最近スーパーやコンビニでよく見かけるようになったサラダチキン。

 

ダイエットにも効果的と一時期は品薄になるほどでした。

 

また筋トレといえばプロテインと連想するように体を鍛えるにはプロテインも取っているという方もいるでしょう。

 

ここでは、筋トレ後にタンパク質を取るためにサラダチキンとプロテイン、どちらが効果的かお伝えします。

 

スポンサードリンク

サラダチキンとプロテインでは筋トレ後にどちらがいい?

筋トレをして筋肉量を増やすと、かっこよいマッチョになれるだけではなく、基礎代謝があがりダイエットにもつながります。

 

筋肉量を増やすには、もちろん運動も必要ですが、良質のタンパク質をとることも重要になります。

 

筋トレの目的が強靭な筋肉・体を手に入れるのなら、タンパク質をとるのは体への栄養吸収率が高まるトレーニング後30分以内がよいです。

 

サラダチキンは固形物なので、消化吸収するまでに時間がかかってしまうことから、吸収の早いプロテインの方がお勧めです。

 

プロテインもホエイ、カゼイン、ソイと3種類ありますが、吸収が一番早いホエイプロテインが適しています。

 

ちなみに健康維持のために栄養バランスを整えるためにプロテインを取るのなら食事前後、疲労回復が目的なら就寝前がよいタイミングです。

 

ただプロテインはあくまでもサブ的な取り方で、バランスの取れた食事を取ることはとても大事なことです。

 

スポンサードリンク

サラダチキンとプロテインは成分としてダイエット的にはどっちがいい?

 

ではダイエットの場合はサラダチキンとプロテインはどちらがよいでしょうか?

 

ダイエットでは適度の運動とバランスのよい食事が大事です。

 

摂取カロリーが消化カロリーより多いと体に残っていき、体重増加していきます。

 

ダイエットするには摂取カロリーを抑えて体に蓄えている余分なものを使っていけばやせられます。

 

カロリーが高いものは、1、脂質・2、糖質・3タンパク質になっています。

 

全く取らないのはバランスが崩れて体に悪影響を及ぼしますが、最低限の摂取にしたいものです。

 

サラダチキンもプロテインも高タンパク質でよいのですが、物によってはプロテインは飲みやすくするため甘さを加えて糖質が高いものもあります。

 

したがって成分をよく確認して摂取することが大事です。

 

また急激なダイエットはリバウンドを起こしたり、体調を悪くしがちです。

 

食事としてよく噛んで食べることができるサラダチキンの方が満腹感も得られやすいため、ダイエットには適していると思われます。

スポンサードリンク

サラダチキンとプロテインバーだと、どっちがいい?

最近はプロテインバーやゼリーのように手軽に食べられるものも増えてきました。

 

どうしても時間がなく食事抜きになってしまう場合は補助食としてはとても便利です。

 

人間の体は決まった時間に食べ物が入ってこないと、危機感を持って次に入ってきたカロリーを必要以上に溜め込む性質があります。

 

なので量は少なくても3度の食事をキチンと取ることが長い目で見て重要なことです。

 

またながら食べができるプロテインバーやゼリーは脳が食事をしたという認識が少なく満足間が得られにくくなります。

 

またプロテインバーやゼリーなどは食べやすいように糖質や脂質を加えているものも多くあり、一方サラダチキンは添加物が少なくなっています。

 

このことからダイエットする場合は3度の食事をキチンと低カロリーで高タンパクのものでとり、補助的にプロテインバーやゼリーを取ることがよいと思います。

 

まとめ

健康でスタイルがよい体、みんなが憧れます。

 

好きなものばかり食べていては手に入らないものです。

 

低カロリー、高タンパクの食材のサラダチキンや筋トレの後すばやくタンパク質の補給ができるプロテイン、目的やとる時間を考えて選んでみましょう。

 

賢く取って理想的な体を手に入れましょう。

スポンサードリンク