卒業式は、これまでの学生生活に別れを告げ、新たな世界へ旅立つための大切な儀式です。

女性は袴や、スーツなど、おめかしをして出席するのが恒例となっていますね。

 

卒業式は、感極まって泣いてしまうことも考えられます。

そして、社会人経験がまだない学生さんは、派手にしていいのか、地味でなくてはいけないのか、迷ってしまいますよね。

 

そこで今回は、卒業式のメイクで、ポイントとなる目元メイクについて、まとめてみました。

スポンサードリンク

卒業式のメイクで目元のポイント!

 

卒業式は、みんな袴をはいたり、おめかしドレスやスーツを着たりと、

おしゃれをしています。

若いからナチュラルメイクが似合うとはいえ、

そんな中であまりにもナチュラルでいると、沈んでしまいます。

それに、袴のときには髪を盛ったり、華やかな髪飾りをつけるので、

ナチュラルメイクは不釣り合いになります。

そこで、おすすめは肌はファンデーションを薄付けして、

目元や口元などのポイントメイクで個性を発揮しましょう。

 

目元や口元にポイントを持ってくると、チークは少し控え目にするか

付けていないように見えるくらいにするほうがいいですね。

 

 

スポンサードリンク

卒業式のメイクでアイシャドウはどうしたらいい?

 

目元は、普段はあまり使ったことがないという人でも、

卒業式メイクでは、パール感のあるシャドウがいいですね。

緑や青など、色でインパクトを出すのではなく、

ベージュや淡いオレンジ、淡いピンクのラメを

まぶた半分くらいの面積に伸ばし、目のふちに、

引締め用の、もう一段濃いめの色をつけるのが

おすすめです。

袴やヘアに負けないように、華やかさが出ます。

 

ただしラメは、実際には華やかに見えますが、

写真に写ると、色がとんでしまいます。

 

そこで目元をハッキリさせるためには次章で

ご紹介する、アイラインとマスカラが重要になります。

一重や奥二重の人のためのレクチャーだけでなく

もともと、目が大きい人にも役に立ちますから

ぜひ、参考にしてみてください。

 

そうして、眉もしっかり描きましょう。

今、流行りは、太めでちょっと短い眉です。

眉は長いと、古風な顔に見えるので、お好み次第ですが、

少し短めのほうが現代的と言えますね。

 

 

 

スポンサードリンク

卒業式のメイクで一重、奥二重をどうにかするには?

 

女性は、目をどうにかして大きく見せたいものです。

卒業式ともなれば、みんなお化粧に気合を入れて来ます。

負けないようにしたいですよね。

 

でも、一重や奥二重の人にとっては、アイメイクは

まぶたの奥に隠れやすく、苦手としている人も

多いようです。

 

目を大きく見せるためにはアイシャドウを

たくさん塗ればいい、と考えがちですが、

実は目を大きく見せるのはアイシャドウではなく

アイラインと、まつ毛です。

 

アイラインはまつ毛とまつ毛の間を埋めるような気持ちで

描いていきましょう。

そのためには、ウォータープルーフタイプで、

しかも芯のやわらかいアリラインペンシルを使いましょう。

 

目はアイラインで囲むと、「ここからここまでが目ですよ!」

ということがわかってしまうので、小さく見えてしまいます。

目はアイラインで囲まず、「まつ毛とまつ毛の間を埋める」

ということを意識してください。

 

そして、ビューラーでまつ毛を、うんと上に上げて、

マスカラを塗ります。

まつ毛が短い人は、付けまつげを使用してもいいですよ。

 

一重や奥二重を気にして、アイシャドウをたくさん塗るより、

アイラインと、まつ毛を上に上げることを意識した方が

目は大きく見えます。

 

以上のことをやった上で、アイシャドウを使います。

 

丸い目にしたければ、上まぶたの中央部分に濃い色の

シャドウを塗り、切れ長に見せたければ

上まぶたの中央に白っぽい色を塗り、

上まぶたの目がしら部分と見尻部分に、濃い色をぬります。

こうすると、目は横に大きく見えます。

 

アイシャドウは奥二重の人にとっては、

アイメイク講座通りにやっても、

奥に隠れるだけでなく、最初はきれいに塗れていても

まばたきをしているうちに、こすれてとれてしまう

という悩みがあるはずです。

そこでアイシャドウを、上に広くぼかしながら塗るのです。

 

アイラインと上に上がったまつ毛、広くアイシャドウを

ぼやかすことで目は確実に大きく見えます。

 

そして、もし、卒業式に袴を履くよていであるなら、

一重や奥二重のこのような特性は気にすることなく、

思いっきり和風メイクをしてみてはいかがでしょうか?

 

今は、欧米崇拝が色濃く残っているメイクが全盛です。

目は縦に大きくしようと、皆一生懸命ですね。

 

和風アイメイクは、左右に長くを意識してアイシャドウを

塗ります。

 

 

まとめ

卒業式には、ラメを使ったアイメイクで

華やかさを出してみましょう。

まつ毛とまつ毛の間を埋めるようにアイライナーを引き

ビューラーでまつ毛を上に上げる、

そして、まぶたの広い範囲にシャドウをぼやかすアイメイクが

おすすめです。

これで、目は確実に大きく見えますが、

袴を履く人は、逆に切れ長を意識したアイメイクもいいですね。

 

 

スポンサードリンク