3b69326854599a2cd487a9c643debd13_s

花粉症に乳酸菌が良いと聞いたことがあるけれど、実際のところどんな効果があるの?

乳酸菌の花粉症への効き目やはもちろんのことオススメの食べ物も紹介していきます!

 

スポンサードリンク

花粉症の方に乳酸菌は効果がある?

花粉症はもはや2人に1人といわれるほどいつ誰が発症してもおかしくないものです。

目がかゆくなり、鼻水が止まらないし、のどもかゆく出声がうまく出せなくなってしまうこともあり、私自身も毎年花粉症には悩まされています。

 

この花粉症の症状をどうにか改善したい!ときっと誰しもが思っていることでしょう。

そもそも花粉症というのは免疫バランスの崩れから起きるもので、免疫バランスが整っている状態なら、症状が起きることがありません。

 

そこで、花粉症対策に役立ってくれるのが免疫を整える効果があると言われる乳酸菌です。

感染症に対する免疫細胞とアレルギー物質に対する免疫細胞のうち、アレルギー物質に対する免疫細胞が過剰になったときにアレルギー反応が起きます。

 

免疫バランスの崩れは環境や生活習慣に原因です。

乳酸菌を摂取し、環境や生活習慣の乱れを整えることで、免疫バランスを整えることができます。

急に原理だけ言われても、信憑性が感じられないかもしれませんね。

実は、すでに実験も行われていて、被験者のほとんどが症状改善の効果があったそうです。

シーズン中だけでなく、シーズン前に乳酸菌を摂取することで症状を抑えることが出来るというデータもありますよ。

 

スポンサードリンク

花粉症の方に有効な乳酸菌の種類は?

L-92乳酸菌や、L-55乳酸菌、LGG乳酸菌、フェリカス菌、ビフィズス菌LKM512、ビフィズス菌BB536などがあります。

重要なポイントとなるのは、CMなどでうたい文句となっている乳酸菌が生きて腸まで届くということです。

 

そして、乳酸菌によってそれぞれ効果が違うところも大切なポイントです。

人がそれぞれに個性があるように、乳酸菌にも個性があります。

アレルギーに効果があるもの、アトピーにも効果があるものなど、免疫バランスを整えるという根本的な効果は同じですが、

目に見えて現れる花粉症の症状の改善の仕方は少しずつ違うようです。

 

どの乳酸菌を選ぶにせよ、体質改善を目的としているものなので、1日食べたからといってすぐ症状が落ち着くわけではありません。

大体一か月ほど習慣的に摂取するようになると効果が出てくるそうです。

 

スポンサードリンク

花粉症の方に乳酸菌としてヤクルトは有効?

乳酸菌と聞いて、ヤクルトを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

その他にもカルピスやヨーグルトも乳酸菌が宣伝要素になっていますが、昔からあるという点でヤクルトは敷居が比較的低いのはと思います。

さて、そんなヤクルトですが、花粉症に有効なのかというと……、有効のようです!

 

ただし、先ほど紹介したように、風邪の症状みたいにヤクルトを飲んですぐに改善するわけではありません。

ヤクルトに含まれているシロタ株カゼイ菌は他の乳酸菌と同じように体質を改善してくれるものなので、定期的に飲み続けることが、症状改善のカギですよ!

まとめ

花粉症には生きて腸まで届く乳酸菌を1か月以上摂取し続ける!

目的としては、生活習慣の乱れを整えることです。

生活習慣の乱れが少なければ花粉症の症状も出てきません。

 

なので、乳酸菌を摂取するだけでなく、普段の食事だけでなく生活習慣を見直すことも、症状を改善するのに役立ってくれます。

年によっての症状の違いは花粉の飛散量で変わることもありますが、

免疫バランスがどれだけ崩れているのかでも大きな差が出てしまうこともあります。

今年こそは花粉症に悩まされることのない春を過ごしていきたいものです。

スポンサードリンク