インフルエンザは感染力が強く、毎年学級閉鎖や学年閉鎖など集団での状況がニュースになりますね。

 

ここではどうしてもインフルエンザにかかってしまって、公共の期間を利用しないといけない時の気をつける点をご紹介しますね。

 

スポンサードリンク

インフルエンザにかかっているときに電車移動は大丈夫?

 

インフルエンザは普通の風邪と比べて感染力が強く、また症状も急激に出てきます。

 

感染はどのように起こるのでしょうか?

 

感染するには大きく2つあります。

 

1つは飛沫感染、もう1つは接触感染です。

 

飛沫感染とは感染している人が咳やくしゃみなどでとんだウィルスが鼻や口を通して体内に入り感染するものです。

 

接触感染は感染している人が自分の手などで押さえて咳やくしゃみをしたとき手にウィルスが付き、その手で触ったところにウィルスが付着して、その後触った人に感染するというものです。

 

そのように感染することからインフルエンザの時は、できるだけ人と接しないことが大事です。

 

インフルエンザを治すためには充分な休養が必要なので、まず外出は控えることが重要です。

 

学生は出席停止期間となり発症したあと5日を経過し、また熱が下がってから2日経過するまでは登校できません。

 

また働いている方も会社によっては規定があり欠勤にならない場合もありますので、無理に移動して周りの方に移さないような配慮は必要ですね。

 

また自分自身はインフルエンザでも元気と思ってもウィルスを持っています。

 

乳幼児や高齢者がかかるとインフルエンザが重症になる可能性が多いと思われます。

 

慢性呼吸器疾患や慢性心疾患、糖尿病などの代謝性疾患、腎機能障害、免疫機能不全の肩なども重症化しやすいハイリスクの方です。

 

移さないように木を使い外出を控えることが大事です。

 

スポンサードリンク

インフルエンザで電車でどうしても病院へ行かなければならないときは?

 

中にはどうしても病院で受診するために交通手段がなく電車を使わないといけない方も入ると思います。

 

その場合はどうしたらよいでしょうか?

 

一つ目はなるべく込んでいる時間帯は避けるということです。

 

朝や夕方のラッシュアワーはぎゅうぎゅうで人との距離が近いため避けましょう。

 

また乳幼児や高齢者からはなるべく距離を置いておきましょう。

 

次になるべくウィルスを外に出さないためにマスクを必ずつけましょう。

 

マスクは普通のものよりかは、医療用のより目が細かいサージカルマスクが望ましいです。

 

また病院を受診する場合、インフルエンザの検査はあまり早いと陰性になってしまいますので、12時間くらいたってから検査する方がよいでしょう。

 

インフルエンザウィルスは発症してから48時間までがウィルスの増殖スピードが速いので、48時間以内に抗インフルエンザ薬を使うと、ぐっと症状が軽くなります。

 

したがって受診して早めに対処して、うつるリスクが減った後に公共交通機関を使うほうが望ましいです。

スポンサードリンク

インフルエンザ時に電車以外の移動手段は?

 

以上のことからインフルエンザ時にはなるべく外出を控える、可能なら他人のあまり接触しない自家用車などを使うことが大事です。

 

病院受診の際もあらかじめ電話連絡でインフルエンザかも知れないことを伝え、受付でもその旨を伝えましょう。

 

病院によっては別の入り口や別の部屋がある場合もあります。

 

またインフルエンザの時期に公共交通機関を使う場合は、ウィルスは潜んでいますので、マスクは忘れないようにしましょう。

 

たくさんの人が触る可能性のある吊り革やドアのもち手などはなるべく触らないようにして、感染するリスクを減らしましょう。

 

そして外出からかえったら、手洗い、うがい、洗顔などをして、ウィルスを体の中になるべく入れないように気をつけましょう。

 

体力があるとかかりにくいので、バランスのとれた食事をして充分の休養をとって睡眠もしっかりしましょう。

 

まとめ

 

生活している上でインフルエンザなどの病気は避けては通れません。

 

でもなるべくひどくならないよう、気配りをして自己防衛もしっかりしましょう。

スポンサードリンク