運動をする人は暑い時期の熱中症対策を万全にしないといけないですね。

熱中症は体温調節機能が上手く働かなくなることで発症します。

軽症の場合は水分補給などの応急処置で回復しますが、

重症になると後遺症が残ったり、命の危険もある怖いものです。

 

熱中症対策には塩分を補給できるスポーツドリンクを

摂取することが有効だというのはよく知っていることですが、

実は牛乳もいいんですよ。NHKのためしてがってんでも紹介されていました。

今回は熱中症になぜ牛乳がいいのかをまとめてみました。

スポンサードリンク

熱中症の対策予防に牛乳は?

 

熱中症予防に牛乳はとてもいいです。

スポーツドリンクは糖分が含まれているため汗をかいているときに

飲むととても甘くかんじてしまいます。

牛乳が熱中症予防によい理由は牛乳にはたんぱく質が含まれているからなのです。

 

運動後にたんぱく質を摂ると水分をため込む性質がある

アルブミンという成分が合成されます。

汗は血液中の成分をもとにして作られるので、

血液中にアルブミンが増えると血液量が増えます。

 

体の表面にある毛細血管の血液量も増えるので汗が出やすくなるのです。

汗を出すことで体温調節ができるので熱中症予防になりますよ。

体内から水分が奪われ、血液量が減ると心臓や脳への臓器への

血液量も減ることになるので命の危険があるということですね、怖いですね。

 

スポンサードリンク

熱中症予防で運動するなら牛乳は大丈夫?

運動中は牛乳を飲むのは口の中がネチャネチャして、

気分的にあんまりよくないかもしれません。

また、暑いところに牛乳を置いておくのも腐ってしまう心配があります。

 

なので運動中はスポーツドリンクを水で半分に薄めたものを飲むとよいです。

運動をされる方にとって有効なのは運動後です。

 

運動をする人にとって特に運動後の牛乳が熱中症予防に有効です。

飲むのは運動直後が最もよく運動後30分くらいまでに飲むようにしましょう。

この30分は運動後にたんぱく質が吸収されやすいゴールデンタイムといわれています。

 

あとは、1章で説明したように

運動後のタンパク質の接種によって熱中症の予防となります。

 

スポンサードリンク

ミルクプロテインは熱中症予防になる?

 

運動をするときに、プロテインを利用する人が多いですよね。

熱中症に牛乳がいいのであればプロテインと牛乳を混ぜて飲むことで

同じような効果がるのかどうかですが、プロテインの原材料には

牛乳、大豆、卵などがあります。

 

ようするに食品なので牛乳と混ぜて飲んでもさしつかえはないのですが、

プロテインの種類によって効果を打ち消すように働く場合があるんです。

 

どの種類のプロテインを飲んでいるのかによって熱中症対策上では

牛乳で混ぜていいのか水のほうがいいのかが決まるということですね。

 

ホエイプロテインとカゼインプロテインの2種類ある牛乳から作られた

ミルクプロテインと、大豆から作られたソイプロテイン、

卵から作られたエッグプロテインの4種類のプロテインがあります。

 

あなたが飲んでいるプロテインがホエイプロテインだとすると、

ホエイプロテインはいちばん消化吸収が早いという特徴があるのに、

牛乳に混ぜて飲んでしまうと牛乳の中に含まれている消化吸収の遅い

カゼインという物質と混ざってしまいます。

 

せっかく消化吸収が早いホエイプロテインのメリットが

生かされなくなってしまうので、ホエイプロテインの場合だけは

水で溶かした方が効率がよいということになります。

 

ただ牛乳好きの方にとっては美味しいというメリットはあるかもしれませんし

その他のプロテインの場合には気にしなくてもいいのですが

自分が飲んでいるプロテインがどの種類なのかわからない

というのであればプロテインは水で飲むほうがいいですね。

 

そしてプロテインと同じようにサプリメントのアミノ酸を

摂取している人も多いですね。

ただしサプリメントのアミノ酸には色々な種類がありますが

どのようなアミノ酸であっても水で飲むようにしましょう。

 

アミノ酸は消化させずダイレクトに小腸からの吸収が可能です。

プロテインよりも圧倒的に素早く体内に吸収されるアミノ酸を

牛乳や他の食べ物と一緒に摂取してしまうと

その食べ物の消化速度に巻き込まれてしまいもったいないです。

 

まとめ

プロテインは牛乳で飲んでも害はないけれどプロテインの種類によって、

消化吸収の面から考えると水で飲むようにしたほうがいいですね。

スポンサードリンク