中央道で諏訪湖の南端付近にあるのが諏訪湖サービスエリアです。

道をはさんで上りと下りが存在していますが住所は上り線は諏訪市、下り線は岡谷市になります。

 

ぷらっとパーク形式で一般道から入ることができて、温泉やエリアコンシェルジュもあり、レストランやフードコートも充実しています。

 

そんな諏訪湖のサービスエリアで気になるのが、お土産ですね。

諏訪湖周辺は特産物の多い地域ですので、お土産を選ぶのが大変といううれしい迷いも生じるのです。

 

今回は、諏訪湖サービスエリアの情報とおすすめのお土産をまとめてみました。

スポンサードリンク

諏訪湖サービスエリアのお土産でおすすめはこれ!

 

諏訪湖サービスエリアがある信州地方の特産物は、お蕎麦、信州味噌、野沢菜、馬肉、おやき、りんごやぶどうなどの果物から、ガラス工芸などもあります。

 

りんごやブドウはお菓子やジャムに変身することもあり、バラエティーに富んでいます。

 

さて、諏訪湖サービスエリアの上りと下りのショップで売られているお土産はどちらも同じかというと、そうではないのです。

 

下りは昔ながらの名物が主流で、上りは地元で採れた食材を使った商品を主に取り扱っています。

 

次章からは、の中からお土産として喜ばれる逸品を上り線、下り線別にご紹介しますね。

スポンサードリンク

おすすめの諏訪湖サービスエリア上りはここ!

 

安曇野おやき「いろり堂」

 

信州の伝統菓子として「おやき」はお土産の一番人気といっても過言ではないですね。

おやきって何?と思われる方も多いと思いますが、惣菜パンにちょっとちかいかもしれません。

 

安曇野おやき「いろり堂」のおやきは信州伝統の食文化をささえています。

諏訪湖サービスエリアでも、保温機能がついたカゴの上に並べられているので、ホカホカです。

一番人気はなんといっても信州名産の野沢菜が入ったもの250円ですね。

牛肉入りのものは390円、きのこクりーミーチーズ入りは290円。

アップルパイ(OMI)

信州りんごをたっぷり6個も使用した☆プレみや☆のアップルパイは、1ホール直径20センチで2,376円になります。

上りの諏訪湖サービスエリアの中の「OMIアベニュー」で販売されています。

高速道路では、諏訪湖サービスエリアでのみの販売になっているので見逃さないようにしたいですね。

 

岡谷絹製品のシルクソープ(OMI)

長野県産の繭からとった絹を使用したシルクソープです。

 

人の体との親和性の高い繭糸成分のフィブロインは細胞を再生させてくれる効果が期待でき、保湿効果も高いです。無香料無着色で合成界面活性剤も使用していません。

 

化粧ケースなし450円とあり540円があります。シルクソープとなると自分で買うのはちょっと贅沢かなと思うので、お土産などでもらうととても嬉しいものですね。

 

そのほかにもシルククリーム3890円やシルク化粧水2600円もあります。OMIアベニューで買えます。

竹風堂「どら焼き山」(OMI)

長野県の小布施町は栗の名産地です。竹風堂のオリジナル栗粒飴が入ったどら焼き山は全国のどら焼きを研究しつくし試行錯誤を重ねた逸品です。

 

栗をしっかり感じられると評判のどら焼きに仕上がっていて、ちょっと高級感のあるお土産になります。1個216円 5個入り1080円です。

ヌーベル梅林堂の「くるみやまびこ」(OMI)

信州八ヶ岳の牛乳をふんだんに使った、ヌーベル梅林堂のくるみやまびこはキャラメルでくるみを煮詰め、香ばしさが魅力のちょっと贅沢なお菓子です。

 

甘さを控えたライトタイプは甘すぎるお菓子が苦手な大人向けです。サイズはロングサイズとハーフサイズがあります。

13年連続でモンドセレクション金賞受賞が自慢の人気のお土産ですよ。10個入りで1,350円です。

 

スポンサードリンク

おすすめの諏訪湖サービスエリア下りはここ!

 

柚子チョコレート(ショッピングセンター)

諏訪湖サービスエリアのショッピングコーナーで買えるのが「柚子チョコレート」です。長野県下伊那郡の秦阜村の柚子とチョコの本場ベルギー産のチョコレートとのコラボレーションです。

 

箱を開けるとチョコと柚子の香りがしますよ。女性に特に喜ばれるお土産ですね。ダークとビターが入って1,620円です。

 

ホテル紅や特製朝採り野沢菜 わさび味(ショッピングセンター)

お漬物の中でも人気の野沢菜648円も、喜ばれるお土産ですね。

諏訪湖畔の高級ホテル「紅や」のわさび味の野沢菜は野沢菜にキャベツや海藻などを加えて、酒の肴にもピッタリです。

 

手長えびせんべい(ショッピングセンター)

 

諏訪湖で6月だけ取れる手長えびのすり身せんべいです。えび好きの人にはたまらないですね。日本人は世界中でも特にえび好きだといわれていますので喜ばれるお土産ですよ。

 

ただし、えびアレルギーがあるかないかわかっている人へのお土産にしたほうがいいですね。14枚入りで696円と、美味しくて喜ばれるにもかかわらずお財布にも優しいのがうれしいかもしれません。

「くるみのコンサート」(ショッピングセンター)

くるみの収穫量が全国一の長野のくるみをふんだんに使ったお土産です。第27回全国菓子大博覧会で最高賞の名誉総裁賞を受賞した「ガトーフレーズ」社のお菓子です。

 

受賞したからといっておすすめするわけではないですが、やはり美味しいです。デザインも面白くて、でも高級感もあります。6個入りで1,350円です。

 

「ホワイトストロベリー」(ショッピングセンター)

☆プレみや☆のホワイトストロベリーは、イチゴをフリーズドライしたところにホワイトチョコを染み込ませて作ったお菓子です。世界初の技術だそうですよ。

 

見た目もかわいらしく食べきりサイズのパック入りですから、気取らないお土産にぴったりですね。50g入り、1,620円です。

 

まとめ

信州地方は特産物のとても多い地域です。

諏訪湖サービスエリアは、上りは地元で採れた食材を使ったもの、下りは昔ながらの名物品を主流に販売していて、食べておいしくもらって嬉しいお土産がたくさんあります。

 

目移りしてしまいそうですよ。事前に評判や口コミを調べておくのが得策です。

スポンサードリンク