毎年夏になると必ずニュースで耳するのが熱中症による救急搬送の話題です。毎年たくさんの方が病院に搬送されています。

熱中症は野外だけでなく屋内でも発症してしまいます。

十分な対策を考えておいたほうが良いですね。

 

熱中症にはいろいろな症状がありますが、その中に『腹痛』もあるのです。

熱中症で腹痛になるなんて意外と思いませんか?

どのような原因で腹痛が起こるのか?対象法は?

今回は熱中症の時に起こる『腹痛』に関してまとめてみました。

スポンサードリンク

熱中症の症状で腹痛になる?

熱中症にかかったときの症状として一般的に知られているのが、めまいや頭痛、吐き気や意識障害などですよね。

実はそれだけでなく、腹痛にもなる場合があるんです。

 

熱中症は症状によって、Ⅰ度〜Ⅲ度まで分けられています。

  • Ⅰ度(軽度)…めまい、筋肉痛や筋肉の硬直(こむら返り)
  • Ⅱ度(中度)…頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感
  • Ⅲ度(重度)…けいれん、意識障害、高体温

 

吐き気や嘔吐を伴った腹痛や下痢などはⅡ度に分類されます。中度レベルですが様子によっては病院で診察を受ける必要があります。

暑さのせいで腹痛にもなるなんてビックリですね。

 

熱中症にかかる原因で考えられるのが炎天下での運動や作業などですが、室内にいても熱中症にかかることも意外と多いようです。

特に高齢者は自分の体温が上がっていることに気が付きにくく、いつの間にか熱中症にかかっている場合があります。

 

例えば熱帯夜にエアコン代を節約しようと、エアコンをつけずに寝てしまい、朝になったらグッショリと汗をかいていた。

このようなパターンは熱中症になりやすいパターンです。

 

汗とともに塩分も体から出ていってしまうので、体のミネラルバランスが崩れてしまいます。

熱中症にはこの『ミネラルバランス』が大きく影響するのです。

 

なので、水分を補給する時に水だけをたくさん飲んでも意味がありません。余計に体の塩分濃度が薄くなってしまうので、水分と一緒に塩分も摂取する必要があります。

スポーツドリンクや経口補水液などが水分補給にはおすすめです。

 

スポンサードリンク

熱中症で腹痛と一緒に下痢にもなる?

熱中症は脳へのダメージを連想することが多いと思います。

確かに一番最初にダメージを受けるのが脳ですが、それ以外にも胃や腸などの内臓にも影響が出る場合もあります。

 

熱中症による腹痛には2種類あります。一つはお腹の筋肉がけいれんすることによって起こる腹痛です。これはⅠ度に分類される軽度の腹痛です。

対処法は涼しいところで身体を冷やして塩分と水分を補給します。

 

服を緩めて、首や脇、足の付け根の太い血管が通っている部分を冷やすと効果的です。

 

もう一つは内臓の不調による腹痛です。熱中症の影響は体の内臓にまで及ぶことがあります。こちらはⅡ度に分類されます。

この場合の腹痛が起きる時は下痢を伴うことがあります。

 

原因としては暑さだけでなく、汗をかいた時に水を一気飲みして下痢になることもあります。

下痢になった場合もミネラルバランスが悪くなっているので、スポーツドリンクや経口補水液などで塩分と水分を取るようにしてください。

そして、涼しいところで体を冷やして様子を見ましょう。

もし、自分で飲めなかったり、嘔吐をするくらいの重症な場合は点滴を打つ必要があるかもしれませんので、早急に病院で診察を受けてください。

 

スポンサードリンク

熱中症の症状で子供の腹痛で気を付けるポイント!

子供が熱中症で重症となることはあまり多くはありません。なぜなら、大人が常に様子を見ているので、具合が悪くなったらすぐに気がつくからです。

軽症の段階で治療ができるので比較的軽いうちに完治してしまいます。

 

ただし次のような場合には、より注意が必要です。

炎天下でスポーツをしていて、ついつい水分補給を忘れてしまったり、車などの暑いところに放置してしまった。などの場合は重症化する恐れがあります。

 

暑い日に子供が『お腹が痛い』や『吐き気がする』と訴えてきたり、嘔吐をしたりした場合は熱中症を疑ってもいいでしょう。

子供が熱中症で腹痛になった場合の対処法ですが、基本的には同じように涼しいところで体を冷やすのが効果的です。

 

この時熱を下げようと解熱剤を飲ませても効果がありませんので、氷嚢などで冷やすことを優先してください。

 

首や脇、足の付け根などに通る太い血管を冷やすことで血液が冷やされ、冷えた血液が脳を冷やすことで症状が治まっていきます。

また、子供に水分を取らせる場合もスポーツドリンクや経口補水液が有効です。

腹痛がひどい場合や嘔吐がある場合はすぐに、病院で診察をしてもらいましょう。

 

まとめ

熱中症は気温の高さが大きく影響する病気です。野外にいるときには水分と塩分の補給をこまめに行うことで予防ができます。

室内で過ごす場合にも適度に水分と塩分の補給をして、エアコンを使用して涼しくするのが予防となります。

エアコン代がもったいないなどと言って、我慢すると熱中症にかかってしまうかもしれません。

 

小さなお子様がいる時は、必ず暑い場所に放置することのないように注意してください。

常に様子を伺って、少しでも体調に変化があった場合は適切な対処をしてください。不安な場合はすぐに病院に連れていきましょう。

 

スポンサードリンク