愛知県の豊田市で開催される「豊田おいでんまつり」は

「おいでん、みりん、おどろまい」という曲に合わせて

「おいでん踊り」を踊り、花火大会も楽しめる

市民と豊田市を訪れる、誰もが楽しめるお祭りです。

 

参加費はもちろん無料ですが、有料桟敷席もあります。

 

「おいでん踊り」は、豊田市民が編成する「踊り連」が、

衣装や振り付けを自らで演出をする

市民参加型のおまつりです。

 

「マイタウンおいでん」と「おいでんファイナル」

の二本立て構成になっていて楽しめますよ。

 

この楽しいお祭りに車で行きたいと考えている方は

事前に、渋滞や通行止め、そして駐車場情報などを

調べておかなければいけませんよ。

 

今回はそんな方のために、必要な情報をまとめてみました!

 

スポンサードリンク

豊田おいでんまつりに車で行くなら?

 

豊田おいでんまつりの2017年の開催日は

6月17日~7月30日までした。

 

その中で「おいでんファイナル」は7月29日の土曜日に、

そして、最終日の30日の日曜日に花火大会が

行われました。

 

毎年、名鉄豊田市駅東側一帯で開催されます。

 

帰りも遅くなるし、車で行きたいと思っても

おまつりとなれば、渋滞や交通規制も心配ですね。

 

遠方から行く方は、高速を使う場合は

東名高速「豊田IC」で降りてください。

 

豊田ICから北東方向、国道248号経由で

約5.5㎞の場所にあります。

すんなり行けば15分ほどで到着するはずです。

 

 

スポンサードリンク

豊田おいでんまつりの通行止め場所は?

 

ただし、豊田おいでんまつり開催期間中は

通行止めになる場所や時間があるので注意が必要ですよ。

 

ぐるぐる廻って、時間をロスしてしまっては

もったいないです!

 

2017年度は、PM4時半から9時半、

場所によってはPM4時から

通行止めが発生しました。

通行止めの場所は、下記からチェックしておいてください。

 

https://www.oidenmaturi.com/system/file/21_2017070714195_50818.pdf

 

花火大会の当日は打ち上げ場所の近くである

豊田大橋はお昼前から通行止めになるので

注意が必要です。

 

2017年度はAM10時から通行止めでした。

 

花火大会の場所取りは遅くても15時ころには

到着しておいた方がいいので

 

車で行く場合は、AM9時ころには到着して

駐車場を確保、その後場所取りをしなくてはいけません。

2018年度の予定は3月現在、

詳細はまだ発表されていませんので、

行こうと考えている場合は

事前にこまめに公式ホームページでチェックして

おきましょうね。

 

 

スポンサードリンク

豊田おいでんまつりの駐車場や渋滞予測!

 

時間に余裕をみたつもりでも

豊田おいでんまつりの開催期間は

当然、かなりの交通渋滞が考えられます。

 

閉祭前1時間くらいから渋滞が考えられるので

来るときに、手前で降りて停めるということも

考えておいたほうがいいですね。

 

当日は豊田駅中心に臨時駐車場ができます。

 

こちらも2017年度情報ですが、今年もおおむね

同じ場所が駐車場として開放されそうです。

 

元城小学校グラウンド(PM2時~10時)

福祉センター北駐車場(終日)

高橋中学校(PM1時~10時)

豊田スタジアム東駐車場(AM8時~PM10時)

寺部小学校(PM1時~10時)

挙母小学校(PM3時~10時)

 

結構、駐車場が充実しているようでうれしいですが

それにも増して、来場者が多いです。

 

上記の中で、特に豊田スタジアム東駐車場付近は

花火大会当日の混雑がかなり考えられます。

 

何度も言いますが、まつりはできれば

公共機関で行くことをおすすめしますが

遠方からなので車で行きたいという方は

電車の駅の数駅手前の上挙母駅か

梅坪駅近辺の駐車場に車を停めて

そこから電車で会場まで行くようにすることを

おすすめします。

 

 

まとめ

豊田おいでんまつりに車で行く場合は

渋滞と交通規制が必ず発生しますので

数駅手前の駐車場に停めて、そこから電車で

行くことをおすすめします。

予定を立てて、早め早めの行動をしましょうね。

 

スポンサードリンク