関門海峡を隔てて、山口県の下関市と福岡県の北九州市門司区が合同で開催する「関門海峡花火大会」は国内有数の規模を誇る花火大会です。

人出は毎年、120万人にも及び、打ち上げられる花火の数はなんと15000発以上です。

 

子供たちは夏休み、大人もお盆休み期間中の人が多い8月13日(月)に開催されるということで、ぜひ当日はどこかで宿泊をしてゆっくり花火を楽しみたいものですね。

 

雨天決行、よほどの強風や荒天のときのみ中止ということで、予定も立てやすいですよ。

そこで今回は、関門海峡花火大会で宿泊できるホテル情報についてまとめてみました。

スポンサードリンク

関門海峡花火大会の後の門司港側のホテル・旅館は取れる?

 

関門海峡花火大会開催場所は、福岡県北九州市門司港レトロ側になります。

観覧する方は会場近くか最寄り駅であるJR門司港駅付近のホテルや旅館を探したいと思うのですが、ハッキリ言って今現在(5月)では「残念ですが難しいです」といわざるを得ません。

 

なぜなら、花火大会の日の宿泊は、まず花火師さんを含め花火大会主催者サイドスタッフさんたちが宿を取ります。

それは1年以上前から予定が決まっていることなので、すでに昨年の時点で予約しているものです。

 

また、関門海峡花火大会観覧常連客というのが存在しています。

昨年の花火大会のときに宿泊をしていて、そのときに翌年分の予約を取って帰っている人も多いので1年前からすでに花火大会当日は満室となっているというホテルや旅館も多いのです。

 

2018年(今年)はあきらめるとして、来年には絶対見に行きたいという方におすすめのホテルは「下関グランドホテル」です。

 

JR下関駅よりタクシーで5分のところにあります。

徒歩だと20分くらいかかるので、夏に荷物を持って歩くのはちょっと大変だと思います。

スポンサードリンク

関門海峡花火大会を門司港側で見た後に宿泊するなら駅の近く?

それでもどうしてもなんとか今年ホテルか旅館を取りたいという方はどうしたらいいかというと、関門海峡花火大会の会場近くや最寄りの駅近くのホテルや旅館はあきらめましょう。

 

電車で少し移動したところなら取れる可能性があるので、そちらにかけましょう。

一番のおすすめはツアーで行くことですので、それは次の3章でお話ししますね。

 

JR門司港駅から12分の、JR小倉駅から歩いて1分の「JR九州ホテル小倉」ならまだ空きがありますよ!

この時期でも1人1万円前後で泊れます。

早い者勝ちですからぜひ問い合わせてみてくださいね。

 

ちょっとゆったりしたいという方には、「リーガロイヤルホテル小倉」はいかがでしょうか?

JR小倉駅に隣接していてロケーションはいうことなしです。

 

レストラン7軒、プールやスカイラウンジもあるので、花火大会だけでなくこのホテルで何泊かして北九州の旅を満喫するのもいいですね。

 

スポンサードリンク

関門海峡花火大会の後の門司港側で穴場のホテルはある?

 

そして、なんといっても、関門海峡花火大会の観覧にはツアー参加することをおすすめします。

 

ツアーと聞くだけで、窮屈な感じがして拒絶反応を示すという人以外は、ツアー参加するといいことがたくさんありますよ。

 

まず、ホテルや旅館の心配をしなくて済むということです。

ツアーはバスツアーや鉄道、飛行機などお好みの交通機関も選べます。

 

こちらから、全国の花火大会のツアーを検索できますよ。

https://www.club-t.com/special/japan/hanabi/chugoku/kanmonkaikyou/

上部で関東や関西など、出発地点を設定してから探してみましょう。

 

現地集合解散のツアーもあるので、ホテルが取れるならもちろんそのようなツアーを申し込んでもいいですね。

 

まとめ

日本全国の有名花火大会の日に宿泊予約を取るのは、本当に大変だということがお分かりいただけたと思います。

1年も前からすでに満席のホテルや旅館もあるというのは驚きです。

 

旅行会社がすでに押さえてしまっている、花火大会関係者が予約している、花火大会の常連客が昨年のときにすでに予約しているというのが大きな理由です。

会場付近や最寄り駅をはずして、電車で移動したところにあるホテルがおすすめなのと、ツアー参加なら空きがまだあります。

 

スポンサードリンク