吉野山の桜のおすすめ観光・撮影スポット!下千本・中千本ではここ!

奈良の吉野山は、日本一の桜の名所といわれています。

 

ただ桜が美しい、というだけでなく、吉野山の桜は

1300年もの昔から、ご神木と崇められ、信仰の対象とも

なっているのです。

 

吉野山は毎年、約3万本もの桜が咲き乱れ、

桜だけでなくアジサイや新緑、紅葉など、

一年中、人々を癒し、楽しませてくれます。

 

標高の低い下千本から高い奥千本へと、順番に開花していくので

吉野山では、約1カ月もの間、山全体としては

どこかで桜が咲いていることになります。

 

今回は、ぜひ訪れてみたい、雄大で神秘的な桜の時期の

吉野山の撮影スポットなどをご紹介します!

 

 

 

スポンサードリンク

吉野山の桜のおすすめ撮影スポットは?

 

吉野山の桜は、標高の低い下千本から

標高の高い奥千本まで、徐々に開花していきます。

山全体を彩る雄大さと、神秘的なまでの美しさは

古来より多くの歌人によって歌に詠まれています。

 

そんな吉野山の桜のおすすめ撮影スポットエリアは

下から「下千本」「中千本」「上千本」「奥千本」という

4つに分かれています。

 

どの場所も、それぞれの良さがあるので

お好み次第ということにはなりますが、

 

標高が低い場所の良さは、見た目のお好みプラス

開花の時期の早さや、登りやすさがあります。

標高の高い場所は、より広範囲を一望できるので

雄大さを感じることができますね。

 

ただ、お好みを探すにしても、どういった特徴があるのかを、

知った上で、見て、心惹かれる撮影スポットを探しに

足を運びたいものです。

 

標高が低い下千本、中千本は、開花も早く

登りやすいことから、おすすめです。

 

次章で4つのスポットの特徴をご説明しますね。

 

スポンサードリンク

吉野山の桜で下千本でのおすすめスポットは?

 

吉野山のふもとにある山は嵐山で、「下千本」と言われています。

下千本には、いろいろな種類の桜が咲き乱れています。

 

下千本は先にも、お話ししましたが、

4つのエリアの中で、標高230mから350mと

一番低いところにあります。

 

一番標高の高いところとの差は500mにも及びますよ。

 

見所は、下千本展望所、お野立ち跡、世界遺産の金峯寺蔵王堂、

そして七曲坂などがあります。

 

下千本エリアは、下千本駐車場から徒歩15分以内なのも

うれしいですね。

 

スポンサードリンク

吉野山の桜で中千本でのおすすめスポットは?

 

「一目千本」と言われ、景色が一望できる吉水神社は「中千本」です。

標高が350m~370mに位置していて、吉野山の中腹になります。

「中千本」と呼ばれているエリアの吉水神社は

豊臣秀吉のお気に入りだった場所です。

中千本は、中千本と次にご紹介する上千本の両方を

撮影することができますよ。

 

見どころは、なんといっても広範囲を一望できるので

咲きはじめの桜から満開の桜までのグラデーションです。

また、東南院のシダレサクラや如意輪寺周辺も人気です。

 

近鉄吉野駅から中千本まで徒歩で25分ほどです。

桜の時期には吉野駅から中千本までの臨時バスも出ていて便利ですよ。

 

そして、お花見や写真撮影スポット探しに夢中になるとき

心配なのがトイレのことなのですが

吉野山は、各所に公衆トイレが設けられているので

安心できます!

特に、今日ご紹介したおすすめ撮影ポイントは人気エリアなので

そういった心配はありません。

ただ、人出が多くはなりますね。

 

まとめ

お花見に行くなら、日本一の桜の名所の吉野山へ

一度は訪れてみたいものです。

歴史に彩られた、圧倒的な桜の種類と本数の多さが

吉野山の魅力で、かつては西行もその魅力に

引きつけられて、奥千本に住んだそうです。

見どころは4つのエリアに分かれていますが、

今回は「下千本」と「中1千本」の撮影ポイントをご紹介しました。

開花も早く、見どころがたくさんのエリアです。

 

 

スポンサードリンク