何かをやる時に、やる気、モチベーションを上げたり

結果を達成したいと思ってるけれど

なかなかうまくいかないという方っていらっしゃると思います。

 

もしくはこれから受験やダイエット、

スポーツの試合などにチャレンジされようとして

どうやったらやる気を落とさずに結果を出すことができるのか

気になられるかと思います。

 

そんな方々へ、やる気が落ちない、しっかり結果を出すことができる

イメージの仕方をお伝えさせていただきます。

スポンサードリンク

やる気・モチベーションが上げ方は目標達成をイメージ?

目標を達成するために

多くの方は目標を達成した時の事をイメージしませんでしょうか?

 

たとえば、勉強ですと良い点を取ったり受験で合格した姿だったり、

ダイエットで痩せて理想の体を手に入れている姿だったり、

試合で勝っている様子だったり。

仕事で成功したり。

 

よく目標達成のために、このような

結果を手に入れた姿をイメージするシーンを思い浮かぶことがありますが、

これは実は良くないことがわかっています!

 

驚きですよね!

 

結果を手に入れている姿を想像するだけで、

それだけで脳が満足をして、自分に甘くなってしまう事がわかっています。

 

ダイエットを例に出しますけれど、

体重や体脂肪が○○減を達成している姿を想像して

「よしやるぞ!」ってなりますよね。

 

でも、「ダイエットを頑張るんだから、今日くらいは甘えていいか」

と思ってスイーツやドカ食いをしたりしたことありませんでしょうか?

 

テストでいい点数を取っていることをイメージしたら

「テストでいい点とれるんだから、今日は勉強はいいか。

明日からやれば挽回できるよ。最後に追い込みかけたら大丈夫」

って思ったりしたことありませんか?

 

このように結果を達成しているところをイメージすると、

自分に甘くなったり集中力が下がったり、

さらには今の自分との差を感じるので不安感が出たりと

良くない効果が出てしまいます!

 

意外ですよね。世間一般的には

「成功しているところイメージしましょう」っていうのが、

良いように思われていますが、実は逆なんです。

 

ご自分の経験などを踏まえて考えられてみると、

実際に当てはまることがあるかと思います。

 

では、どのようにイメージしたら

しっかり結果を出すイメージができるのでしょうか。

次の章でお伝えいたします。

 

スポンサードリンク

やる気・モチベーションの上げ方!目標達成にはこのイメージ!

では、どういう事をイメージすると良いかといいますと、

「結果に至るまでの過程、プロセス」をイメージすると良いのです!

 

カリフォルニア大学の研究でわかっているのですが、

目標を達成する時に過程、プロセスをイメージする事で、

集中力が増して、不安も軽減されることがわかっています。

 

さらに結果をイメージする事よりも

過程をイメージした方が目標の達成率も良いという事もわかっています。

 

驚きですよね。

研究でも明らかになっているのであれば、

信憑性もあるので、実践する方がよいですね。

 

確かに、実際に結果をイメージして

ろくな結果にならなかったことって誰でも心あたりがありますよね。。。

 

では、具体的にどのようにして過程をイメージしたらいいのかを

お伝えしていきますね。

 

スポンサードリンク

やる気・モチベーションの上げ方の勉強・部活・仕事での具体例

 

たとえば勉強で言いますと、

テストでこれくらの点を取りたい!や

受験でこの大学に受かりたいという目標がある時には、

点を取った、大学に受かったところをイメージするのではなく

それまでに勉強を頑張っているところをイメージするのです。

 

例えば英単語を覚えているところ、

公式を覚えているところ、問題を解いているところを想像するという事です。

 

そうすることで目の前に集中がいって

「本当に受かるのだろうか?」という不安も和らぎ、

「よし、勉強する事が必要だからやろう!」という気持ちになってきやすいです。

 

部活やスポーツで言いますと、

試合に勝っているところを想像するのではなく、

勝つために練習しているところや

さらに実際に試合に臨んでいるところをイメージすると良いのです。

 

 

ダイエットで言いますと、

○キロ減!やくびれができた自分の体をイメージするより、

そのためには例えば食事制限や運動が必要で、

次の食事でサラダなどを食べている自分を想像することで、

集中力が増し、不安感も軽減されます。

 

私も実践しているのですが、

ダイエットで体脂肪を○○%まで落とそう!と決めて、

落ちていい体になった自分を想像するのは気持ちいいのですが、

いざ、ダイエットに向かい合うと、意外と我慢する事や辛いことが多いので

とてもげんなりした気持ちになります。

 

今と求めている目標との差が大きい事を感覚的にわかってしまうんでしょうね。

これがやる気が下がってしまう原因ですね。

そして「本当に自分は目標を達成できるのだろうか?」と不安になって、

自暴自棄になってしまって食べてしまうというのが、

失敗のパターンです。

 

これと同じ事になってしまった方って結構いるのではないでしょうか?

 

なので、次の食事はこういうものを食べていることを想像しよう、

コンビニに入るとたぶんお菓子やホットスナックを買ってしまうから

コンビニに入るのは避けているところを想像して

目標を達成するための具体的な過程をイメージする事で

やる気、モチベーションを維持しています。

 

 

受験であれば、テストでいい点を取っているところではなく、

それに向かって勉強しているところ。

 

ダイエットであれば○○キロ減!ではなく、

食事制限や運動しているところ。

仕事であれば、目標を達成している姿ではなく、

それまでに必要な作業、交渉をしているところ。

 

スポーツであれば勝利している姿ではなく、

勝つための練習をしているところをイメージする事で、

やる気を下げることなく目標達成のために行動し続けることができます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

よくどのジャンルでも以外と結果をイメージさせて

やる気を上げようとされる事が多いのではないでしょうか。

 

この記事をご覧いただいたあなたは

是非とも過程をイメージする事で本当に達成したい目標を

クリアできることを願っています!

スポンサードリンク