fa6c3ac3efa278ec646810fb19788f50_s

副業をしている人にとっての悩みの種の一つが確定申告です。

慣れていないと、どういった場合に申告しなければならないのか、

必要な書類は何があるのかなど、疑問点が沢山あるかと思います。

なので、今回はそういったお悩みにお答えしていきます!

スポンサードリンク

確定申告のとき副業がアルバイトなら申告は必要?

副業がアルバイトの場合、

カギとなってくるのは所得が20万円を超えるか超えないかです。

要するに月平均で1万6千円程度までなら申告せずに済むってことになります。

なので、超えた場合は申告が必要です。

 

明らかに20万円を超えるか超えないか分かる場合は準備しておくこともできますが、

どうなるか分からない場合には、前もって必要な書類を確認しておくと、

直前になって超えてしまった!どうしよう?と慌てずに済むはずです。

 

スポンサードリンク

確定申告のとき副業のものの必要書類は何?

必要な書類は3つあります。

【確定申書】

AとBの2種類あり、Aは給与所得の場合のみで、Bは誰でも使えます。

アルバイトの場合は給与所得なのでAが使えます。

Aのほうが分かりやすいので、Aが使える場合はAを使うことをおすすめします。

【源泉徴収票】

アルバイト先からもらっているものです。収入を証明するものでもあるので、捨てずにとっておきましょう。

【保険料の控除証明書】

普段務めている会社には、年末調整の際に提出していることが多いものです。

副業の場合はそれを確定申告の際に提出しなければなりません。

 

確定申告書の書き方や源泉徴収票がよくわからないなどの場合には、

百聞は一見に如かずなので、実際に税務署に行って聞いてみるといいかもしれません。

スポンサードリンク

確定申告をして副業が会社にバレないようにするには?

副業禁止の会社はもちろんのこと、

副業OKの会社であっても副業していることはバレたくないですよね。

 

ですが、確定申告をすることでバレてしまうのではないかと不安に思う方もいらっしゃると思います。

意外と思う方もいらっしゃるかもしれませんが。実はバレずに済む方法があります。

 

まず、先ほどお話したように、所得が年間20万円以下なら、

そもそも確定申告をする必要がないので、バレる心配もありません。

 

では、20万を超えてしまった場合はどう申告すればよいのかというと、

副業をした分の住民税の払い方がポイントになってきます。

 

副業分の住民税を務めている会社ではなく自分で払うようにするだけです。

用紙に住民税の支払いについてのチェック項目があるので、探して記入しておきましょう。

 

そのうえで、市町村役場の担当者に普段務める会社に

連絡がいかないよう話をしておけば、確定申告が原因で副業がバレることはありません。

まとめ

副業が禁止されている会社が多い中、何とか収入を増やしたいという思いで

アルバイトをされている方が多いと思われます。

 

税務署に行き確定申告して役場に行き住民税を副業分は自分で払うようにすれば、

手続き上はバレずに済ませることが出来ます。

 

因みに1月ごろの税務署は割とすいているので、早めに事前に相談しておくことをおすすめします。

自分で調べてわからなかったことを聞けば、丁寧に教えてくれるそうです。

 

必要書類など、不安な場合は、早いうちに実際に持って行って確かめてもらうといいかもしれません。

早めに準備をしておけば、2月、3月と税務署が混みだしてからどうしようと慌てることはなくなるはずです。

 

副業の目的は人によって様々だとは思いますが、働きすぎは身体にとって負担がかかることです。

体調管理には特に気を遣いながら、早め早めのスケジュールで落ち着いて年度末を迎えられるといいですね。

スポンサードリンク