もうすぐ梅雨がやってきますね。

雨の日はどうしても気分が冴えない理由の中には

お勤めの人は、通勤や仕事中に足元や洋服が

雨に濡れること、そして濡れた傘を持って電車に乗らなければ

いけないことなどがあるのではないでしょうか?

 

スーツがびっしょりになってしまうと、

ひんやり寒気がしてきますよね。

 

お気に入りの皮の鞄や靴も雨で濡れてしまって

がっくりしてしまいますよね。

 

そこで今回は、サラリーマンの方が雨の日に行うといい

対策についてまとめてみました。

 

参考にして、ぜひ憂鬱な梅雨をのりきっていただければ

幸いです。

 

 

スポンサードリンク

雨の日の対策、スーツにできる事は?

 

雨の日はスーツの上からレインコートを着用するのが

いいですね。

100均でもコンビニでも売っています。

 

スーツの雨対策として折りたたみ式でかさばらない

レインコートを鞄に忍ばせておくといいですね。

 

ただ、あまりおしゃれではないので

見た目を気にする方は、お気に入りのレインコートを

探してみましょう。

 

そして、大雨ではない日は衣類用の防水スプレーを

使ってみてはいかがでしょうか?

 

スーツ全体に吹き付けなくても、肩や腕、ズボンの足元

に吹きかけてみましょう。

 

水をはじいてくれますよ。

 

ただし防水スプレーを使用するときは

吸いこまないようにマスクを着用しましょうね。

 

 

スポンサードリンク

雨の日の対策、革靴・靴下にできる事は?

 

雨の日は、スーツだけでなく靴や靴下も

びしょびしょになってしまうことがありますよね。

 

会社に着いてからも、いつまでも乾かず

気持ち悪く、蒸れからくる臭いも心配です。

 

革靴は、水に濡れることで傷んでしまいます。

革は水濡れが厳禁な素材ですよ。

 

そこで対策として靴にもあらかじめ防水スプレーを

吹きかけておきましょう。

 

靴の防水スプレーを使用するときも

マスクなどを着用すること、

そしてスプレー後は1時間程度乾かしておくように

しましょう。

 

鞄の中に、ビニール袋に入れた

履きかえ用の靴下を1足入れておくといいですよ。

濡れた靴下はビニール袋に入れて持って帰れます。

 

梅雨時には特に役に立つはずです。

 

また、スーツにも似合う、レインシューズがあります。

パッと見にはレインシューズに見えないものです。

お客様との打ち合わせのときにでも

履いて行けますよ。

 

 

スポンサードリンク

雨の日の対策、鞄にできる事は?

 

雨の日には鞄もビシャビシャになってしまいますよね。

 

サラリーマンは大切な書類を水濡れさせては

大変ですよ。

しかもお気に入りの革製だと、水濡れのため

傷んでしまうのも心配です。

 

対策としてそこで鞄にも防水スプレーを

吹きかけておくのをおすすめします。

 

また、鞄を雨からガードする「レインバックカバー」

を使ってみるのもいいですよ。

 

使用方法は鞄にかけるだけというものです。

 

 

雨の日の通勤対策!

 

雨の日の通勤時では、雨に濡れた傘を持って

満員電車に乗ることも憂鬱ですよね。

 

自分の傘が他人の洋服に当たってしまうのも

気になりますし、自分の足元やスーツが

持っている傘で濡れてしまうのもイヤなものです。

 

対策としては、内側がマイクロファイバー製でできている

折りたたみ傘を入れる傘ケースを使う方法があります。

 

雨に濡れた傘を入れると、マイクロファイバーが

水滴を吸ってくれるのです。

 

もちろん長傘用の傘カバーもありますよ。

 

ただし、長傘用は表が撥水加工、裏は防水加工になっている

ものが多いです。

 

傘に付いた雨水は下に開いている穴から出て行いって

くれるので、傘カバーが溜まった水で重くなることがなく

中で蒸れる心配がないので清潔に保てますよ。

 

 

まとめ

いかがでしょうか?

「雨の日は憂鬱だ」と嘆く前に、通勤時の雨対策

をとってみましょう。

雨が多い時期は携帯式のレインコートや

レインバックカバー、レインシューズ、

濡れた傘もカバーを使ってみましょう。

 

また、衣類用、靴や鞄用の防水スプレーを

上手に利用するといいですよ。

 

ちょっとしたことでイヤな雨の日のストレスが

軽減されますよ。

 

スポンサードリンク