時間がない、忙しい。

だから何とか時間が欲しいけれど、いくら時間があっても

仕事が終わらない。。。

 

そんな方へ少しでも時間が確保できて、

より効率よく仕事を進める事ができる方法をお伝えいたします。

 

細かいテクニックとは少し違って

人の体に基づいた方法になるので、非常に効果を感じますよ。

私も実践して効果を感じますので是非ともご覧いただき、

実践してみてくださいね。

スポンサードリンク

仕事で忙しい人の時間の作り方!

 

仕事の進め方ですが、

仕事で時間がないから時間をつくりたい、確保したいという方や、

効率よく仕事を処理していきたいという方へオススメの方法をお伝えいたします。

 

それは、朝に頭を使ったクリエイティブな仕事をするという事です。

 

思い出してほしいのですが、

良く寝た朝ってスッキリした気持ちじゃないでしょうか?

逆に、夜にやりたくない仕事などしていて

頭がぼーっとする事ありませんでしょうか?

 

普通に考えてもわかるのですが、

朝起きてから脳はずっと働いているので

時間がたつにつれて脳は疲れて行きます。

 

例えばですが、

朝10分でできる作業が、

昼だと30分かかってしまい、

夜になると2時間ほどかかってしまうほどです!

 

これくらい脳が疲れてしまうという事をまずは認識したうえで、

疲れ切った脳でする仕事と

元気いっぱいの状態の脳でする仕事では、

どちらが仕事の出来がいいかと考えると、

聞くまでもなく元気いっぱいの状態の脳ですよね。

 

その元気いっぱいの状態が朝なのです。

そのため、頭を使う仕事は朝にした方がいいのです。

スポンサードリンク

仕事で処理能力を高くする朝の仕事の入れ方!

 

 

ではどのような仕事を朝にしたらいいかと言いますと、

先ほどお伝えした頭を使う仕事です。

 

業界や職種によっても様々でしょうが、

具体的には、企画書を考えたり、

見積書の内容を考えたり、

複雑な仕事に取り掛かり自分なりの答えを出したり

など、頭を使って思考する仕事をする方がいいですね。

積極的に頭を使う打合せなどもいいですね。

 

逆に、手を動かす単純作業や書類の整理、

メール処理などはこの時間に行うのはもったいないと思います。

内容にもよりますが、出席するだけの会議や打ち合わせも

午後からの方がいいでしょう。

 

そういった頭を使わない仕事は午後からにもっていったり

重要な打合せは午前にして

あまり重要ではない打合せは予定を午後に入れることで、

より効率的に、しかもパフォーマンスを上げて

仕事ができるようになるかと思います。

 

実際、私も実践しているのですが、

やはり朝が一番仕事がはかどります。

頭もフレッシュですし、体もしっかり寝ていると元気なので、

とてもいいコンディションで仕事を進める事ができます。

 

逆に昼以降になると

昼食をとってから眠たくなったり、

疲れてきて頭がぼーっとしてきて何も考えられなくなったりして、

仕事が思ったようにうまく進められません。

 

そういったことを実感するので、

やはり重要な仕事は朝に済ませて、

あと思考をあまり伴わない仕事は午後からに回して

スケジュールを立てるようにしています。

 

こうすることで仕事も早くなり、無駄に考える時間も削減できるので、

効率が上がって時間を確保できるようになってきました。

是非一度試してみられると嬉しいです。

 

ちなみに、別の記事で記載している

モノタスク、マルチタスクの内容も合わせて取り入れると

より、効率が上がって時間を作り出せることができました。

こちらもよかったら参考にしてみてください。

仕事で時間がない方へ処理能力を高める・時間短縮の方法!

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

早起きは三文の得といいますが、

やっぱり朝にいろいろと済ませるのが一番いいんですね。

 

私も実感しましたし、

自分でスケジュールを立てられる方は

是非とも実践されるのをオススメします。

 

スポンサードリンク