三重県の桑名市にあるなばなの里、四季ごとにいろいろなきれいな花が咲き、また冬に行われるイルミネーションは規模も大きくたくさんの人が訪れる人気のスポットですね。

 

せっかく以降と計画しても天気予報で雨模様、行くのを迷われていてもマメの日でも大丈夫。

 

雨の日の楽しみ方をお伝えしますね。

スポンサードリンク

なばなの里は雨の日でも大丈夫?

なばなの里は雨の日でもイルミネーションはしています。

 

土砂降りの嵐、の時はさすがに中止にする方がいいでしょうが、小雨くらいならむしろおすすめです。

 

おすすめポイントはなんと言っても晴れの日は混雑がひどくゆっくり見ることができないですが、入場者がいつもより少なく、ゆっくり楽しめることです。

 

せっかくのきれいなイルミネーションも混雑していると時間をかけて立ち止まったり、写真を撮ったりできませんが、人が少ないとせかされることなく見られるのが最大のポイントです。

 

園内を一望できるアトラクションのアイランド富士は雨をよけられるし、光のトンネルもちょっと水たまりはできていますが、レインコートを着用しても楽しむことができますよ。

 

ただ、イルミネーションの時期は冬なので、雨にぬれると寒いかもしれません。

 

防寒対策はしっかりしていってくださいね。

 

スポンサードリンク

なばなの里で雨の日にもイルミネーションはやる?

土砂降りでもない限りイルミネーションはしています。

 

公式ホームページに載っていますが、

「雨天時はイルミネーションがきれいに見られて実はおすすめ!光が地面に反射してとても幻想的な空間になります。」

とあります。

 

雨の粒に反射してキラキラとより輝きますね。

 

また光のトンネルの下にできている水たまりも光が映りこんでとってもきれいですよ。

 

スポンサードリンク

なばなの里で雨の日のデートはどうしたらいい?

せっかくのなばなの里でのデート、雨の日でもがっかりする事はありません。

 

むしろいつもより幻想的に見られるイルミネーションにロマンチックな気分になれそうです。

 

メインのイルミネーションは屋根のある展望台で見ることもできますし、アイランド富士に乗って一望するのもおすすめです。(料金:500円)

 

アイランド富士は7分間かけて地上45mまで上がり、一番上まで上ると360°回転するので園内や周辺の景色まで見渡せます。

 

ただなばなの里は再入場ができないので、雨が降りそうなら傘やレインコートを、寒い日なら上着などを持って入場しましょう。

 

園内には6つの大きなスポットがあります。

 

・光の雲海

 

・ツインツリー

 

・水上イルミネーション

 

・光のトンネル(200m)

 

・テーマエリア

 

・光のトンネル(100m)

 

この中でもデートに最適なスポットは光の雲海とツインツリーです。

 

光の雲海はビール園前の場所で、一面ブルーの光であふれ、雲の上にいるようなロマンチックな気分になれます。

 

そこに小道があり、クリスタルホワイトのアーチが飾られてその先にチャペルがあるんです。

 

アーチは細めの幅3mで、2人で並んで歩くにはでちょうどいい広さです。

 

そのアーチを2人で通ると幸せになれるといわれていて、告白するにはおすすめのスポットですよ。

 

もう1つのおすすめスポットのツインツリーはなばなの里のチャペルの前に立っているシンボルツリーです。

 

高さ約20mの2本のヒマラヤスギで、とても大きな木にLED電球を惜しみなくつけていて、素敵なイルミネーションのツリーになっています。

 

ここは写真スポットとしても人気で、チャペルを背景に記念のショットをとってもいいですね。

 

また近くに水上イルミネーションがあるので、一緒に見るのもお勧めです。

 

まとめ

 

2004年から始まったイルミネーションも今期で15年目、毎年テーマを決めてのイルミネーションです。

 

今年のテーマの発表も楽しみですね。

 

雨の日もイルミネーションは中止することなく楽しめますので、安心してお出かけしてくださいね。

スポンサードリンク