落ち込んだときって立ち直りたいって思っても、

落ち込む原因のことをどうしても考えてしまって

なかなか立ち直れないですよね。

 

そんな時に、オススメな対処法をお伝えいたします。

 

スポンサードリンク

落ち込んだ時の対処法としての筆記開示~エクスペンシブライティング~

 

筆記開示とは、簡単に言うと

自分の気持ちを紙に書きだしていくことです。

 

例えば、

「明日上司に小言を言われるのが嫌だな」

「お客さんから嫌味を言われて嫌だったな」

「恋人に上手く気持ちが伝えられなくってつらいな」

など心で思っていることがありますよね。

 

それを実際に紙に書きだすのです。

それは思いつく限り書いて構いません。

 

それだけで、「こんなことに悩んでいるんだ」

という事がわかります。

 

それに対して特に何かする事ではなく、

実際に思っていることを書き出すだけでも気持ちが楽になります。

 

 

・筆記開示(エクスペンシブライティング)の応用

筆記開示を応用する方法もあります。

 

書き出した悩みをもう一人の自分だと考え、

それに対して優しい言葉を書いてあげる事です。

 

客観的に自分を慰める事になるので、

悩みを客観的に見ることもできます。

 

例えば過去の事で悩んでいる場合ですと、

「その悩みは過去のことだから

今は考えなくてもいいよ」

 

といった具合に書いてあげるとよいです。

書いておくことで、同じように悩んだときに見返すと

癒しの効果がありますよ。

 

また別の応用として、

筆記開示した悩みを数日たって見返してみてください。

相当大きな悩みでない限りおそらく解決していることだと思います。

 

そうなると、

「前に悩んでいたことって日にちが経ったら解決するんだ」

とわかってくるので、

今の悩みもすぐに解決するんだろうなと思うことができます。

 

それって結構気持ちが楽になりますので

おすすめですよ。

 

実際にやってみましたが、

1ヶ月ほど前の悩みも日にちがたてば解決していることが多かったです。

 

逆にまだ悩み中の気持ちを見返してしまって

また嫌な気持ちがぶり返してしまわないように

それに対する優しい言葉も見返すようにしてくださいね。

 

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

落ち込んでいるとき、悩んでいるときにオススメな

筆記開示(エクスペンシブライティング)の方法を

お伝えいたしました。

 

是非お役に立てればと思います。

 

スポンサードリンク