fa1fd27ad8c0a1a8b507e89564970881_s

東福寺は京都市東山区にある紅葉の名所でもあり、

葉の先が3つに分かれているという数十本の通天もみじが有名です。

通天もみじは黄金色に染まることで注目を集めています。

 

境内には2000本ものカエデが咲き誇る様が見られます。

彩り豊かな紅葉と落ち葉のじゅうたんに染まる絶景はとても見ごたえがあります。

 

東福寺最大の人気スポットと言えば通天橋から見る紅葉です。

東福寺に出かけたら必ず眺めたい絶景です。

 

その人気ぶりはたびたびメディアにも取り上げられており、

紅葉シーズンは観光客がどっと押し寄せています。

京都でナンバー1の紅葉スポットなので海外から多数の観光客が集まるのも納得です。

 

20万平方メートルという広大な境内には紅葉だけでなく、

国宝である室町最古の三門や室町時代の建築様式が見られます。

多くの文化財を所蔵しているのでこちらも楽しめます。

スポンサードリンク

東福寺の紅葉の見頃は?

東福寺の紅葉のピークは11月中旬から12月上旬です。

特に11月中は美しい紅葉を見るためには外せない時期です。

 

この時期は東福寺塔頭・勝林寺が日没から19時30分まで

紅葉の夜間ライトアップを開催するのでお見逃しなくお越しください。

 

東福寺塔頭・天得院のライトアップは20時30分までの予定です。

こちらは枯山水の庭園のライトアップなのでまた違った風情があります。

幻想的な夜の紅葉を楽しみにお出かけくださいね。

 

スポンサードリンク

東福寺の紅葉時の混雑具合は?

東福寺は紅葉の名所ですので、混雑時には入場券を買うだけでも並びます。

紅葉のピークの土日は入場券を買うために30分以上並ぶことも珍しくありません。

 

東福寺は見学に2時間程度あればまわれてしまいますが、

混雑時には入場券購入も入れて少なくとも3時間は確保したいところです。

 

特に通天橋付近は大変混んでいます。

紅葉シーズンは出来れば平日狙いで行くとゆっくり過ごせます。

 

紅葉の時期の道路は毎年渋滞します。

平日はまだよいのですが、土日ともなるとバスや車は動きません。

歩く人も混雑します。紅葉の季節は車はあきらめて電車が良いでしょう。

スポンサードリンク

東福寺の紅葉を見るためのアクセスは?

東福寺は初めてでもわかりやすい場所にあるお寺です。

京都駅では電車やバス、タクシーが便利ですし、散歩がてら徒歩でも楽しめます。

 

JR京都駅からJR奈良線の東福寺駅で降りて徒歩10分程度です。

快速電車に乗ればJR京都駅より1駅です。

 

JR京都駅より市バスに乗れば東福寺バス停で下車徒歩10分です。

タクシーでも10分程度で到着しますから大変アクセスしやすい場所にあります。

また、JR京都駅からそのまま徒歩でも15分~20分程度です。

【HP】

京都観光ナビ

https://kanko.city.kyoto.lg.jp/detail.php?InforKindCode=1&ManageCode=1000236

【東福寺HP】

http://www.tofukuji.jp/

 

【問い合わせ先】

(東福寺)

臨済宗大本山東福寺

075-561-0087

【アクセス】

京都市東山区本町15丁目778

【地図】

【電車】

JR東福寺 下車

京阪電車 東福寺下車 徒歩10分

市バス JR京都駅より 東福寺下車 徒歩10分

 

名神高速道路 京都南インターから約10分

駐車場有・30台分なのでなるべく公共交通機関の利用をお願いします。

※紅葉時期10月下旬~12月上旬は混雑のため駐車場を閉鎖しています。

 

【入園料が必要です】

大人400円・高校生・大学生 400円・小中学生300円(通天橋・開山堂拝観料)

東福寺本坊庭園の拝観料も別途同額かかります。

 

【営業時間】

9:00~16:00

まとめ

東福寺は紅葉が有名ですがそれだけではありません。

国宝の三門や多くの文化財を紅葉と一緒に楽しんで下さい。

 

JR京都駅からアクセスしやすく初めての方でも迷わずに行けます。

昼の紅葉の彩りと幻想的な夜のライトアップの両方をぜひ見に行きましょう。

 

 

スポンサードリンク