暑くなると熱中症になる人が増えます。

そしてあまり暑くなくてもなってしまうのが熱中症なのです。

熱中症というと、炎天下で起こるものと勘違いしている人もいますが、体がまだ暑さに慣れていない春や、室内でも引き起こされることも多いのです。

 

そして熱中症の症状も、汗がどっと出て顔が真っ赤になって立ちくらみがするなどというものだけではなく、頭痛やこむら返りなどの筋肉のけいれん、発熱、下痢や嘔吐などさまざまです。

 

下痢を起こすと、何か悪いものでも食べたのが原因だと思ってしまう可能性が高いですね。

 

熱中症の下痢と食あたりの下痢では原因が違うので、処置方法も違ってきます。

子供の場合はまだ体温調節が上手くいかないので熱中症になると危険度も増します。

そこで今回は、子供も大人も熱中症で下痢になるメカニズムや対処法などをまとめてみました。

スポンサードリンク

熱中症で下痢ってなぜなる?

下痢になるとまず疑うのが、食中毒や食あたりなどですね。

熱中症とはあまり思わないかもしれませんが、熱中症で下痢になることがあるのです。

 

なぜ熱中症で下痢になるかというと、私たちの体は暑くなると汗をかくことによる気化熱で体を冷やそうとします。

汗をどんどんかくと体内の水分と一緒に体の調節機能のために必要なカリウムなどのミネラルも一緒に体内から出て行ってしまい不足します。

 

ミネラルバランスが崩れると、血液の循環が上手くいかなくなります。

血液により栄養分を取り入れている脳や臓器の働きが上手くいかなくなり下痢が引き起こされるのと、熱中症になりかけのときに大量の水を飲むと、体内の水分とミネラルの比率がますます狂ってしまいます。

つまりミネラル成分の割合が極端に少なくなってしまうのです。

 

すると、体は水分とミネラルの割合を取り戻そうとするべく、水分を体内から排出しようとします。

それが熱中症での下痢になるメカニズムです。

 

スポンサードリンク

熱中症で下痢が止まらないときはどうしたらいい?

熱中症で下痢が止まらないときには注意が必要です。

水分が出続けて脱水症状を起こすからです。

 

冒頭でもお話ししましたが、熱中症は少し休んでいたら良くなるというように簡単に考えているときけません。

命の危険もある怖い病だと認識しておきましょう。

 

熱中症で下痢になるのは、症状としては中度程度と考えてください。

熱中症を発症すると必ず下痢になるというものではありませんが、暑いところにいた後に下痢の症状が出た場合は速やかに病院で診てもらうようにしたほうがいいですね。

 

下痢をすると正露丸などの市販薬を飲む人が多いですが、1章でお話ししたように熱中症での下痢は、食あたりなどの下痢と発症のメカニズムが違うので正露丸では症状が治まらないのです。

 

熱中症を疑うような状況での下痢では市販薬に頼らないで病院へ行き、お医者さんに処方してもらった薬を飲むようにしなければいけません。

 

ただ、自分は炎天下にいたことはないので熱中症にはなるはずがない、と思ってしまう人が多いのです。

熱中症は室内でも起こります。

実は熱中症での死亡は夏の屋内で発症したという人が一番多いのですよ。

スポンサードリンク

熱中症で下痢を子供がしているならどうしたらいい?

子供は大人よりお腹をこわしやすいものです。

特に男の子はお腹が弱い傾向がありますね。

子供が熱中症で下痢をしている場合は、もちろん病院で診てもらうようにしましょう。

 

下痢の症状が出たら、経口保水腋などを飲ませてあげてください。

ポカリスエットやアクエリアスでもいいですよ。

 

熱中症の予防のときには、塩分や糖分の摂りすぎを心配して薄めて飲む場合が多いかもしれませんが、下痢の症状が出た場合は薄めなくてかまいません。

 

お茶やお水など、ミネラルの入っていない水分だと、さらに体内のミネラルバランスが崩れて下痢が重症化する場合があるので注意が飲ませないようにしましょう。

まとめ

暑いところや湿度が高い所にいた後に下痢の症状が出たら、熱中症の可能性もあります。

熱中症は重症化すると命の危険もあるので初期対応が重要になります。

子供は自分の症状を上手く表現できません。

子供がぐたっとしていて下痢をしたら注意が必要です。

大人も子供も速やかに病院で診てもらうようにしてくださいね。

スポンサードリンク