b5d550ca13f94679fe211db201673961_s

ついに憧れの一眼レフを購入!

せっかくなら富士山まで行って山と桜の写真が撮ってみたい。

今回は写真を撮るのに持ってこいのスポットを紹介していきます!

 

スポンサードリンク

富士山と桜がきれいに写る撮影スポット!

桜と富士山を一緒に写したい!

けれど、富士山って広すぎて、範囲を絞っておかなきゃ見つけることって大変そう……

と思っている方も多いのではないでしょうか。

ということで、さっそくオススメを紹介していきますね!

 

【新倉山浅間公園】

山の中腹にあり、400段くらいの階段を上らないといけないのでカメラを持ちながらだとかなり大変かもしれません。

しかし、その苦労を上回るくらいの壮大な景色が望めること間違いなしです。

富士山→ふもとの街並み→桜→忠霊塔という順に背景からだんだん近づいてきます。

この遠近感は、写真という平面のものにもかかわらず、立体感が自然に感じられますよ。

住所:山梨県富士吉田市新倉3353-1

アクセス:富士急行線下吉田駅徒歩10分

 

【恩寵箱根公園】

写真撮影で疲れた体を温泉で癒すことが出来るのは箱根の特権の1つではないでしょうか。

ヤマザクラやマメザクラなど300以上の桜にしっかり手入れが行き届いているところがおすすめポイントです。

住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根171

アクセス:小田急線小田原駅よりバスで50分、箱根湯本駅よりバスで40分

 

スポンサードリンク

富士五湖周辺で桜の撮影スポットは?

お次はさらに湖も一緒に写せるおすすめスポットの紹介です!

場所によって写すことが出来る桜の品種や富士山の見え方、湖への映り方もかなり変ってきます。

時間をかけることが出来るのであれば、河口湖周辺を散策しながらのポイント探しがオススメです。

 

ピンポイントで探したい!というのであれば、前もって自分がどんな桜をどんなふうに写したいかを考えておきましょう。

さて、湖ごとのおすすめスポットを紹介していきますね!

 

【山中湖】

富士山に一番近い湖で、条件が良ければ湖に富士山が写っている状態のダイヤモンド富士を写すこともできます!

標高が1000mと高く、お花見シーズンは5月中旬まで続きます。

住所:南都留郡 山中湖村

交通アクセス:東富士五湖道路山中湖ICから車で10分

 

【河口湖】

河口湖大橋の北岸にある産屋ヶ崎は桜の語源となっている木花開耶姫命の生まれた場所で、桜の名所として知られています。

天気が良ければ逆さ富士が湖にうつることもあります!

住所:南都留郡 富士河口湖町河口/浅川

交通アクセス:河口湖ICから車で15分

 

【西湖】

いやしの里根場は名前の通り癒しがメインになっている場所です。

古民家が並んだ日本の昔ながらの雰囲気は桜との相性抜群となっています。

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町西湖根場2710

交通アクセス:電車の場合 河口湖駅からレトロバスで50分

富士ICから車で1時間半、河口湖ICから車で25分

 

【精進湖】

子抱き富士と呼ばれる富士山が眺めることが出来るのが精進湖です。

湖畔に散らばるように咲いている桜がのんびりとした奮起をより一層引き立ててくれます。

住所:南都留郡 富士河口湖町精進湖畔

交通アクセス:河口湖ICから車で25分/河口湖駅からバスで約40分

 

【本栖湖】

富士芝桜まつりで有名な場所です。

普通の桜とは違う様々な濃さのピンク色はきれいなグラデーションとなっています。

湖が芝桜に囲まれていて一面がピンクで染まることのないところもおすすめです。

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町

交通アクセス:河口湖ICから車で25分、富士ICから車で50分、新富士ICから車で50分

 

スポンサードリンク

まとめ

同じさくらと富士山の写真でも、写し方によって異なる雰囲気を醸し出してくれます。

どういう写真を撮ろうかなと考えるのもまた楽しみの一つではないでしょうか。

また、食べたり、温泉は行ったりなど写真を撮ること以外の目的も合わせて予定に入れておくのもアリですね。

お気に入りのポイントを見つけてベストショットが撮れるといいですね!

スポンサードリンク