雨の日になると、朝きれいにブローやセットをしても

すぐに髪が広がったりうねったりしてしまいます。

 

そういう日に、デートやコンパ、女子会などがあると

気分が沈み、「もう、今日は帰りたい!」なんて思うものですよね。

 

そこで今回は、髪のうねりや広がりの原因から

対策法までをご紹介します。

 

 

スポンサードリンク

雨で髪のうねりの対策!

 

後ろの髪は、雨の日はポニーテールやアップスタイルにして

ごまかすことができますが、前髪を下ろしている人は

困りますよね。

 

雨の日に髪がうねる原因はずばり、髪の傷みです。

 

髪の毛は大きく分けて3層に分かれています。

 

一番奥にあるのは「毛髄質」という部分ですが

なんとこの部分は髪の毛が固い人にはありますが

軟毛の人の90%は持っていない部分なのです。

 

つまり、髪の固さを左右する芯のような部分というわけですね。

 

その「毛髄質」の上に「毛皮質」という部分があります。

ここは、たんぱく質でできていて、どんな人にも

毛皮質はあります。

 

そして、髪の一番表面部分は「毛表皮」という部分に

なります。

よく聞く「キューティクル」というのはこの部分のことです。

雨の日に髪のうねりが起こるのは、

このキューティクルが剥がれたことが原因になります。

 

でもお天気が好い日は、いくらキューティクルが剥がれた髪でも

うねりは起こりませんよね。

 

雨の日には、剥がれたキューティクルの部分から

水分が髪に侵入することで起こるのです。

 

ただ、水分が均等に髪に浸透すればうねりにはなりませんが

髪のキューティクルの剥がれ方や水分の浸透の仕方は

均等というわけにはいきません。

 

ティッシュをねじってコヨリを作ってみた時のことを

考えてみてください。

 

ある部分を水に濡らして、ある部分を濡らさないという

ことをすると、水で濡れた部分はふやけて、

水で濡れていない部分はキュッと締まったままに

なるはずです。

 

実は、雨の日に髪がうねるのはこの原理と同じです。

 

剥がれたキューティクルから不均等に入った湿気が

うねりをつくるのです。

 

ということは、うねりの対策はもうおわかりですね!

そうです、髪のキューティクルが剥がれないようにすること

つまり、髪が傷まないようにすることが根本的な

対策になります。

 

そうはいっても、髪には神経も血液も通っていません。

ということは、傷んだ部分は自力では復活することは

出来ないのです。

 

傷んだ髪はカットするしかないということになります。

つまり、髪が傷まないようにするのが

うねりを防止するには一番いいのです。

 

カラーやパーマを控えたり

洗浄力が強くない、髪に優しいシャンプーに変えることも

考えてみてください。

 

シャンプーの後には、数日に一回はトリートメントをして

みましょう。

 

髪を傷めないためには乾かし方も重要です。

自然乾燥はかえって髪を傷めますので

タオルドライ後はすばやくドライヤーで乾かしますが

最低でも髪から20センチ以上離して使用します。

 

そして、傷んだ髪を傷んでいない状態のように

持って行くことは、ある程度は可能です。

 

それはキューティクル部分に膜を張る方法です。

 

ヘアクリームやヘアオイルを均等に髪に

塗るのです。

 

このとき、まだらに塗ってしまうとだめですよ。

コームを使って均一に膜を張るようにします。

 

タイミングとしては、シャンプー後に7割程度乾いた状態、

髪が乾ききっていないときにクリームやオイルをつけてから

ブローするのです。

 

 

スポンサードリンク

雨で髪が広がる時の対策!

 

雨の日に髪が広がる原因もうねりとほぼ同じです。

剥がれたキューティクルから入り込んだ水分

のせいで髪が広がります。

 

対策はうねりのときと同様に、髪の傷みをカットして

とること、そして傷まないように予防すること

 

傷んだ髪は戻らないので、クリームやオイルでカバー

してあげることです。

 

髪が多い人は特に雨の日は広がりやすいので

保湿成分のあるスタイリング剤を使うといいですよ。

 

湿度が髪のうねりや広がりの原因なのに

クリームやオイル、保湿成分と聞くと

逆効果のように思うかもしれませんが

 

雨の日こそ保湿です!

コップに水が入った状態のところには

それ以上水は入らないですよね!?

 

それと同じで、十分に髪の一本一本が潤っていれば

大気中の湿度がそれ以上入ることができないのです。

 

そのために、髪がまだ湿っているときに

クリームやオイルでフタをしてあげることが

いいのです。

 

 

スポンサードリンク

雨でのくせ毛の方への対策!アイロンを使う?

 

もともとくせ毛の人は雨の日には

とくにくせが強くなったり、広がるという悩みを

抱えていますよね。

 

くせ毛の人は、毛根の形が丸ではなく楕円形をしていて

それにともない、そこから生えている髪の太さも

均等でなくくせ毛になっています。

 

そんなくせ毛の人は雨の日はとくに

念入りにストレートアイロンで伸ばしてみましょう。

 

アイロンの使い方は動画を参考にしてみてくださいね。

 

片手でくせを伸ばしながら

アイロンをかけるのがコツです。

 

前髪は最後にストレートアイロンをクルッと

内側にほんの少し巻き込むようにするといいですよ。

 

アイロンを使うときも、あらかじめ

ヘアオイルでコーティングしておきます。

 

 

まとめ

いかがでしょうか?

憂鬱な雨の日には、ヘアオイルやヘアクリームで

髪の表面をコーティングして髪の中の水分を

閉じ込めておくのが、広がりやうねり対策になります。

 

雨の日の髪の広がりやうねりは、髪のキューティクルの

剥がれが根本原因ですので

髪が傷む原因になるようなカラーやパーマは

しないほうがいいのですが

そうはいっても、おしゃれはしたいですよね。

せめてシャンプーの見直しやドライヤーの使い方など

髪に負担がかからない方法を取り入れましょう。

 

 

スポンサードリンク