幼い子供は新陳代謝が激しく、暑い夏は特に体内の水分が

汗や尿になって出て行きやすくなります。

 

また、体温調節も大人ほど発達していないので

熱中症にかかりやすいのです。

 

小さなお子さんを持つ親御さんはとても

心配ですよね。

 

そして、熱中症の初期症状は夏風邪と区別がつきやすいので

やっかいなのです。

 

夏風邪もきちんと手当てしないと困りますが

熱中症は発症したときの対応がとても大切に

なってきます。

 

そこで今回は幼児の熱中症と夏風邪の違いや

発熱したときの対応などをまとめてみました。

 

スポンサードリンク

熱中症で子供の症状はどんなの?

 

熱中症は高温多湿に私たちの体が対応できなく

なると発症します。

 

初期症状としては、めまいや立ちくらみがしたり

顔が赤くなってのぼせたようになるのが

一般的です。

 

そして、筋肉痛やけいれんが起きたり

熱や腹痛や吐き気を訴える場合もあります。

 

 

さらに重症化すると意識も遠ざかるようになったり

暑いにもかかわらず、まったく汗をかかなかったり

逆に大量の汗が噴き出るなど

 

汗のかきかたの異常さがみられると

かなり危険です。

 

これらの症状は大人も子供も大差はないのですが

子供は熱中症の初期症状を

うまく言葉に出していえません。

 

周りの大人が注意して見ていてあげないと

いけないですよ。

 

スポンサードリンク

熱中症と夏風邪で子供がかかった時の違いは?

 

ところで、1章でお話しした熱中症の症状は

たとえば、顔が赤くのぼせたように見えたり

腹痛や吐き気などを訴えると

 

夏風邪をひいたかな、と思ってしまうことがあります。

夏風邪と熱中症の違いはどう見分けたらいいのか

よくわからないですよね。

 

夏風邪と熱中症の違いは

当然といえば当然ですが発症する原因が

全く違うということです。

 

熱中症は体温調節や体内の水分や塩分調節

が効かなくなっているために起こるのに対し

夏風邪はウイルス感染によって起こります。

 

ウイルス感染のため、感染したウイルスの種類

によって症状も違ってくるのですが

 

手足口病の原因とされるコクサッキーウイルスの場合は

急激な発熱や喉の炎症が起こります。

 

エンテロウイルスは喉の炎症と下痢や吐き気をもよおし

これも手足口病の原因ともいわれています。

 

そして夏風邪でもっとも多いのがプール熱といわれる

アデノウイルスが原因のものです。

 

咽頭結膜炎ともいわれるプール熱は喉の炎症や

激しい咳の症状が出ます。

 

これらを見てみるとわかるのは

夏風邪は主に喉で感染して炎症を起こし

咳などの症状が出ることが多く

腸で繁殖するのでお腹をこわすという

症状が多く出ます。

 

熱中症も腹痛を訴える症状が出ることが

ありますが、大きな違いは喉の炎症があるかないかと

咳ですね。

 

熱中症が怖いのは、体内の水分や塩分バランスが崩れ

血液が脳に回らなくなることです。

 

命にもかかわる場合があるので

早期に対策をとらないといけないのです。

 

夏風邪だと思ってしばらく様子を見ていよう

などと思ってはぜったいいけませんよ。

 

小さな子どもは抵抗力も弱く

すぐに重症化してしまいます。

 

上記のような区別はできますが、素人判断は

危険です。

どちらにしても、水分補給

できればポカリなどのアイソトニック飲料を飲ませてあげて

すぐにお医者さんに診てもらってください。

 

スポンサードリンク

熱中症で子供が夜に発熱する事はある?

 

熱中症は炎天下で起こると思っている人も

多いかもしれませんが

実は室内でも引き起こされます。

 

むしろ室内の方が重症化患者が多いといっても

いいかもしれません。

 

夜に子供が発熱をしたとき

夜だから熱中症ではないと考えるのは危険です。

 

マンションや団地の鉄筋コンクリートは

昼間の熱を蓄えているので

夜中でも高温多湿になっています。

 

人間の体は気温が高温になると

汗をかくことで体温を下げようとしますが

熱中症では体内の水分や塩分調節がうまく

行われていません。

 

そのため熱が40度以上の高温になることが多く

とても危険です。

 

梅雨時期から夏場は特に

夜中に子供が高熱を出したときには

気をつけてあげることが大切ですよ。

 

夜中でも駆けつけられるお医者さんを常日頃

調べておくようにしましょう。

 

まとめ

熱中症と夏風邪の症状の大きな違いは

喉の炎症と咳があるかないかです。

ただし、もともと喉の炎症がある中で

熱中症を発症するということも考えられるので

安易な素人判断は禁物です。

子供はうまく症状を伝えられないので

すみやかにお医者さんに診てもらいましょうね。

夜中に発熱したときも同じです。

熱中症の疑いがあるので夜中でも駆けつけられる

お医者さんを日頃から確認しておきましょう。

スポンサードリンク