aff5d1bc1f308666833c449e90c4031e_s

 

卒園式は子どもにとって一生に一度しかない大切な記念日です。

服装のマナーは卒園式を迎えるお母さん方のお悩みの一つではないでしょうか。

初めてで全く分からない方も、久々で昔の記憶が自信ない方も安心できるように、

卒園式の服装についてご紹介しています!

 

スポンサードリンク

卒園式の服装について母親のマナーは?

卒園式ということで、フォーマルなものを着なければならないと思う方が多いと思います。

身構えるほどは固い形式ではなく、略礼服、略装が一般的なようです。

洋装ならスーツやワンピースで、和装なら訪問着で大丈夫です。

 

最近は、お葬式などでも使われるブラックフォーマルを卒園式で利用する方も多いようです。

ストッキングを肌色にしたり、コサージュやネックレスなどなどの身につけるものを工夫したりすれば、お葬式のような雰囲気はなくなります。

 

何はともあれ子どもが主役だということを忘れないことが重要です。

ピンクや赤、青などの派手な色であるもの、丈の短いワンピースなどは悪目立ちしてしまいます。

キラキラした装飾がついているものも、ワンポイント程度なら問題ないですが、

色んなところに散りばめられているものだと、遠くからでも結構目立ってしまうものです。

 

スポンサードリンク

卒園式の服装で母親がスーツを着るのはどう?

スーツは色によっては入学式にも使いまわしが出来るのでオススメですね。

園によって昔からの文化が根付いていることもあるようなので、

少し前に卒園された園児のお母さん方から情報を手に入れるといいでしょう。

それか、一緒に卒園式に出るママ友と相談して色を決めるのもアリです。

 

卒園式は時期的に寒いことが多いので、ビジネス用としての意味合いを持つパンツスーツも、

保護者代表などで舞台上でのあいさつをすることがなければ着ても大丈夫なようです。

 

スポンサードリンク

卒園式の服装で母親が着物を着るのはどう?

着物はうまく着こなせられれば、上品に見えるところが大きな利点となってきます。

きっといつか着てみたいなと憧れている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

卒園式でのおすすめの着物の種類は訪問着や付け下げ、小紋です。

中でも訪問着は略礼装といえば訪問着というくらい利用する機会は比較的多いと思われます。

 

色は桃色が可愛いこともあり、選びたくなるかもしれませんが、

卒園式が「別れ」という意味を含んでいることや、これから先何十年か利用することを考えると、ブルー系の色を選んだ方がよいかもしれません。

 

もし、黒の着物を選んだ場合には、喪服のようにならないために、目立ちすぎない程度の柄の入ったものをお勧めします。

着物で重要なポイントは立ち振る舞いです。

着慣れていないと、特に大変だと思うので、一度どんな風に動けばいいのかを実際に着て動く練習をしておくとお良いかもしれません。

まとめ

子どもにとっては一生に一度の卒園式です。

お母さんが不安だと、その不安は子どもにも影響してしまうことがあります。

服のことは特に前もって近所の人に相談したり、調べたりすることで不安を解消できると思います。

 

卒園式は比較的若い人が多いこともあり、マナーに関してはそこまで堅苦しいことはないようです。

ただ、園によっては決まりがあるそうなので、予め聞いておくとよいかもしれませんね。

大切なことは子どもが主役だということです。

子どもが安心して卒園式を迎えられるように今のうちに準備しておきましょう!

スポンサードリンク