足の臭いに男女に関係なく悩まされている人が多いようです。

足の汗で靴の中が蒸れます。足の雑菌が皮脂や角質を餌として分解されるときに

臭いを発するのです。やっかいで恥ずかしい足の臭いを退治したいものですね。

 

実は足の臭いの原因は2種類あります。自分の足の臭いの元がどちらなのかを

見極めないと足の臭い対策も効果がでないので気をつけないといけないですよ。

 

今回はアンモニアを原因とするアルカリ性の足の臭い対策に有効なミョウバンを

使う方法をご紹介します。ミョウバンは煮物を作る際に崩れを防いだり、ナスや

黒豆を炊く時の色落ち防止など調理用に使用できる安心安全なものです。

 

スポンサードリンク

足の臭いを消す方法でミョウバンは効果ある?

足の臭いになぜミョウバンが効くのかというと、ミョウバンには殺菌作用や制汗効果

そして消臭効果があるからなのです。

 

私たちの足の臭いの原因には2種類あるとお話ししましたが、1つは酸性である

イソ吉草酸の発生によるもの、そしてもう1つがアルカリであるアンモニアを

原因とする臭いです。足が酸っぱいような鼻につく臭いがすることはありませんか?

もしするなら、アンモニアを原因とする臭いの可能性がありますよ。

 

ミョウバンが効くのはアルカリであるアンモニアを原因とする臭いに対してです。

ミョウバンは酸性のためアンモニア臭を中和してくれるため、臭いが消えるのです。

 

それに加えて、足の蒸れの原因である汗を抑える作用や殺菌作用により、足の

雑菌の繁殖を抑えてくれる強い味方です。

 

それではどうして足がアンモニア臭を発してしまうのでしょうか?それは

私たちの体は肝臓でアンモニアを分解してくれるはずなのですが、ストレスや

食生活、生活態度の乱れによって肝臓機能が低下すると、分解しきれない

アンモニアが汗の中に混ざって出てきてしまうからなのです。

 

ただ、私たちの足の臭いの原因はもう1つの酸性のイソ吉草酸(イソキッソウサン)

であることのほうが多いので、そういう人はミョウバンを試しても効果が出ない

場合があります。そういう人はアルカリの重曹で中和させてあげるとよいです。

 

自分の足が納豆臭かったら酸性が原因なのでアルカリの重曹でお手入れ、

アンモニア臭があるならアルカリが原因なので酸性のミョウバンでお手入れ

をするのですが、どちらのお手入れもしておくと万全だと思いますよ。

そして今回はミョウバンのご紹介です。

 

納豆臭い=重曹

アンモニア臭(酸っぱい臭い)=ミョウバン

 

スポンサードリンク

足の臭いを消すミョウバン水を使うやり方は?

ミョウバンを使って足湯をする方法と、ミョウバン水をスプレーする方法を

ご紹介します。

 

ミョウバン水原液の作り方

まずミョウバン水原液をつくり、洗面器にお湯を張りその中にミョウバン水原液

を入れる方法をとります。材料は水道水と焼きミョウバンのみです。

ミョウバンを入れるときにロウトがあれば便利ですね。

 

水は必ず水道水を使用します。なぜかというとミネラルウォーターや精製水には

カルキが入っていないので、作るミョウバン水原液が腐りやすいのです。

 

500ml以上の空のペットボトルに焼きミョウバンを大さじ1.5杯~2杯

入れ水道水を500ml入れてよくシェイクするだけです。

 

500ml入りのペットボトルを使用する場合はシェイクしやすいように、

最初は400mlだけ水道水を入れて1度シェイクをしてから、もう100mlを

入れましょう。

 

これを冷暗所で2~3日程度置いておき、ミョウバンの結晶が溶けて透明になるのを

待ちます。これでミョウバン水原液の出来上がりです。

 

ミョウバン足湯の仕方

ミョウバン水原液が完成して足湯をする前に、まず石鹸で足をきれいに洗って

くださいね。そして洗面器にくるぶしまで浸かる程度の40度以下のぬるま湯を

入れます。これにミョウバン水原液をお湯の量の10分の1くらい入れ15分ほど

足湯をします。

 

足に傷などがあると少ししみる場合がありますので濃度を少し薄くしたり、温度を下げて

みてくださいね。

 

ミョウバン水の作り方

上記の方法で作ったミョウバン水原液をさらに薄めてミョウバン水を作ります。

100均などで購入したスプレーボトルにミョウバン水原液を10倍~50倍

薄めたものを入れるだけです。

 

ペットボトルのキャップはおよし7.5mlなので目安にできますよ。

ミョウバン水原液をペットボトルのキャップ1杯使用してつくるなら、

水道水は10倍の希釈液の場合75ml、20倍の希釈液の場合150ml

必要ということになります。

 

こうして作ったミョウバン希釈液をスプレーボトルに詰め変えて足にスプレー

したり、ティッシュに含ませて足を拭くこともできます。

自分の足の臭いはアルカリ性だとわかっているときにはかばんにこのスプレー

ボトルをしのばせておくといいですよ。

 

ただしミョウバン水原液の消費期限は約1ヶ月、希釈液は約1週間です。

早めに使い切りましょうね。

 

ここまで見てきて、それなら原液など作らず最初から希釈液をつくればいいのでは?

と思いますよね。でもそうすると、一度溶けたはずのミョウバンの結晶が

また現れてきたりするなど濃度が不安定になるので、面倒でも必ず原液をつくり

ましょう。

 

スポンサードリンク

足の臭いへのミョウバンは靴や靴下にも使える?

靴や靴下へもミョウバンが使えます。靴下は洗濯しても臭いがとれずに残って

いる場合がありますよね。靴は洗うことが難しいので臭いの積み重ねになって

しまいやっかいです。

 

2章で作り方をご紹介したミョウバン希釈液を靴の内部にスプレーして、

よく乾かしてから履きます。靴下の場合はきれいに洗濯をした靴下にスプレーして

よく乾かします。

 

まとめ

アンモニア臭のアルカリの臭いにはミョウバンが効きます。まずミョウバン水

原液を作ってから、ミョウバン水を作りスプレーしたり、足湯に使います。

消費期限が短いので、早めに使い切るようにしましょう。

スポンサードリンク