軽い熱中症になってから、なんとか熱中症は治まったようなのですが、

その後下痢が何日も続いていて心配ですよね。

 

実熱中症の症状の一つに下痢があるということはあまり知られて

いないようですね。

夏場、お腹をこわす人が多くなるのですが、

ただ単に冷たいものの飲み過ぎや、暑い屋外とクーラーの効いた屋内との

温度差などが原因ということもありますが

実は熱中症が原因ということもあるのです。

 

そこで、熱中症になって下痢になる原因、

熱中症が原因の下痢がなかなか治らないのはどうしてなのか、

どうしたら治るのかなどをまとめてみました。

 

原因が分かれば対策がとれるものです。

ぜひ参考にして暑い夏を元気に乗り切ってくださいね。

スポンサードリンク

熱中症での下痢の原因、治らないときの原因は?

 

熱中症での下痢の原因はミネラルや塩分不足のためです。

暑いとき、のどが渇き水分を補給しますよね。

熱中症にたってしまったり、大量に汗をかいたときなど

水分だけを補給してしまうと塩分やミネラルが

薄められてしまいます。

 

体内の塩分やミネラルが薄められるとどうなるかというと

人間の体はバランスをとろうとして水分を体外へ出そうとするのです。

まさにこれが下痢という症状となって現れるのです。

 

下痢がバランスをとろうとする働きの一種だとすると

バランスを上手くとれなかったときはどうなるのでしょうか?

私は夏場になると朝目覚めるときに、寝たままで伸びをしようとすると

ふくらはぎに痙攣が起こることがあります。

 

そうなんです!バランスを上手く摂れなかったときに現れるのが

痙攣なんです。

 

食後に毎回下痢の症状が現れるというのは

熱中症の初期症状である場合といえますから

水分とともに塩分、そしてミネラルを摂取しましょうね。

 

また、下痢の原因が熱中症だと知っていても、

塩分とミネラル不足になっているということに気づかないと、

さらに水分だけをとることになり

症状を悪化、いつまでも下痢が治らないということ

なってしまいますから怖いです。

 

スポンサードリンク

熱中症で下痢の時の対処、医者に行く方がいい?

熱中症が原因の下痢には塩分やミネラル不足を補う必要がある

ということがわかりましたね!

熱中症にかかっていて、しかも下痢の症状が出ているというときには

体力の低下が起こっています。

 

もちろん胃腸の機能も低下しているいので、

冷たいものを一気に飲んだり食べたりすると症状が悪化してしまいますから

できるだけ体を休めて、消化のよいものを良く噛んで食べるようにしましょう。

 

もちろん適度な塩分の補給と、ミネラルたっぷりの

飲みものや食べ物を忘れず摂りましょう。

 

そして熱中症が原因の下痢でない可能性もあります。

症状が一向に治まらない場合は胃や腸など

内臓の病気の可能性もありますから早めにお医者さんで視てもらいましょうね。

 

 

スポンサードリンク

熱中症で下痢の時の食事、水はどうしたらいい?

 

熱中症が原因のときには何を食べればいいでしょうか?

塩分とミネラルを摂るために一番てっとりばやいのが梅干しです!

それと、わかめ入りのお味噌汁もいいですね。

 

水分補給にはミネラル入りの麦茶やスポーツドリンクなどを

こまめに摂るようにしましょう。

 

逆に避けるべき食べ物は、消化の悪いもの、冷たすぎるものです。

たとえば、こってりしたラーメンや揚げ物、脂っこい食べ物は

体調がしっかり戻るまでは我慢ですよ!

 

まとめ

塩分とミネラルの不足が原因の熱中症による下痢対策は

梅干しやワカメ入りのお味噌汁をとりましょう。

そして体を休めることも心掛けましょうね。

スポンサードリンク