528721

9月の第三月曜日は敬老の日。

大人になると一緒に過ごす時間も少なくなってくる

おばあちゃんへの感謝を伝える大切な日。

最高な贈り物を用意して、当日を迎えましょう。

 

スポンサードリンク

敬老の日におばあちゃんへ

20歳にもなるとおばあちゃんと顔を合わせることが少なくなったり、

あるいは別居していたりしてお話しする機会が

あまりないのではないでしょうか。

 

一年に一回の「敬老の日」をきっかけとして、

おばあちゃんに日頃の想いを伝えたり、

元気に頑張っているという近況を伝えられたらいいですよね。

 

生まれたときからの成長をずっと見守ってきた孫が、

立派な大人になったことを知れば、

おばあちゃんはとても喜びます。

 

あなたが大人になっても、

おばあちゃんの孫であることに変わりはありません。

 

敬老の日は、ゆっくりおばあちゃんと会話を楽しむ時間や、人

生の大先輩であるおばあちゃんから学びを得る時間。

 

これからのあなたの生活をよりよくしていくための知恵をもらい、

「敬老の日」という一日が、

あなたにとってもおばあちゃんにとっても、

印象に残る一日になっていけたらいいですね。

 

「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えたり、

「これからも元気でいてね」と身体を気にしてあげたり、

「成長しました」と報告したり。

 

こんな素敵なことにさらに華を添える

贈り物をあげられたら、最高な一日となるでしょう。

 

スポンサードリンク

敬老の日におばあちゃんへ贈り物は何を?

では、どのような贈り物をあげたらいいのでしょうか?

提案として、あなたのおばあちゃんの

趣味に合ったものをあげるととても喜ばれます。

 

それに加えて、

普段からよく使っていただけるものの方が、尚よいと思われます。

 

例えば食器にこだわりのあるおばあちゃんであれば、

お皿やマグカップを贈ってあげたり、

農作業をされるのであれば、

普段から身に着ける帽子や手ぬぐいをという具合です。

 

お洒落が好きであればブレスレットや

ネックレスなどのアクセサリーを。

 

それに対して避けた方がいいものは、

ブランドものなど高価なものです。

 

ブランドものでいかにも

「お金をかけている」ことが伝わってしまうと、

おばあちゃんは複雑な気持ちかもしれません。

 

なぜなら、「贈り物をもらった」という気持ちは嬉しいのですが、

それ以上に、大切な孫からいただくものですので、

「こんな高いものにお金を使って心配」という、

孫を思いやる気持ちの方が大きくなってしまうからです。

 

しかし、高価なものだとしても、

おばあちゃんにそれが伝わらなければいいですよ。

 

スポンサードリンク

敬老の日におばあちゃんへ手紙はあり?

プレゼントとして、おばあちゃんへ手紙を書くのは

とても喜ばれる行為です。

 

手紙は手書きのため、心のこもったメッセージが伝わります。

是非渡してあげましょう。

 

さて手紙の内容ですが、本文には、今あなたが頑張っていることや、

はまっている大好きなことを書き、

「毎日楽しく過ごしています。」ということが、

おばあちゃんに伝わるものにしましょう。

 

あなたは、もしかしたら今おばあちゃんと

一緒に暮らしていないかもしれませんね。

 

敬老の日には、おばあちゃんに会って

直接手紙を渡すのが望ましいのですが、

そうもいかない場合は、手紙に加えて、

あなたが写っている写真も添えて送ると大変喜ばれるでしょう。

 

おばあちゃんに感謝の気持ちや、

お身体を気遣う言葉をかけるのは大事ですが、

それ以上に嬉しいのは孫の活躍です。

 

そのためにも、具体的にあなたが現在頑張っていることを、

おばあちゃんに語りかけるように書いてあげるといいでしょう。

 

まとめ

以上がおばあちゃんへの贈り物の提案ですが、

最も大切なことは、贈り物そのものよりも、

「贈り物をあげたい。」と想う気持ちです。

 

おばあちゃんのことを想って贈り物を考えてくれたという

心配りがおばあちゃんには必ず伝わります。

 

是非おばあちゃんのことを想いながら、贈り物を選んでみてください。

敬老の日が感謝と笑顔で溢れる日になるといいですね!

スポンサードリンク