新年会や忘年会、飲み会などの二次会には

カラオケに行こう!となることが多いですよね!

 

そこで、ただ歌うだけでなくものまねを取り入れると

盛り上がって、目立つことができますよ。

自分のテンションも上がって楽しめるのです!

 

女の子は、難しいものではなく簡単にできて

しかも可愛く見えてイメージアップにつながる

歌を選択したいものです。

 

今回はどんな歌を選べばカラオケで可愛く見えるのか

また、簡単にものまねできる歌やそのやり方を

ご紹介しますね。

 

ユーチューブで参考になる動画もご紹介しますので

参考にして練習してみてくださいね。

 

スポンサードリンク

ものまねで女の子で可愛いものは?

 

女の子が可愛いく見えるモノマネのジャンルは

アイドル系と歌姫系ですね。

 

いまどきのアイドル系や一昔前のアイドル系

どちらでもいですね。

 

歌姫系というのは少しわかりづらいかもしれませんが、

松田聖子 中森明菜 浜崎あゆみ 倖田來未 西野カナなど

その時代その時代を代表するような、「歌姫」と

呼ばれている人たちの歌です。

 

誰でも知っていますし、女性としての魅力溢れた歌手

たちの歌は、真似をするほうの魅力もアップするに

違いありません!

 

バラードもいいですが、熱唱系になってしまうと

難しいですし、聞いているほうも重たく感じるものです。

 

バラードなら、情感がこもり過ぎない歌詞のものを

チョイスするのがコツといえますが、

あえてものまねのインパクトを強くすることで

歌詞の重たさをカバーしてくれるように歌うことも

できます。

 

そえでは次の章から、具体的な歌手や歌、

そして歌い方などをまとめてみました!

 

スポンサードリンク

ものまねで簡単に女性ができる歌は?

 

簡単にものまねできるといえば、

音程の高低差が少ない歌です。

 

テンポが早すぎる歌も避けた方が無難です。

 

自分と雰囲気や声が似ている歌手の歌を

探してみるといいですよ。

 

「恋するフォーチュンクッキー」などのAKB48の

歌は歌いやすいですよ。

 

しかも少しくらい音程が外れても、

素朴さのある可愛らしさでカバーできますが

ものまねというより、みんなで盛り上がるための歌

という感じになってしまいます。

 

 

女の子の可愛らしさより、少し大人な女性が

可愛く見えるモノマネをする場合は

森高千里の「わたしがおばさんになっても」

をおすすめします。

 

その他に簡単に歌えてモノマネできる歌といえば

松田聖子です。

語尾をぶりっこ風に甘えたようにしゃくり上げて歌うのが

特徴です。

 

倖田來未がカバーした「キューティーハニー」も

ちょっとセクシーで可愛くて

男子に人気ですよ。

 

 

スポンサードリンク

ものまねを女性がカラオケで簡単にできるやり方は?

 

2章でご紹介した中から、

女性がカラオケで簡単にできるものまねを

具体的に動画を交えて、もう少し詳しくご紹介しますね。

 

ものまねの特徴をつかむには

本人が歌っているところより、ものまねをしている人の

歌い方を見るほうが、特徴をオーバーに表現してくれているので

参考になります!

 

西野カナの「トリセツ」は桐谷美鈴主演の「ヒロイン失格」という

映画の主題歌になった曲です。

 

あなたのことが好き、どうかわたしを大切にして

という女心を歌った歌です。

ちょっとせつなく歌ってみましょう。

 

西野カナの歌い方の特徴は、舌を上あごにディープにつけて

発音する事と、

「~~だったら」というときには「~~だとぉら~」と

英語っぽく発音してみましょう。

 

ただしほんの少しですよ。

やり過ぎると似なくなります。

 

西野カナの「トリセツ」も可愛さ満点です。

「恋するフォーチュンクッキー」はメロディーリズムから

可愛らしさが出ていて

「トリセツ」は歌詞が可愛いですね。

 

ただし、あまり露骨にぶりっこをアピールすると

女子たちのひんしゅくを買いやすくなります。

 

西野カナの歌は両肩を少し上げて、

上向き加減で歌いましょう。

高い声をださなければいけないので

どうしても上向きになるんですけれどね。

 

高音のところで鼻に抜けるように歌い

ビブラートを聞かさないのも特徴です。

 

 

倖田來未の「ユーティーハニー」のものまねは

声をピンと張り上げて歌います。

歯切れよく歌うのもコツです。

音を伸ばす時には、マイクを上に向けると

歌い方が似ます。

 

中島美嘉の「ORION」も、高い声が出る人なら

ものまねしやすいです。

 

特徴はビブラートを細かくきかせて

こもったような歌い方をして

言葉をはっきり歌わないようにすることです。

フレーズに入るときに、息を大きく吸う音が出るくらい

吸いこむのも特徴です。

 

 

 

まとめ

いかがでしょうか?

少し大袈裟気味にするのがものまねのコツですが

あまり露骨にすると、可愛らしさが半減します。

ちょうどいい加減を動画を見ながら練習しましょう。

 

スポンサードリンク