暑くなると熱中症が心配ですよね。

わが家の息子が小学3年生の時、熱中症になったことがあります。

子供にいつも着いて回るわけにもいかず、

息子には注意するよう言い聞かせてはいますが、

夏になると心配していました。

 

母親としては食べ物で熱中症を予防するものはないのかと思い

調べたり工夫したりしています。

そして、もう一歩踏み込んで熱中症になりにくい体づくりのため、

食べ物に気をつけていこうと頑張っています。

 

その甲斐あってか今中学生の息子はそれ以来

熱中症にもならず元気です。

今回は熱中症になりにくい食べ物と子供向けレシピをご紹介します。

参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

熱中症の予防対策になる食べ物はなに?

 

熱中症対策には水分と塩分というのは常識ですよね。

でもそれに加えてミネラルが必要なんです!

 

ミネラルには、カルシウム、鉄分、ナトリウム、マグネシウム、

カリウム、亜鉛があります。

これらの栄養素が含まれている食べ物をしっかりとることが

熱中症対策にとって必要なのです。

 

とくにカリウムは水分の保持に関わるので脱水症予防に必要です。

水、塩、ミネラルの三位一体と、

それに加えて疲労回復に効くクエン酸や抗酸化作用のあるビタミンC

元気の元のビタミンB1もぜひ摂りたい栄養素です。

 

具体的にどのような食べ物がいいのかご紹介します。

いくら熱中症対策だからといっても、

子供が美味しく喜んで食べてくれるものでないと

意味ないですよね。

 

スイカ

ミネラルを多く含む食べ物で夏に手に入りやすいものといえば、

なんといってもスイカです。

スイカはなんとカリウム、マグネシウム、ナトリウムなどを多く含んでいる

ミネラルの宝庫ともいえる果物です。

それに水分が90%も占めているんですよ!

水分補給としても最高の食べ物です。

 

スイカはお塩をかけて食べれば塩分補給にもなります。

それにしても夏に摂れる食べ物が熱中症対策にこんなに適していて、

しかもお塩をかけて食べると美味しいなんて、

自然の摂理の素晴らしさを感じませんか?

やっぱり旬の物は体にいいのだとあらためて思います。

 

トマト

トマトもカリウム豊富で水分含有率も高いのでおすすめです。

スイカ同様お塩を少量かけて食べれば最高です。

強力な抗酸化作用のあるリコピンやクエン酸も摂れますから

熱中症対策にはとっておきの食材ですよ。

 

バナナ

バナナにもとても多くのカリウムが含まれています。

安価なうえ、手で皮をむくだけで食べられるとても有難い果物です。

熱中症対策にも優れているので夏場のおやつにぜひ多用したいですね。

 

レモン

レモンにはクエン酸が多く含まれているので、

自家製のレモンジュースなどを常備しておくのもいいですね。

 

クエン酸を摂取するには塩分も摂れる梅干しを大人にはおすすめしますが

息子が喜ぶので、わが家では子ども用にはもっぱらレモンジュースです。

もちろん梅干しも食べてますよ。

豚肉

豚肉は元気の源といえるビタミンB1をたっぷり摂れます。

ビタミンB1は炭水化物に含まれる糖質をエネルギーに変えてくれます。

 

でも水に溶けやすいという性質があるビタミンB1は

汗を多くかく夏場に不足しがちになってしまうのです。

暑さとともに、こうしたことも夏にぐったりしてしまう

原因の1つなんですね。

 

豚肉は夏バテなどしない元気な体作りにはとっても適しています。

ビタミンB1を摂って、熱中症になりにくい体力を日頃からつけておきましょう。

 

牛乳

牛乳自体が水分補給になりますが、同時にアルブミンという物質の作用で

血液に水分が多く取り込まれ、汗が出やすく熱中症対策になります。

牛乳だけでなく乳製品でもOKですよ。

運動後30分以内に摂るのが効果的です。

 

スポンサードリンク

熱中症の予防になる食事のレシピは?

