3b69326854599a2cd487a9c643debd13_s

インフルエンザで高熱が続くと

どうしてもお風呂の入る機会がなくなってしまいますよね。

 

熱があると汗をかきやすくなり、

肌がべたべたして気持ち悪いですし、さっぱりしたい気持ちが出てくると思います。

 

でも、熱が下がりきってないのにお風呂に入ってまた熱が出てしまったらどうしよう。

などの不安を抱いている方もいらっしゃるでしょう。

 

今回は、そんなインフルエンザにかかったときのお風呂についての疑問、不安に答えていきます。

 

スポンサードリンク

インフルエンザ時のお風呂はいつから?

まずは何故、高熱のときにお風呂に入ってはいけないのかから簡単に解説しましょう。

お風呂に入ると体力が消耗しやすいからです。

 

半身浴ダイエットという言葉があるくらいに

お風呂に入ると汗をかき、知らず知らずのうちに体力を使っています。

 

長風呂をするとのぼせてしまうことがあるのもそのせいですね。

ただでさえ高熱が出ていて身体が疲れ果てているときなので、

極力身体を休ませることを第一に考えるとよいでしょう。

 

では、お風呂はいつ頃からなのかと言うとはっきりと日数で判断はできません。

『体温』で判断しましょう。目安は37度前後です。

人によって個人差があると思いますので、

いわゆる『微熱』くらいになってきたと思う頃からは入っても問題ないです。

スポンサードリンク

インフルエンザでお風呂は微熱でも大丈夫?

熱が上がっているときの微熱は

体力的にも避けたほうが良いですが、

下がっているときの微熱なら大丈夫です。

 

むしろ、その時期になるとしっかり周りのウイルスを

落としていきたいところなので、

お風呂に入って汗と一緒に流しちゃいましょう。

 

スポンサードリンク

インフルエンザでお風呂の時に注意することは?

注意点は3つあります。

まず、湯冷めをしないことです。

 

入る前にしっかりと部屋をヒーターや暖房などで温めておきましょう。

 

次に家族への感染を防ぐことです。

微熱がある頃は、まだ、ウイルスが残っています。

最後に風呂に入ることや、

家族の近くを通る場合はマスクをしておくことなどは有効です。

家族が感染などしない工夫をしておきましょう。

 

最後に入浴後の体調管理です。

お風呂に入っていなくても、

下がっていた熱が上がることもあるくらいなので、

お風呂に入ることで熱が上がる可能性も考えられます。

 

今日は大丈夫だったから、明日も大丈夫だろうとは考えずに、

熱を測ったりなど、体調に関しては常に気を遣っていましょう。

まとめ

熱が上がっている、高熱の状態のときは、

自分自身が考える以上に体力を使っています。

汗でべたつく身体を何とかしたいと思う気持ちはわかりますが、

しばらくは、濡れたタオルで汗を拭きとるくらいにとどめておきましょう。

 

熱が下がり、微熱になってからは入っても大丈夫なので、

自分の身体のことを最優先にお風呂に入って汗を流しましょう。

入れるかどうかなど不安なときには、

薬を処方してもらったお医者さんに直接問い合わせてみるのもよいでしょう。

スポンサードリンク