四季ごとにさまざまな花々が咲き乱れ、国内最大級のベゴニアガーデンは年中楽しめる三重県のなばなの里、何度も行きたくなりますね。

 

せっかく訪れたらお土産もゲットして帰りたいですね。

 

家族で楽しむのも、お友達やご近所に渡すお土産、どのようなものがいいのでしょうか?

スポンサードリンク

なばなの里のお土産屋さんの情報!

なばなの里の里内にはショッピングできるお店屋さんが3つあります。

 

では1つずつご紹介しますね。

 

まず1つ目はグルメ、おみやげ、名産、特産のものを扱っている「村の市」です。

 

開店は9時で閉園時間まで営業していて、お買い物はもちろん、テイクアウトしてその場で食べることもできます。

 

村の市ではお菓子やヘルシー食品の漬物。地元名産のしぐれや季節の雑貨、ピーターラビットグッズなどもあります。

おすすめなので、ぜひとも寄ってみてください。

 

2つ目はパン&ケーキ工房のテン・ツーファイブです。

 

こちらも営業時間は9時から閉園時間まででゆっくり楽しめます。

 

パンやケーキ、ソフトクリームなどがあり、イートインできるカフェもあります。

 

3つ目は東海地区品揃え最大級の花市場です。

 

こちらは9時から17時まででここでのお買い物だけなら入園料は無料で利用できます。

 

様々な花や苗などのほかガーデニンググッズなどもあり、また地元野菜なども販売しています。

 

スポンサードリンク

なばなの里で人気のお土産は?

村の市では地ビールが楽しめます。また名産品のうま天やシジミコロッケ、ハムやソーセージも人気です。

 

地ビールは持ち帰り用もありますので、お土産にもなりますね。

 

テン・ツーファイブでは11時ごろ焼きあがるプレミアム食パンが人気ですが、焼きたてパンもたくさんの種類があります。

 

天然の甘味料の羅漢果を使ったプリンやクッキーも人気があります。

 

花市場は切花や鉢花、花苗、観葉植物、花束やアレンジメントフラワーが格安な値段で購入できます。

 

また粉末にしたなばなを練りこんだうどんもなばなの里の限定品として売られているので、お土産に喜ばれます。

 

スポンサードリンク

なばなの里でお土産にお菓子を選ぶならなに?

2017年のお菓子のお土産ランキングベスト5をご紹介しますね。

 

職場やお友達には賞味期限がある程度長いお菓子が人気です。

 

第5位、なばなの里プリントクッキー お土産の定番ですね。

 

第4位、なばなの里はちみつケーキ はちみつクリームをはさんだふわふわケーキです。

 

第3位、ぷちふぃなんしぇ  バターを使った焼き菓子です。

 

第2位、なずなの里 限定 栗たると 栗がたくさん入っています。

 

第1位、やきほろろ 食べた食感がほろほろとしたクッキーです。

 

いずれも日持ちも長く、お値段も1000円前後で手ごろの値段なので、気軽にお土産にできそうですね。

 

また日持ちはしませんが、桑名名産の北海道の小豆で作った餡をお持ちでくるんだ安永餅や飛騨から取り寄せたもち米で串だんごを作りしょうゆだれを絡ませた飛騨だんごもお子さんからお年寄りまで楽しめますね。

 

テン・ツーファイブで購入できる焼きたてのパンも人気です。

 

中でも生で食べるとおいしいプレミアム食パンやメロンパンが人気ですよ。

 

羅漢果プリンや羅漢果クッキーも天然の材料を使っていますので日持ちはしませんが、珍しいのでお土産にいかがでしょうか?

 

ちょっと変わったお土産があります。

 

イルミネーションを見た後、自宅でも気軽にLEDでデコレーションしたくなった方のご要望に応えて、めずらしい乾電池式タイマーつきのLEDライト100球10mタイプがあります。

 

消灯・点灯も自動で点灯演出パターンが8種類と楽しめます。

 

単三電池3個が必要ですが、2000円とかなりお買い得ですよ。

まとめ

なばなの里の行って楽しむだけではなく、めずらしいものやおいしいものをゲットして、家でも楽しんだりお友達と一緒に楽しんでくださいね。

 

スポンサードリンク