 

トマトと豚肉、それぞれを使ったものをご紹介します。

体内の水分バランスを整えるためのカリウム、抗酸化作用のあるリコピン、

体内に溜まった乳酸を抑制してくれるクエン酸など

トマトが赤くなると医者が青くなる、と昔からいわれているほど

トマトは体にいい野菜です。

 

豚肉はビタミンB1が豊富です。ビタミンB1は糖質をエネルギーに

変えるときに必要です。日頃から熱中症にならない体作りをしておくことが

熱中症対策にはなにより重要ですよ。

トマトとツナとチーズとマッシュルームのホイル焼き(1人分)

チーズでアルブミン、レモンやバジル、マッシュルームでカリウムが摂れて

熱中症対策にとってもいいレシピです。

 

大きめのトマト1個

ツナ(ツナ缶半分)

マッシュルーム(適量)(マッシュルーム缶使用)

とろけるチーズ(適量)

塩(適量)

コショウ(適量)

オリーブオイル 大さじ1

お好みでレモンやバジルなど

 

①洗ったトマトを皮をむかず薄めにスライスする

 

②スライスしたトマトとツナとマッシュルームを

オリーブオイルと塩コショウであえる。

 

③出来上がったときにトマトの水分がない方がよいという場合は

トマトの中のグジュグジュしたところは取り除いてもOKです。

 

④アルミホイルにスライスしたトマトを並べ

間にとろけるチーズとマッシュルームとツナをはさみ込む。

 

⑤アルミホイルでしっかりと包み込みトースターで15分焼いて

トマトがやわらかくしな~っとなっていたらできあがりです。

 

⑥お好みで最後にレモンやバジルをかけても美味しいですよ。

 

豚肉の生姜焼き2人分

 

豚バラスライス200g

小麦粉 大さじ2

調味料として

お酒 大さじ3

おろしショウガ 適量

醤油 大さじ3

みりん 大さじ3

 

①調味料として おろしショウガ、お酒、醤油、みりん 各おおさじ3を混ぜる

 

②豚肉に小麦粉をまぶす

 

③油なしでフライパンで①を焼く

 

④ ①の調味料と③をからめながら焼く

 

付け合わせとしてたっぷりのキャベツのみじん切りや

ブロッコリーを茹でたものを添えれば

カリウムも摂れて最高の熱中症対策の食べ物になりますよ。

 

スポンサードリンク

熱中症の予防対策で子供が喜ぶレシピは?

 

子供が喜ぶトマトケチャップスパゲティー(1人分)

トマトだけでなくピーマン、マッシュルーム、玉ねぎ、ニンジン、ハム

にもカリウムが含まれていますよ。

 

ベーコンやウインナー、ハムなど

トマト 小2分の1

たまねぎ 小3分の1

にんじん 4分の1

ピーマン 1個

マッシュルーム(お好みで)(マッシュルーム缶使用)

 

トマトケチャップ  (お好みの量で)

バター(マーガリン)  〃

コンソメ 2分の1個

オリーブオイル 大さじ2分の1

ブラックペッパー 適量

 

①パスタを茹でる

②トマトをサイコロ状にカットする

③ ①の茹で汁を少しとって、コンソメ2分の1個を溶かす

④固いのでニンジンとピーマンは細く切り、先にオリーブオイルで炒める

そのあと玉ねぎとベーコンやウインナーも一緒に炒める

 

⑤ ③にコンソメ汁と茹でたパスタ、トマトケチャップをからませ炒める

⑥火を止める少し前にサイコロ状にカットしたトマトを加えて軽く熱を通す

⑦火を止める直前にスプーン一杯のバターかマーガリンをフライパンのふちに落し、

パスタにからませ、ブラックペッパーで味をととのえる

⑧お皿に盛りつけてからお好みで粉チーズやバジルなどを

振りかければ出来上がりです。

 

おやつにはバニラアイスクリームをお皿に移し替え、バナナのスライスと

プルーンを添えてみてはいかがでしょうか?

バナナもプルーンもとてもカリウムを多く含まれているので

見た目にも美味しく、子供もきっと喜んでくれると思いますよ。

 

まとめ

ミネラルをたっぷり摂らないといくら水分をとっても

熱中症対策には不十分だということはわかりましたね。

こうしてみてみるとミネラルを含んだ食材ってけっこう多いんだな

と思いませんか?

日頃からバランスよくいろいろな食品を摂ることが必要だということですね。

 

 

スポンサードリンク