四季ごとにさまざまな花々が咲き乱れ、国内最大級のベゴニアガーデンは年中楽しめる三重県のなばなの里にいってみたいですね。

 

公共交通機関の利用を勧められていますが、マイカーだと気軽に楽しめます。

 

ここでは車で行く時のよりよいアクセスをお知らせします。

スポンサードリンク

なばなの里の駐車場の情報!

なばなの里は三重県桑名市長島にあります。

 

長島ICから車で約10分、名古屋からでも約30分です。

 

JRや近鉄など公共交通機関もアクセスが便利ですが、やはり車での移動は時間の束縛もなく、荷物が増えても便利ですよね。

 

でもイザ車で行って駐車場が満車でどこに止めたらいいかイライラするのはイヤなので、どうしようか迷うところです。

 

でもなばなの里は大丈夫です。

 

園内に3000台の常設駐車場が用意されています。

 

しかもなんと 無料 です。

 

うれしいし安心ですね。

 

スポンサードリンク

なばなの里の周辺の駐車場はここ!

混雑する時期は伊勢湾岸道路 湾岸長島ICすぐそばのナガシマスパーランド内に臨時駐車場を設け、2700台さらに増えて5700台止められるのでうれしいですね。

もちろんこちらも無料駐車場です。

 

また特定日という混雑している時期の土日、15時~19時はパークアンドライドが実施されます。

 

特定日は公式ホームページで確認してくださいね。

 

特定日は無料シャトルバスも運行されていますよ。

 

混雑状況によって変わりますが、約10分で運行されていますし、こちらも安心ですね。

 

ただシャトルバスが運行されている時間帯は、なばなの里の駐車場には入れなくなります。

 

シャトルバスはなばなの里の閉園時間まで運行しているのでゆっくり楽しめますが、やはり近くに止めたいと思うのなら、乗り入れ規制のかかる15時前までになばなの里の駐車場に止めるのをおすすめします。

 

いずれにしても駐車場料金はシャトルバスを利用しても無料ですので、うれしいですね。

スポンサードリンク

なばなの里と周辺の駐車場の混雑状況

ではいつの時期に混雑するのでしょうか?

 

年間を通して楽しめるなばなの里ですが、混雑する時期は、まずチューリップの開花する春の時期とイルミネーションの時期です。

 

中でも一番混雑する時期はイルミネーションの時期といわれています。

 

イルミネーションは全国イルミネーションランキング1位になったこともあり、リピーターも多いです。

 

期間も10月中旬から翌年5月初旬まで開催されていてこの時期はとても混雑するんです。

 

特に混雑する日は特定日といって、特定日はパークアンドライドが実施されます。

 

この日は12月中旬の土曜日やクリスマスイブとクリスマス当日などですが、詳しくはホームページで発表されるので、アクセス情報内をチェックしてくださいね。

 

特定日の15時から19時はなばなの里の里内には駐車できなくなるので、注意が必要です。

 

この時期、この時間は全ての車がナガシマスパーランドに誘導されるため、周辺はとても混雑します。

 

特にナガシマスパーランド側に臨時駐車場から帰るときに北上路として使われる県道7号線は信号も多いためとても混雑します。

 

その場合は有料道路になりますが、伊勢湾湾岸道路の湾岸長島ICを通っていく方が便利なのでおすすめします。

 

お金はかかりますが、イライラしながら待つより迂回した方が早く渋滞を回避でしますよ。

 

混雑時期は臨時駐車場も含めて5700台に増設されるので安心ですが、少し遠くの駐車場に止めて無料シャトルバスを利用するため、時間の余裕も見て動くことが大事です。

 

まとめ

 

四季折々のきれいな花に囲まれて、規模の大きなイルミネーションなど何度も訪れたくなるなばなの里ですね。

 

公共交通機関で行くことが勧められていますが、そうは言われても乗り物の時間を調べて合わせていくよりもマイカーで行くほうが気軽に楽しめますね。

 

行く時期や時間によってより便利な方法がありますので、駐車場や混雑情報をチェックして安心してなばなの里で楽しんでくださいね。

スポンサードリンク