいらっしゃるかと思います。

その時に気になるのは屋台はいつまで開いているかですよね。

 

屋台は店舗によりますが

「夜10時まで」開いています。

ライトアップ終了まで営業が可能なので、そこまでやっている屋台も多いみたいですね。

 

なので、もし買い足したいとか、

夜桜を屋台で買ったものと一緒に花見をしたいなどと

考えられている方には朗報ですね!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

岡崎公園の桜祭りに屋台で食事を買って

ぜひとも楽しんでみてくださいね!

 

スポンサードリンク