成人式が近づいてきましたね。

新成人になる女性の多くは振袖を着て、式典に出席するのでは

ないでしょうか?

 

成人式は1月という、とても寒い時期に行われます。

寒さの程度は、地域によって違いはありますが、

1年のうちで一番寒くなる時期には、間違いありません。

 

成人式の日は、会場の前で友達と盛りあがったり、

二次会へ繰り出したり、思いのほか外を歩く時間が長いものです。

せっかくの式典の日、寒さで震えていると、楽しめませんよ。

 

そこで今回は、会場との往復や式典の最中でも、寒さに悩まない

防寒対策をまとめてみました。

スポンサードリンク

成人式で振袖での防寒対策は?

 

体の中の、首と名のつく場所を温めると、防寒対策になるといわれています。

首というと、首まわり、手首、足首ですよね。

 

でも、残念ながら着物を着ているときは、首回りは衿抜きをするので、

温めることができないのです。

寒い地域では、会場に入っても、寒さがこたえるところもあるようです。、

 

成人式の会場への行き帰りはショールができますが、会場の中では、

ショールはとるのがマナーです。

 

「衿抜き」いって、着物のえりは後ろが開いてしまいます。

ショールをとってしまうととても寒く感じます。

 

 

インナーに暖かなものを着ても、えりぐりがかなり大きく開いたインナー

でないと、えりぐりから見えてしまいます。

 

着付けをしてもらうとき、えりぐりから見えてしまうので、

ヒートテックは着用して来ないでください、

という美容院もあるくらいです。

 

もし洋服を着るときのインナーを着用するなら、

アイデアとして、後ろ前反対に着るといいですよ。

 

そして、袖からインナーが見えると、せっかくの振袖も台無しに

なってしまいますから、インナーは必ず半袖にしましょう。

 

上半身は、着物用のガーゼや補正下着、そしてインナーで

しっかりガードすることができます。

 

次は、下半身の防寒です。

下半身を温かくすれば、冷えは防げますよ。

 

スポンサードリンク

成人式で草履の防寒をするには?

 

着物は足首まで覆われているのですが、歩くときや、

階段の上り下りのときにチラッと足が見えることがあります。

 

そんなときにヒートテックやレギンスを履いているのが見えると

かっこ悪いですよ。

 

そこで、着物の下には上から足袋が履けるようにできたストッキングを履きましょう。

足の指先がふたまたに分かれたストッキングがあります。

上から、足袋や草履が履けますよ。

 

ただし、下にストッキングを履くので、足袋はワンサイズ上の

ものを履きましょう。

 

そして、足袋も、内側がネル素材のものなど、防寒に効くものがあります。

それに、足裏に貼るカイロも使用すると万全です。

 

草履は、防寒草履もあります。

つま先に雨よけフードがついていて、雨や雪よけになります。

雪が降る地域の方には重宝しますね。

 

雪道や雨で滑りやすい道のために、スパイクつき

というものもありますので、寒い地域の方は利用するといいですね。

 

腰回りから太ももにかけては、ひざ上までくらいの長さの防寒パンツ

を履くことができます。

 

着物は洋服と違って、ずんどうな体型に仕上げたほうが

美しくみえるのです。

「太って見えないかしら」、なんて心配は無用です!

下に着込んでも大丈夫ですよ。

 

ただし、ひざ下までのものは、足を動かしたときや

階段の上がり降りで、見えてしまうことがあるので

履かないようにしましょうね。

 

これで下半身の防寒対策もバッチリです!

 

スポンサードリンク

成人式で振袖にコートは大丈夫?

 

着物の羽織やコートは、格が低いものになります。

普通は、羽織は振袖に合わせることはできません。

でも道行(みちゆき)というコートなら、振袖に合わせても大丈夫です。

 

以前は振袖にコートというのは、ほとんど見ることがありませんでした。

振袖には、ふわふわしたショールだけ、というのが定番でしたね。

 

でも、最近では寒い地域などで、振袖にコートを来ている人を

見るようになりました。

 

ただ、振袖の長い袖に合わせたコートを作らなければいけなく、

また、振袖は、たびたび着ることがないものです。

 

そのためだけにあつらえるというのは、あまりに不合理です。

レンタルでも、振袖に合う、道行コートはあまりないようです。

 

金銭的に余裕があり、とても寒い地域の方は、あつらえてもいいですね。

 

ただ、実際問題として、振袖を着て街を歩いて、みんなに見てもらいたい

という気持ちがあるのだと思います。

 

せっかくの振袖をコートで隠すのはもったいない

という気持ちと、予算の関係から、振袖にコートを着ている人が

ほとんどいない、というのが現状なのです。

 

振袖にはあたたかなショールとインナーでしっかり防寒をするのが

一般的のようです。

 

まとめ

振袖を着たときの防寒は、下半身を重点的に温めるといいですよ。

足袋や草履の下に履ける、ストッキングや、内側がネル素材の足袋、

そしてカイロなどを使って温かくしましょう。

上半身は半袖で、襟ぐりがかなり大きく開いたものを着なくては

いけません。

 

スポンサードリンク